指定席券売機の奥の手 乗換案内から指定席券を購入する方法

JRの多くの駅に設置されている指定席券売機では、新幹線や特急列車の特急券(指定席)は購入しやすいのだが、快速として運転されているリゾートトレインの指定席券を購入するには、ちょっとしたコツが必要である。意外に広報不足で、マニア以外にはあまり知られていない方法だと思うので、本稿では、その流れを説明する。

指定席券売機を使いこなす!「乗換案内から購入」

指定席券売機の初期画面は駅によって異なっており、「乗換案内から購入」というボタンが表示されていない場合は、当該券売機では本稿のワザを実行できないことを、まずはお断りしておく。

結論としては、今のところはみどりの窓口で指定席券を購入してしまった方が早くて楽なのではあるが、窓口が混んでどうしようもない時には発動できるワザだと思う。

20160318_IMG_0069

ご覧の券売機は最新型のマシンで、以下の操作画面もこの機種のものである。他にも古い機種があるので、その場合操作画面のデザインが若干違うと思われるので留意されたい。

この券売機、操作画面にヘルプボタンもなく、ヘルプ(通話)のための受話器も券売機に設置されていないので、基本的に質問することができず、筆者も以下のように悪戦苦闘することになった。そんなことだから、このワザを万人にはお勧めできないわけである。(逆に、駅員と会話したくない人には券売機の利用がおススメではある)

指定席券売機の操作手順

検証したのは、青森駅から秋田駅まで運行されている快速のリゾートしらかみ号である。座席配列は、一般の特急列車のような座席である。
また、撮影した写真であるが、微妙な角度のため、グレアがあってみにくい部分があるが、どうかご了解いただきたい。

1.最初の画面では、「乗換案内から購入」を押す。

20160318_IMG_0070

なお、日本語以外の英語などの言語では、乗換案内から購入のボタンが表示されないため、外国人には購入困難である。

2.乗車区間、日時、人数を入力する。

20160318_IMG_0088

項目ごとに、変更ボタンを押して入力画面から入力し、入力が完了したら、検索を押す。

3.検索結果が表示されるのだが。。。

20160318_IMG_0089

なんとリゾートしらかみ号から途中の弘前駅で降りることになっている。秋田駅まで通しで乗りたいのに。。。
次の画面を表示させるのに、検索条件を変更するというグレーのボタンを押したかと思う。

4.直通列車に乗車する区間を特定する画面が表示されるので、この画面では始発駅の青森駅、次の画面では終点の秋田駅を選択する。
なお、この3.と4.の手順は、他の多くの列車では行わなくて済むものである。

20160318_IMG_0090

5.ようやく正当な検索結果が表示される。

20160318_IMG_0091

上の画面の右側が今回求める結果なので、緑の選択ボタンを押す。

6.指定券と乗車券の両方を購入するか、指定券のみを購入するか、乗車券のみを購入するか、いずれかを選択して該当するボタンを押す。

20160318_IMG_0092

7.列車の設備を選択する。設備とは、普通車指定席、グリーン車、自由席の別のことである。

20160318_IMG_0093

8.座席番号を選択する。列車によっては、座席を選択できない場合があるので注意。この列車の場合は、座席表から選ぶを押す。

20160318_IMG_0094

9.号車を選択する。

20160318_IMG_0095

10.座席表から座席番号を選択する。

20160318_IMG_0097

この列車に関する操作はこれで終わりである。

11.他に指定券を購入する場合は購入する、そうでない場合は購入しないを選択する。

20160318_IMG_0098

12.最終確認画面が表示されるので、問題なければ緑の確認ボタンを押す。

20160318_IMG_0099

13.代金を決済する。現金かクレジットカードを券売機に投入する。首都圏の一部の駅では、決済にICカードを使用できる駅がある。クレジットカードの場合は、必ず4ケタの暗証番号が必要である。

20160318_IMG_0100

14.領収書が必要な場合は、領収書ボタンを押す。素早く押さないと押せなくなるので注意。

20160318_IMG_0101

ようやく購入終了!きっぷを手にできた

15.きっぷと領収書が発券されて終了である。出力された券片は、以下の通りである。

指定席券

20160318_resortshirakami2

領収書

20160318_receipt

JR側がVFと呼んでいるこの券売機(MV50)から印字される券片は、感熱式なので、高機能な感熱紙とはいえ、そのうち消えてしまう。

まとめ・所感

この一連の操作にかかった時間は、おおむね4,5分だった。窓口で発券すればものの1分程度であるから、券売機の操作にはかなり時間がかかる。
あと、前述したように、操作や列車の運賃・料金に関するヘルプ機能が券売機に備わっていないので、一般の素人には使いこなすのはやはり難しいだろう。
この券売機を本当に普及させたいのならば、素早く優しく操作できるように改良する必要があるのではないかと思う。それまでは、有人窓口(みどりの窓口)の維持が必要である。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

One Reply to “指定席券売機の奥の手 乗換案内から指定席券を購入する方法”

  1. このワザは、リゾートトレインに限らず、在来線特急にも広く活用できます。券売機のトップ画面からは、新幹線のきっぷはすべて分かりやすく購入できますが、在来線の特急列車はトップ画面からすべて購入できず、全国の特急列車のきっぷ購入には乗換案内からの購入が必要です。
    これにしても、操作が結構面倒なので、余程なことがなければ、窓口で購入したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です