東武特急 りょうもう号 手売りきっぷで乗車

今回乗車した特急りょうもう号は東京の浅草駅から群馬県の太田駅及び赤城駅を結ぶ特急電車であるが、沿線地域にはJR線が東京まで直通していないため、東武特急にかなりの需要がある。

東武鉄道は奥が深く、東京都心近郊の大量輸送から、栃木県と群馬県内のローカル線輸送の二面性がある鉄道会社であるが、栃木県の日光・鬼怒川地区と栃木県・群馬県両県の両毛地域を結ぶ東武特急も輸送形態の特徴の一つで、一定のニーズがある。

筆者は、群馬県みどり市にある赤城駅から上りの特急りょうもう号に乗車してみた。
本稿は、2016年最後のささやかなものであるが、興味深いものであるので、是非お付き合いいただきたい。

沿線にはわたらせ渓谷鉄道(元国鉄足尾線)や上毛電気鉄道などローカル線が複数あって、乗り鉄が楽しいところである。

特急券購入

筆者は上毛電気鉄道の乗り鉄帰りに乗車したのだが、その特急券と乗車券は上毛電鉄線内の一部の駅でも購入できる。赤城駅ではマルチ端末があるようなので当てはまらないが、その他の一部の駅では端末が導入されていないので、手売りのきっぷが存在するわけである(本稿執筆時現在)。
座席指定特急であるため、特急券の発券には職員が電話でやり取りする必要があり、発券まで時間がかかることを留意されたい。

特急券は硬券で、東武鉄道赤城駅発行のTRC地紋の味がある券である(注意:赤城駅ではこの硬券を購入できない)。

硬券の裏面には、予約番号が記載される。

上毛電鉄線内で特急券を購入する場合、同じ区間の乗車券とセット発売となるのだが、上毛電鉄と東武鉄道との連絡運輸の補片を入手できる。JR連絡ではない連絡運輸の補片は結構レアもので、興味深いものである。

裏面の記載はシンプルである。乗車距離は100kmを超えるが、東武鉄道が絡むので、有効期間は1日で下車前途無効である。




りょうもう号に実際に乗車

実際に乗車した限りでは、赤城駅で上毛電鉄線からりょうもう号に乗り継ぐ乗客はほとんどいないが、途中の新桐生駅や太田駅、館林駅で多くの乗車があり、かなりの席が埋まって北千住駅に着いた。東武鉄道にとってはドル箱の特急電車なのであろう(この電車のせいで、半蔵門線直通の急行電車がしばしば遅れるのだが)。

赤城駅を出発する時点で、日没しかけていた。

行先は、いまだ幕である。

塗装は台鉄バージョンではなく、普通のものであった。

東武特急の難点は、席番が数字表記なので、窓側かどうかなのかがいまいちわかりにくい点である。JR特急であればA席とDE席が窓側であることがほぼ推測できるのであるが、例えば58番という席番だと、数字が偶数なので窓側であろうという推測しかできず、位置関係が分かりづらいのである。この点は、東武特急の好きではない点である。

※2017年4月から、席番がJRと同じく、ABCD席の表記に変更になったので、この点は解消されている。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です