Try WIMAX 固定回線の代替となるか??

筆者の住宅に備え付けのマンションインターネットのパフォーマンスが最近良くないため、代わりの回線を検討しているのだが、(引っ越す度に多額の工事費がかかる)固定回線を避けたいので、今般モバイルルータに移行できないかと考えた。

まずは無料のお試しサービス、UQ WIMAXの「Try WIMAX」を試してみたので、その実感をシェアできればと思う。

同じモバイルルータ系でも、格安SIMのサービスもいくつかあるのだが、スマホやタブレットのOSアップデートなどを毎月やってしまうと、それらのサービスでの月の上限の10GB、20GB程度はあっという間に消費してしまうことが分かった。
つまり、現状では格安SIMでは月々の容量が不足するために、自宅の主回線として利用するには物足りないわけである。

そこで、容量制限なしのサービスが(ただし、混雑制限はある)、現状で唯一UQ WIMAXのギガ放題しかないというわけで、まずはTry WIMAXのお試しである。
通信サービスでいきなり2年契約を結ぶのは無謀なことなので、まずは無料でお試しできることに大きな意義がある

Try WIMAXの詳細については、以下の公式ページを参照されたい。

http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

高額な機器を無料で借用できることがあってか、原則クレジットカードを保有していること(デビッドカードは申請承認が必要)など、借用のための条件が厳しい。

借用できる期間の15日間だが、手元に15日間置いておけるわけではないので、注意しよう。
実際は、申込直後の日から返却完了の日まで15日間しかない。例えば、1日に受付が完了して、3日に機器が手元に到着しても、15日までに機器が貸し手に到着(返却)していなければならないので、実質手元で使用して評価できる期間は、10日間前後と思われる。

筆者の場合、Web上で申し込んだその日に機器の発送が完了し、翌日に届いたので、実質12日間程度使用できた。
このサービスのいいところが、往復分のゆうパック送料がUQ社もちで、ユーザの負担がないところ。本当に「無料」である。

借用できた機種は、WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX01(クレードルセット)である。残念ながら、最新機種のWX02は在庫なしで借りることができなかった。
届いたパッケージは貸出専用のパッケージで、段ボールではなかったが、これは機種によって違うようである。

20160807_IMG_0319

データ容量については、借りた期間で使える正確な容量を知りえなかったが、結局約15GBは使っていた(汗)。専ら、iTunesのアプリの更新ダウンロードやIOSのアップデートなどで大量の通信容量を使用したためであり、YouTubeなどの動画を見ていたわけではない。それでも、言われていたような混雑制限による通信の遅延は、筆者の場合は体験しなかった。
本当は、3日間で3GB使用してしまうとそれからしばらくは通信が遅延するはずである。また、通信総量が7GBのはずであるが、真相は分からない。

以下のスクリーンショットは、ルータWX01の管理画面の抜粋である。

20160807_admin_screen

WIFIルータ機能を無効にして、クレードルから宅内LANにつないだだけでも、15GBであった。恐ろしい。。。これで、ギガ放題確定である(笑)。

通信スピードについては、これまでのマンションインターネット回線と遜色ないものだった。使用した場所が東京都内の住宅地ということもあり、通信電波は特に問題がなかったと考える。
ただし、スピードテストでは抜群の値が出たわけではない(テスト対象のモバイルルータとPCとは、L2スイッチ経由のLAN環境で、直接接続した状態ではない)。

BNRスピードテストを試してみたが、ダウンロードテストの推定スループットが5.66Mbpsで、機器の最大スループットの220Mbpsにははるか及ばなかった。

20160807_downtest

アップロードテストの推定スループットは3.35Mbpsで、ダウンロードテストと比べたら、そんなものという結果である。

20160807_uptest

このキットが届いてから約1週間が過ぎた頃に、UQ社の事務局から電話がかかってきたが、しつこい営業ではなかった。
返却が完了後1日で完了のメールが届いて、借用が完了した。

筆者のように、動画を見ないライトユーザ(都市部在住)であれば、固定回線の代替としてのUQ WIMAXを利用したモバイルルータ環境はありかと思うが、電波状態を確認できないユーザや速度制限を嫌う向きにはお勧めしない(3日間で3GBは油断しているとすぐに消費してしまう)。

どちらにしても、事前に無料でお試しさせてくれるこのサービスは、トラブル回避の面からも良心的といえる。

ちなみに、UQ WIMAXのサービスはUQ社からではなく、いろいろなプロバイダに卸されてサービスに供されているので、それらの特典をよく比較されたい。

余談だが、UQ社直契約だと、障害者手帳保持者に対してハート割が提供される。一般契約よりも月当たり数百円安い程度で、2年契約が必要である。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です