えきねっとトクだ値 筆者の利用記録 2016年7月-12月分

えきねっとの早割料金である「トクだ値」で利用したJR東日本の列車について記事にするのを失念していたため、今レビューしておきたい。

2016年の後半については、関東周辺の乗車分になるが、鉄道ファンだけではなく、一般の方にも参考になるかと思う。
以下、新幹線と在来線の乗車分について紹介したい。

1.新宿ー勝浦間 外房線 新宿わかしお号

トクだ値35(35%割引)

千葉県の外房線方面に向かう特急わかしお号と新宿わかしお号には、高い割引率のネット限定料金が設定されており、前日までにネット(えきねっと)で予約すれば、設定された席の空きがある限りはネット料金で利用可能である。
平日・土休日と利用区間によって割引率が違うが、上記の東京駅・新宿駅ー勝浦駅間の料金は所定運賃・料金から35%引きの\2,590円(乗車日現在)であった。
この区間は所要時間が2時間弱と、同区間を走る高速バスと所要時間、運賃ともにいいとこ勝負で、(内房線沿線と違って)外房線沿線は鉄道・バスとも共存できうる区間だと思う。

筆者は本来大原駅まで向かうところだったが、大原駅までの乗車券と指定席特急券を所定の価格で購入するよりも勝浦駅までのトクだ値料金の方が若干安かったため、内方乗車として利用した。そのため、大原駅の無効印がついてある。
乗車券部分は東京山手線内発着なので、山手線とその中の駅(中央線)のいずれかから乗車できる。

2.新宿ー塩尻間 中央本線 あずさ17号

トクだ値35(35%割引)

山梨県、長野県方面の中央本線沿線の駅にも、割引運賃が設定されている。2016年度は、一律35%引きである。東京・新宿駅から甲府駅・松本駅まできめ細かい設定があり、利用しやすい。
ただし、ライバルの中央高速バスの方が運賃的には安く、値段ではかなわないが、繁忙期に高速道路が大渋滞するような時には鉄道を利用する価値があろう。
とくにスーパーあずさ号とあずさ号は混雑することが多い列車なので、えきねっとであらかじめ指定席をとって乗車するのが快適かと思う。

券面に押されている無効印であるが、長野支社管内の駅の無効印は同じサイズのスタンプを使用しながらも駅毎にデザインが異なり、それぞれの駅の無効印を押してもらって集めるのも一興かと思う。ちなみに、この塩尻駅の無効印は、ワインの郷のブドウの房の絵である。




3.上野ー宇都宮間 東北新幹線 やまびこ135号

トクだ値30(30%割引)

東京駅・上野駅・大宮駅からの東北新幹線で、宇都宮駅に止まる一部のやまびこ号がネット割引の対象になる(仙台発着のやまびこ号100番台の列車、およびなすの号)。
このきっぷは1か月前に予約したもので、お先にトクだ値の割引率が適用されたものである。乗車日の14日前までに予約が完了して、この割引率(30%もしくは35%)が適用されることに注意されたい(正確なロジックは分からないが、お先にトクだ値用の席数が売り切れ次第、満席になってしまうものと推測される)。

宇都宮は東京から100㎞程度の距離なので、普通列車の運賃に比べ、新幹線の料金がどうしても高く感じてしまう。時間に余裕があれば、個人的には普通電車のグリーン車で移動したい。

4.宇都宮ー上野間 東北新幹線 やまびこ148号

トクだ値30(30%割引)

上記3.の行きのきっぷと同じ内容である。この日は乗り鉄ではなく、用事があって宇都宮に行ったため、普通電車ではなく、新幹線を利用した次第である。

予約が乗車日の14日前を割り込むと(またはお先に用の設定席数が満席になると)、一般のトクだ値料金が適用となり、やまびこ号の割引率は10%または15%となる。

東北新幹線は、価格設定が他の在来線に比べて強気と感じる。競争相手がいないからか?

5.上野ー長岡間 上越新幹線 Maxとき303号【グリーン車】

トクだ値35(35%割引)

上越新幹線に関しては、トクだ値料金の座席が瞬殺で取りにくいため(特に、普通車指定席の早割料金)、グリーン車を検討する余地が出てくる。
具体的な金額の比較はここでは行わないが、同じトクだ値料金でも、早割のグリーン車トクだ値料金(30-35%引き)と早割ではない一般の普通車指定席トクだ値料金(10-15%引き)と比較すると、イメージとしては、グリーン車と普通車の料金がほぼ変わらないという現象が生じるために、グリーン車座席の購入やむなしという状況がありうる。

このきっぷも、普通車の早割がすでに売り切れていたので、早割がまだ売れ残っているグリーン車座席を積極的に購入した例である。

上越新幹線の場合、2階建て車両のMaxとき号が多く、トクだ値普通車料金では眺めの悪い1階席しか指定できないため、2階席で快適なグリーン車の料金が普通車とそれほど変わらない場合は、グリーン車をぜいたくと言わずに検討する余地があるわけである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です