マニュアル発券一考(航空国際線編)

別稿でマルス端末でのマニュアル発券の話(鉄道)が出たついでに、国際線の航空券の発券についても軽く触れていきたい。
筆者は旅行会社等で国際線航空の発券実務に携わっていたので、その経験を少し織り交ぜながら話を進めたいが、かなりブランクがあるので、最新情報ではないことを念頭に置いていただきたい。

運賃自動計算

国際線の航空便の予約や発券は通常、GDSもしくはCRSと呼ばれる予約システムを利用して行うが、ほとんどはシステムが自動運賃計算(FQコマンドなど)を行って発券される(その際、システム会社が計算結果を保証するのが一般的である)。
ところが、複雑な旅程の発券やクーポン類の発券については自動計算が対応しておらず、発券するためには手作業で金額などの情報を手入力しなければならない(このへんが、現在進んでいるのかもしれないが)。ちょうど、JRのマルスシステムにおける金額入力と同じような考え方である。その場合、システム会社の計算結果の保証はなく、誤って発券した場合は、後日航空会社からADMとして差額が徴収されてしまうので、発券担当者・旅行会社にとってはリスクがある作業である。

そのように運賃計算を行って航空券の発券を行った際に出力される結果は、現在では紙券ではなく、Eチケットとして航空会社のシステム上に電磁的に置かれる。
かつては、OPTAT券と呼ばれる複写4片制の赤いカーボン紙が綴じられた航空券であり、その後、OPATB券と呼ばれる硬い用紙(感熱紙)に置き換えられた。現在でも、空港のチェックインカウンターでは、ATB券が備えられていて、搭乗券やEチケットの控えとして印字されて入手できる場合がある。なお、OPTAT券やOPATB券をはじめとする航空券発券のための諸規格は、IATA(国際航空運送協会)という航空会社のための国際的な組合が規定するものである。したがって、世界共通の規格である。
こんなわけで、航空会社の航空券の管理システムは、紙券が基本の鉄道よりもはるかに進んでいる。

Eチケットの発券例

以下に紹介する航空券の実例には、運賃のマニュアル計算を行ったそのもののケースが存在せず、あいにく挙げることができないが、発券フォームのATB券がいかなるものかを紹介することはできるかと思う。

最初の例は、米国のアラスカ航空で発行された、EチケットをATB券にプリントしたものである。米国では、空港のチェックインカウンターでEチケットをATB券にプリントしてくれることがあるが(リクエストしないとくれない)、Eチケットの原本は電磁記録されたものなので、このプリントアウトされた用紙は複製にすぎない。
これは、OPATB券の様式そのものなので、最初に紹介したい。
なお、このようなフォームには必ずパスポート上の名前が印字されているが、個人情報なので伏せる。

20160228_as_etkt

これはシステムが自動計算して発券したものなので、マニュアル発券とは言えない。印字状態が良くなく、文字がかすれているのが残念である。
このチケットは、オレゴン州のポートランドからサンディエゴまでの片道航空券で、シアトルで自動発券されている。チケット券番の他に、氏名、エンドースメント(制限事項)、予約番号、運賃計算欄、運賃・税金、支払手段など多くの項目が表示されている。支払手段欄には、自分のクレジットカード番号の一部の桁がそのまま表示されているので、扱いに気を付けたほうが良い。

OPATB券

次の例は、デルタ航空におけるOPATB券の例である。デルタ航空においては、OPATBの使用が縮小され、単なる白い感熱紙(レシート用紙のようなもの)に印字されていることが多いが、この例はATB券である。
ほとんどのケースでは、以下のような搭乗券として発行される。

20160228_dl_board

バーコードからも簡単に個人情報が読み取れてしまうので、要注意である。
貯まったマイルを還元した案件なので、「No FF Credit」と表示され、さらなるマイルが貯まらないのが分かる。

この件は、搭乗券の他に、Eチケットの複製を、同じATBフォームに印字して渡してくれた。

20160228_dl_etkt1

20160228_dl_etkt2

Eチケットの記載内容がすべて表示された良い例である。
1枚目に旅程、2枚目に運賃計算内容が印字されている。これも、WEB上で予約が完了した特典航空券であり、自動計算・発券である。
上記アラスカ航空の例と同じ項目が本例にも当てはまるが、「Issued in exchange for」という欄に元の航空券番号が記載され、最終的な航空券が交換発行されたものであることが分かる。単なる同社の事務手続きの手順によるものらしい。

おまけ

最後はオマケだが、タイ国際航空の搭乗券である。特典航空券を利用して、生まれて初めてファーストクラスに搭乗した、おそらく最初で最後の体験である。

20160228_tg_board

タイ航空でファーストクラスを利用すると、有償無償を問わず、人的サービスが付いてきて結構致せりつくせりである。
しかし、ビジネスクラスに乗れれば御の字だと思うのが今日の筆者なのである。

 

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です