萩の月 簡易箱入りもあるよ★

筆者のお気に入りである、仙台銘菓の萩の月であるが、都内のイトーヨーカドーでいつものように買い物していたら、東北応援という趣旨で売っていたので、簡易箱のものを2箱分買ってきたことがある。東北地区以外の店頭では萩の月を販売しているのをほとんど見かけないので、大変珍しかった。

現在、仙台駅の売店など限られた場所ではあるが、この簡易箱入りの萩の月をいつでも買えるようになっている。エコパッケージということもあるので、皆さまにご紹介したい。

東京都内のイトーヨーカドー催事で購入!

2016年3月に東京都内のイトーヨーカドーでやっていた催事で購入したのは、化粧箱に入った立派なパッケージではなく、簡易箱という個装なしのパッケージであった。筆者はこれを知らず、今回が初めての対面だった。

20160306_IMG_0059

値段は化粧箱入りとそんなに変わらない

これで1箱あたり5個入り、税込み価格が800円強(2020年3月現在、税抜)である。1個当たりの単価が160円強(税抜)である。化粧箱に入ったパッケージが1,000円前後(税抜)かと思うので、いくらかおトクな商品である。

箱を開けてみると、中身が5個そのまま入っているが、中身のビニール包装は化粧箱版と何ら変わりがなく、一定期間日持ちがする。

仙台駅売店でも売っているよ

2020年3月に仙台駅に立ち寄ったので、改めて萩の月を所望して、仙台駅の売店をのぞいてみたら、化粧箱個装のパッケージの他に、個装なしの簡易箱のものが売っていた。個数も5個だけではなく、10個入りのものもあったので、そちらを購入してみた。2016年から4年経っているが、本体の単価はほとんど変わっていない。

会社へは化粧箱版、自家消費は簡易箱版がおススメ

会社へのお土産で一人一人に配るのであれば、個装での化粧箱版が適当だと思うが、自分の家で自家消費する程度であれば、この簡易箱でも十分ではないかと思う。

レジ袋も有料化されるご時世なので、包装が簡易なのはエコパッケージとして歓迎されることだと思う。

ご注意いただきたいのが、この簡易包装版の入手元が限られていること。東北地区以外でいつでも手が入るわけではないことである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

“萩の月 簡易箱入りもあるよ★” への2件の返信

  1. 萩の月 簡易箱版について、

    各地百貨店の東北や宮城の物産展では簡易箱版は必ず販売しているようです。
    贈答用目的に購入する人よりも、家庭で食べる人が多いからではないのでしょうか?
    化粧箱に入った立派なパッケージ入りも販売しておりますが。

    現地で簡易箱版を購入したい場合は
    直営店
    http://www.sanzen.co.jp/store/index.html
    に行かないとだめで、
    駅構内の売店(KIOSK等)は
    化粧箱に入った立派なパッケージ入りしか販売されていないようです。

    JRの駅ビルに直営店があるのは仙台・盛岡・福島です。

    仙台
    http://www.s-pal.jp/sendai/floormap/%E8%8F%93%E5%8C%A0%E4%B8%89%E5%85%A8/
    盛岡
    https://www.fesan-jp.com/fesan/shop/shop110.html
    福島
    http://www.s-pal.jp/fukushima/floormap/%E8%8F%93%E5%8C%A0%E4%B8%89%E5%85%A8/

    以上、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です