伊予鉄道 坊っちゃん列車 乗車体験

愛媛県の松山市で少し滞在時間ができたので、四国の乗り鉄の終わりとして松山市内を走る伊予鉄道の坊っちゃん列車に乗ってみた。

松山市内の中心部には伊予鉄道が経営する路面電車である市内電車が走っているが、その路線上を一般の路面電車に混じって運転されるリゾートトレインである。本ブログではこれまでJR各社の鉄道上を走るリゾートトレインを扱ってきたが、路面電車上を走るものは非常に珍しい。

明治時代に伊予鉄道が松山に軽便鉄道を敷いた時の列車を再現したものだが、環境上の問題で蒸気機関車ではなく、ディーゼル機関を採用したのだそう。

この列車は蒸気機関車の外見をしたディーゼル機関車が客車を引くもので、松山市駅ー道後温泉駅の系統と古町ーJR松山駅前ー道後温泉駅の系統がある。

20160118_IMG_2855

この列車に乗るには特に予約は必要なく、先着順に乗車できる。走行当初は大人気で、1区間しか乗車できなかったようだが、現在全区間通しで乗車することができる。
運賃は1回大人500円(小児250円)で、車内で乗務する車掌に支払うが、一日乗車券を利用することもできる。

20160118_iyotetsu_1day

その場合、坊っちゃん列車に乗車した時に追加料金300円を車内で支払う。

20160118_botchan_surcharge

市内電車用の一日乗車券はすぐに元が取れるが、All Iyotetsu Passは高額なので、バスや郊外電車によほど乗車しないと元が取れないかと思う。

実際に乗車したのは古町駅からで、列車の方向転換の光景を見られた。職員が力作業で転回作業を行っていたので驚いた。
転換が完了した列車はこんな感じである。客車は1両だけであった。

20160118_IMG_2862

この列車に職員が3人(運転手2名、車掌1名)が乗務しているので、採算とれるの?という感じだが、まあ楽しませてくれるから乗客としてはOKとしよう。

客車の車内は明治時代の客車の再現だけあって至って質素で、長時間乗っていられる代物ではない。東京の通勤電車のほうがまだましである。
しかし、子供は喜びそうなので、ファミリーで乗車するのは全然ありである。(当日は鉄ちゃんばかりだったが)

20160118_IMG_2864

途中乗車できるのがJR松山駅前と大街道だけだったが、それでも乗客が結構乗ってきて座席がいっぱいになった。

乗車30分ほどで終点の道後温泉駅に到着し、また方向転換作業があるというので少しだけ見学した。先頭の機関車の種明かしは下の写真通りで、機関車の向きが人手で180度回転するもので、笑ってしまった。

20160118_IMG_2867

この後、道後温泉で入浴と休憩を楽しんで、帰路についたが、四国の乗り鉄は意外に侮れず、楽しいものだった。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です