「サンライズ瀬戸」号 乗車体験(琴平延長・シングルデラックス)【前編】

2016年も早々に遠出したく、1月のプランを練ったら、掲題のサンライズ瀬戸号が金刀比羅宮の最寄駅、琴平駅(香川県)まで日にち限定で延長運転されていることを思い出し、乗車すべく手配した。金刀比羅宮の初詣とサンライズ瀬戸号の乗り鉄のセットプランである。
実は前年にも金刀比羅宮に参拝して、個人的にはいい年だったので、今年もあやかりたいというところである。金刀比羅宮は航海の神様なので、旅行にもご利益があるのかもしれない。

サンライズ瀬戸号の概要

サンライズ瀬戸号は、東京駅と香川県の高松駅を結ぶ夜行寝台特急で、島根県の出雲市駅行きのサンライズ出雲号と途中岡山まで併結して運転される。投稿日現在で、日本国内に残る唯一の寝台特急の定期列車であるがゆえに、最近人気が急上昇しているようだ。
ノビノビ座席(普通車指定席)以外は全室個室寝台の列車で、結構豪華な列車である。走るビジネスホテルのような感じで、移動のための列車である。実は乗り鉄感はあまり感じられない。しかし、やはり夜に長距離を移動できる利便性が高く、以前にも便利に利用する機会があった。

東京駅 22:00分 →(5031M:東海道、山陽、本四備讃線経由)→ 高松駅 7:27分
高松駅 7:54分 →(9031M(延長運転):予讃、土讃線経由)→ 琴平駅 8:51分




ネット予約できない=いまだに10時打ち必須!

サンライズ瀬戸号の寝台個室に乗車するには特急券・寝台券と乗車券が必要だが、寝台券の予約入手が問題である。週末・繁忙期以外の平日シングルは乗車直前でも大体とれるのだが、混んでいるときはやはり取りにくい。特に、シングルデラックス(6室:半分喫煙)、サンライズツイン(4室:半分喫煙)、シングルツイン(8室)、ソロ(20室)あたりは室数が元々少ないので、乗車1か月前の10時打ちでとれるかどうか勝負することになる。最悪シングルに乗車する覚悟は必要だろう。
留意すべくは、えきねっとやe5489などのネット予約ができない点で、駅のみどりの窓口で購入しなければならない。今は当日の朝に事前受付してくれないので、朝10時前に並んでいないといけないのが辛い。
筆者も週末の東京駅発乗車分の10時打ちに駅の窓口で臨んだが、幸い禁煙のシングルデラックスをとることができた。キャンセル待ちでも空室が出てくることがあるが、筆者の経験では喫煙室ばかりで、禁煙室が出てくることがなかった。瀬戸号なので、10時打ちさえすれば取れるとは思っていたのだが、その通りだった。出雲号はいまだ人気があるので、10時打ちでも希望通り取れるかどうかは微妙だと思う。

20160113_sunrise-seto

寝台券も個室の場合は、きっぷが上記の通り12cm券で、特別感がある。
特急・寝台券の他に乗車券も必要だが、危うく新幹線経由のものを発券されてしまい、在来線経由のものに切り直してもらった。JR東日本あたりの職員の一部はスキル不足で、乗車券の経由間違いが多いのでよく注意したほうが良い。

サンライズ瀬戸号の運賃・料金

寝台特急は快適に違いないが、シングルデラックスの運賃・料金面では以下の通りで(通年)、飛行機に比べても結構お高い。鉄ならばともかく、一般客ならば一瞬躊躇する金額かもしれない。

 乗車券  特急・寝台券  合計運賃・料金
 \10,990  \16,970  \27,960

本稿の後編(実際の乗車体験)は、コチラ へ。

 

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です