流鉄(千葉県)乗り鉄・紙鉄

流鉄は、千葉県松戸市と流山を結ぶわずか5.7kmの近郊のローカル線で、全区間の所要時間はわずか12分である。現在正式社名である流鉄は、かつては総武流山鉄道であった時代もある。現在は沿線をJR武蔵野線とつくばエクスプレス線が走り、流鉄の存在意義も大きく変わっているかと思う。

筆者の自宅からはそんな遠くなく、いつでも行けることから、これまでなかなか足が向かなかったが、ようやく乗り鉄する機会を得た。

馬橋駅

流鉄がJR常磐線(各駅停車)と接続するのは、馬橋駅である。JR常磐線の改札口を一度出てから流鉄の改札口に向かう。階段を降りると、時代が昭和に戻ったような出札窓口と改札口があるが、自動券売機も2台ある。後述するが、乗車券は出札窓口でも販売されている(執筆時点=2016年現在)。

20161127_img_4879

運賃表が手作りである。

車両は2両編成の電車で、元西武の車両である。1編成ごとに塗色が異なり、濃い赤、オレンジ、黄色、青と、4編成を確認できた。

20161127_img_4882

車内に掲示されている路線図は非常にシンプルである。
途中、幸谷駅でJRの新松戸駅に接続するため乗降客が多く、小金城趾駅では上下の電車が単線の線路を交換する。

20161127_img_4884

幸谷駅でのJR線との連絡運輸はなく、馬橋駅でのJR連絡運輸のきっぷは、小金城趾駅から流山駅寄りの各駅で購入できる。

流山駅

終点の流山駅の周辺は歴史的な一角で、また江戸川も近く、ちょっとした散策ができる。万上みりん(流山キッコーマン)はこの旧市街に位置し、みりん産業の街ということが分かる。

20161127_img_4889

東京から少し離れただけで、こんなほのぼのとした風景がある。

20161127_img_4893




きっぷ

さて、出札窓口では、きっぷを購入。

20161127_img_4892

いつまで行われるのかは分からないが、自動券売機での販売と並んで、出札窓口でも硬券の乗車券が発売されている。

まずは、発売されたばかりの補充乗車券セット700円なるものを購入してみた。

20161127_ryutetsu_set-omote

内容は、補片、補往と、現在は発売されていない車内補充券である。
商品としてのコンセプトは素晴らしいのだが、補片と補往の裏面の印刷がなかったり、押印・記入項目がすべて印刷だったりと量産志向なのが、収集家的には残念である。

20161127_ryutetsu_set-naka

しかし、線内の補片、補往は通常あり得ないので、貴重といえば貴重なのではある。

実際に使われる硬券はこんな感じである。流鉄の駅は、ダッチングマシンが健在である。線内の乗車券は、硬券である。

20161127_ryutetsu_nagareyama_koken

小児専用の口座は区間によってあったりなかったりである。ちなみに、途中駅の売れない区間は、社名表記が旧社名の、総武流山電鉄として残っている。

JR馬橋駅からの連絡券は、補充片道乗車券(軟券)での発券になる。幸谷駅ー新松戸駅連絡の乗車券は存在しないので注意されたい。

※ 2017年に連絡運輸が廃止された模様。現在は入手不可と思われる。

20161127_ryutetsu_nagareyama_hohen

20161127_ryutetsu_nagareyama_hohen-ura

回数券の長い手売り券も目撃した。(が、買わなかったが。。。)し、補往も存在することは存在する。

流鉄は小さな会社には違いないが、職員の皆さんが、鉄道ファンの乗客にも丁寧に親切に応対してくれるのでよかった。気持ちよく発券してくれた点などには感謝したい。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です