JR四国のある駅で入手できる手売りきっぷ

JR各社ではきっぷの発券が自動化され、端末券が主流である。したがって、手売りの常備券や補充券の収集は困難なのであるが、例外的に残存している場合がある。先日乗り鉄したJR四国もその例外である。もちろん、主要な直営駅では発券がすべて端末化され、経路数オーバーでもない限り補充券の出番はないのだが、一部の簡易委託の駅ではいまだに手売りのきっぷを発売している。

簡易委託でのきっぷ発売は、(ム)の印が付くことが多く、補充券が発券されることは少ないが、JR四国管内で知っている限りでは、予讃線の鬼無駅(香川県高松市)と、予土線の近永駅(愛媛県北宇和郡鬼北町)の2駅では広範な乗車券類を常備券と補充券で発売している(2016年6月現在)。そのうち、高松駅から2駅離れた鬼無駅へ向かってみた。

本稿で紹介する乗車券類は、すべて正当事由で発券されるものであり、体裁としては趣味発券ではないことをお断りしておく(実質は趣味発券であるが)。
鬼無駅では中華料理店が駅舎を借りて営業しており、その傍らで日中乗車券類の発売を片手間で行っている形だ。お店の人が結構多忙なようで、つかまらないと対応してもらえないし、扱う券種もすぐに変わってしまうので、手売りきっぷの入手を将来にわたって保証するものではない

補充券等の手売りきっぷの収集用発券は、当該鉄道会社の好意によるものと考えます(正当事由による発券を除きます)。
当然、発券を断られることもあることを留意する必要があります。
もし入手できた場合は、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。また、入手のための職員への無理強いなども慎むようにしましょう。
なお、補充券や常備券の在庫は常に変動するため、本稿に掲載したきっぷを今後入手できることを保証できません。
以上をあらかじめご承知のうえ、本稿を閲覧ください。

簡易委託の形態ではあるものの

一応駅のことを紹介しておくと、無人駅ながら駅舎があり、その中に出札窓口がある。

20160625_IMG_3981

20160625_IMG_3982

出札窓口に営業時間が掲示されているが、係員がずっと窓口に座っているわけではない。

20160625_IMG_3983

駅ホーム(上り線)には、桃鉄のモニュメントがある。

20160625_IMG_3985

さて、まずは常備券であるが、近距離のものはすべて赤地の金額式で、数種類の大人用と小児専用が1種類だけあった。

20160625_jrshikoku_kinashi_kingaku

20160625_jrshikoku_kinashi_kingaku-chd

遠距離の口座は、大阪市内行と東京都区内行きとのことだったので、大枚をはたいて大阪市内行を購入した。自分自身の散財を嘆く限りである。。。
きっぷの裏面もしっかりと印刷記載されている。

20160625_jrshikoku_kinashi_ekimei

20160625_jrshikoku_kinashi_ekimei-ura

新幹線の自由席特急券も入手できた。

20160625_jrshikoku_kinashi_shinkansen

次に補充券だが、この駅では運賃計算・売上管理?用のパソコン(POS)が置いてあり、パソコンで運賃計算をして、計算ができる任意の区間で補充券を発券してくれる。ただし、以下の通り、発駅欄には駅名をすでに押してあるので、他駅発はやってくれないかもしれない。
JRの特殊補充券はかなり貴重である。

20160625_jrshikoku_kinashi_tokuho

20160625_jrshikoku_kinashi_tokuho-ura

料金専用補充券も存在したので、欠かさず購入した。こちらは、当然他駅発OKである。

20160625_jrshikoku_kinashi_ryoho

この駅で入手できる様式はこんなものだが、JR四国の駅で入手できる乗車券袋のサイズが大きく不思議であったが、実はこれらの補充券類を入れるのにちょうどよいサイズであることが分かった。マルス券を入れるには大きすぎで、胸ポケットにも入れにくいが、実は便利だ。

20160625_IMG_0161

おまけ

最後におまけとして、JR四国の駅で広く発売している合格祈願きっぷである。(鬼無駅では売っていない)
徳島線の学駅の硬券入場券のセットなのだが、5枚セットで購入するとお守り袋(4色から選べる)が付いてくる。珍しい体裁なので、お勧めのきっぷなのだが、注文するとしたら、5枚セットに限り、きっぷの地紋の色を変えてもらえれば、カラフルになって商品性が高くなると思うのだが。。。
硬券は連番で、硬券きっぷのまとめ買いのような格好である。

20160625_IMG_0160

 

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です