「NO不正乗車」JR四国のポスター

スポンサードリンク

2016年6月にJR四国で乗り鉄をした際、現地の多くの駅で次のようなポスターを見かけたのが、妙に印象的だった。

20160718_img_0084

マルス券風の緑の券面に記載されている内容が妙に怖い。

「不正乗車→処罰」

内容自体は正当ではあるのだが、筆者の主観では、乗客に対して威圧的なポスターだと感じる。今まで見たことの内容な強烈な内容のポスターなので、敵意丸出しで、乗客を敵にさえ回すようなものと思う。

JR四国に対しては見方が厳しいのかもしれないが

このような内容(警告)のポスターや掲示は、首都圏ではあまり見かけないせいもあって、四国で見た時には余計に強烈に感じたというのもある。

JR四国職員の旅客に対する接遇や笑顔のなさ、車掌が無人駅きっぷ回収に躍起になるあたりが、筆者個人的にはこのポスターの意図に通じるところを感じてしまう。
つまり、乗客を顧客と扱わず、犯罪予備軍くらいに見ているところに、憤りを感じるわけである。自分の中では、このポスターでJR四国に対する印象がいまいちになったところがある。

不正乗車がいけないのは言うまでもない

まあ、首都圏と比べたら自動改札機の普及度合いがまるで違うことはあるが、ここまでしても、そんなに不正乗車って深刻なのだろうか。

JR四国管内の駅には紙券の自動改札機がほとんどないので、やり方次第によってはキセルやり放題にもなりうるので神経をとがらせているのは分かる。
自動改札機導入は、地域全面展開(全駅設置)で入出場チェックを厳しくやらないと、不正乗車の温床、踏み台として使われてしまうと筆者は考える。

タイトルとURLをコピーしました