鉄道きっぷの発券方法いろいろ(考察)

鉄道をはじめ、交通機関を利用する時、必ず事前に乗車券類(乗車券、料金券など)を購入することになっている。
その際に発行される乗車券類は、今日では端末機(自動券売機および窓口端末機)による自動発券が原則で、ほとんどの割合がそうなのだが、端末発券であっても自動発券ではなく、情報を手入力して発券(マニュアル発券)するものも含まれる。
また、中小私鉄においては発券・出札業務自体端末機を導入しておらずに、昔ながらの手作業で乗車券類が発行する場合が今日まで存在するが、レアケースである。

別稿で銚子電鉄のきっぷについて紹介しているが、今年の初詣に利用した際はまだきっぷを手売りしているんだということが分かり、驚きとともにうれしさ懐かしさを感じた。

本稿では、複数の鉄道会社の連絡運輸を行うものを中心に、その実例を2,3ご紹介していきたい。
なお、本稿でマニュアル発券という場合、必ずしも印刷された用紙に手書き・押印したアナログな券片だけではなく、マルス等の端末機での情報入力を行ったものの発券も含む。
本稿での事例はすべて正当事由による発券だったので、個人的には問題ないと考えているが、マニアックに徹した内容なので、一般に広く勧めるやり方ではないことをまずお断りしておく。また、この連絡運輸は時代の遺物ゆえに年々縮小しているので、この先実現が難しくなると思われる。

補充券等の手売りきっぷの収集用発券は、当該鉄道会社の好意によるものと考えます(正当事由による発券を除きます)。
当然、発券を断られることもあることを留意する必要があります。
もし入手できた場合は、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。また、入手のための職員への無理強いなども慎むようにしましょう。
なお、補充券や常備券の在庫は常に変動するため、本稿に掲載したきっぷを今後入手できることを保証できません。
以上をあらかじめご承知のうえ、本稿を閲覧ください。

連絡運輸・端末券

まずは、連絡運輸の乗車券でも、マルス端末から自動発券されるものである。
従来、JR線に接続する社線(民鉄)のきっぷを通しで購入できる連絡運輸の範囲が広く存在したが、最近ではあまり実用性がないためか、その適用範囲が減少している。このような連絡乗車券の収集は今のうちであるかと考える。
そんなわけで、JR線の電車が直接乗り入れる富士急行線への連絡乗車券(往復)である。

20160226_jr_auto-go

20160226_jr_auto-rt

自動発券されたきっぷは、自動改札機を通すことができる。いわゆる8.5cm券(きっぷの横の長さが8.5cm)である。
何の変哲もないきっぷで、連絡乗車券であることが一見わからない。
通常、社線の運賃情報はマルスシステムに登録されていないのだが、例外的に登録されている場合、このように自動発券ができるわけである。したがって、このケースはマニュアル発券とは言えない。

連絡運輸・イレギュラーなケース

次は、JR線と首都圏のT鉄道の連絡乗車券である。昨今の運賃改定で連絡運輸範囲が大幅に減り、連絡乗車券が廃止の方向に向かう中での発券である。
このような連絡乗車券の発売をT鉄道側では(運用として)現在行っておらず、JR側のみで購入が可能である。

20160226_jr_kingaku-

下館駅 →(JR水戸・両毛線500円)→ 栃木駅 → (T鉄道日光・伊勢崎線890円)→ 北千住駅

大人の事情で、本券の発行箇所は伏せている。JRの駅でも、一部の駅はこのような連絡乗車券を発売しないというポリシーの駅があって購入できなかったり、忙しい時には断られる可能性があることに注意されたい。

この経路の連絡運輸情報はマルスシステムに登録されておらず、発券はいわゆる赤本の別表を参照しながら、金額入力という操作を行ってマニュアル発券を行う(きっぷの右下に「額」と印字されているのがその証拠)。マルス端末上での操作なので違いが分かりづらいのだが、この操作では社線区間の距離と運賃金額を別表から手入力して発券を行う煩雑な作業である。
発券を依頼した職員が金額入力を知っていたようで、幸運にもスムーズに購入できたが、奥に相談に行ったりして、発券開始から完了まで約25分かかった。職員への負荷がかかる作業に違いないので、窓口が空いている時間帯などを狙って依頼してみていただきたい。

発券されたきっぷはのサイズは、12cm券と萌えるサイズだ。自動改札機を通すことができない。JRのマルス券の場合、経由欄に社線名が記載されないので、連絡乗車券と分かりづらい。
このきっぷからわかることは、有効期間が単に営業キロ数から自動算出されることである。このきっぷの通算距離は100kmを越えるので、マルスシステム上は2日間有効(途中下車可能)と判定されるのだが、旅客営業規則上、実は1日間有効(下車前途無効)である。

連絡運輸・手売り券

次は、いよいよ本当の意味でのマニュアル発券、きっぷの手発券の例である。

JR各社で手発券を行うということは現在では例外を除いてなくなっているが、地方の民鉄ではいまだに出札業務に端末機を導入せずに人手を使って行っている会社がある。

千葉県の東端、銚子市を走る銚子電鉄は自動券売機や端末機を導入していない。きっぷ収集家にとっては楽しい会社に違いない。
以下の例は、JR連絡券で、補充片道乗車券として発券されている(発行箇所は伏せてある)。

裏面の表示はしっかりとしたもので、連絡運輸範囲外の駅のことも記載されている。

20160226_choden-hojyu-

20160226_choden-hojyu_ura

仲ノ町駅 →(銚子電鉄線180円)→ 銚子駅 → (JR成田線670円)→ 佐原駅

かなり趣味的な発券ではあるが、普通に発売してくれた。なお、銚子電鉄線は全駅、JR線の一部駅との連絡運輸があるが、すべての駅でこの連絡券を購入できるわけではないので注意されたい。
JR連絡券はこの図のように硬券ではなく、軟券での発券である。銚子電鉄線内のきっぷは、硬券か金額式補充券のいずれかである。

個人的には、趣味需要を満たすことから、自動券売機が導入されないことを祈る。

ちょっとやりすぎだったかもしれないので、まねしないでください!

本稿での最後は、首都圏のT鉄道における特別補充券の発券例である。
この会社では、正当事由があったとしても頑として特別補充券の発券に応じないようで、本来購入できるきっぷ(正当事由)であっても現場レベルで発券を断られてしまうことが多い(本来これはおかしい)。筆者も入手するためにかなり苦労した。各自工夫して収集されたい。
上述の通り、JR連絡券は運用として発券しないという見解があったので、下図は自社線内の連続乗車券としての発券である。これは、この会社の旅客営業規則に定義されているが、端末機で発券できないために、特別補充券での発売になるというお話である。

20160226_t-hojyu_omote

20160226_t-hojyu_ura

栃木駅 →(日光・伊勢崎線970円)→ 浅草駅 →(伊勢崎・大師線250円)→ 大師前駅

この旅程は、特急電車を終点まで乗車した後、そのまま折り返し乗車するイメージで、特急電車の停車しない最寄り駅まで帰るには便利な、実は実用的なきっぷである(発券が面倒なので、気軽に買えるきっぷでもないのだが)。
記事欄に全旅程が記載された一葉券であることが特徴である。有効期間は、2区間合算された2日間が正当である。大手私鉄にしては、珍券といえよう。

入手のためのコミュニケーションが正直しんどいが、今後もマニュアル発券のきっぷを入手された場合は、可能な範囲で紹介したい。

おわりに

最後はきっぷには関係ないが、自分をほめる意味で、おやつカステラをいただいた(笑)。

20160226_IMG_0002

(2017年11月03日一部修正)

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です