地下鉄千代田線とJR常磐線各駅停車 運賃の怪奇

普段何気なく乗車している地下鉄千代田線だが、相互乗り入れしているJR常磐線(各駅停車)との運賃計算方法が恐ろしく複雑怪奇である。
そのために、いまだに通過連絡運輸の制度が残っているし、乗車券類の様式も、特殊なものになっていて興味深い。

本稿では、その運賃制度を軽く振り返って、印象的な乗車券の様式について触れていきたい。

運行形態・運賃区界

地下鉄千代田線とJR常磐線各駅停車の運営形態自体は、綾瀬駅(東京都足立区)が境界駅となって、都心側を東京メトロ、反対側をJR東日本が運行している。

運営:[代々木上原]ー(東京メトロ)ー[北千住]ー(東京メトロ)ー[綾瀬]ー(JR東日本)ー[取手]

しかし、このうち、北千住駅ー綾瀬駅の区間が千代田線の区間であると同時に、常磐線各駅停車の一区間でもあるので、話がややこしい。

乗車区間がJR線で完結するか、東京メトロ線内で完結するかなどの要素が多いが、運賃区界は、基本北千住駅である。以下の張り紙通りである。

東京メトロの公式情報

http://www.tokyometro.jp/ticket/particularcase/ayase_kitasenju/

 

筆者が簡単にまとめたのが、次の図のようなイメージになる。
北千住ー綾瀬間が、東京メトロ線内でありながら、JRの運賃額が適用される超レアな区間である。

この図から端的に分かるのが、綾瀬以遠のJR各駅から日暮里駅・西日暮里駅を経由して都心のJR駅に向かう場合、北千住駅から三河島駅を経由して向かう方が、千代田線を経由するよりもかなり安く、通勤客は経費節減のために三河島経由にさせられている点であろう。
つまり、千代田線で西日暮里駅乗換できる乗客は(町屋経由)、運賃的・会社経費的にかなりリッチという印象がある。

紙のきっぷの様式

この区間絡みのお話は、連絡運輸まで考えてしまうときりがなく、本当に奥が深い。

北千住駅ー綾瀬駅の区間の乗車券は、東京メトロのみが発売し、JR東日本では発売しないが、運賃額はJRの電車特定区間の初乗りの金額である。
乗車券の様式は、珍しく駅名が記載されたものである。

そして、馬橋駅(千葉県松戸市)から、JR線ー北千住駅ー地下鉄千代田線ー西日暮里駅ーJR線の通過連絡運輸の乗車券である。
紙券だと以下のような様式になるが、ICカードを利用すると運賃体系が異なるので注意されたい。

こちらは、乗換駅(接続駅)である西日暮里駅からの駅名が記載されたレアな券面である。

それでは、キーとなる駅の様子を写真で見てみたい。




西日暮里駅(東京メトロ)

JR線と地下鉄千代田線の接続駅で、専用の乗り換え改札がある。

ここにある精算所がさながら江戸時代の関所のようである。
JR線通しのきっぷではここの自動改札機を通過できず、精算所で差額精算してくださいという趣旨の表示がされている。知らない間に東京メトロ線内も乗車してしまったからである。
通常のビジネスであれば、極端な話、詐欺だといわれても仕方ないレベルであるが、公共交通レベルでは通ってしまう話なのだろう。。。
東京メトロ側が重税を徴収しているような感じで、乗客に余分な負担を求めている感がある。

北千住駅(東京メトロ)

JR常磐線と地下鉄千代田線、東武線と地下鉄日比谷線がそれぞれ乗換で、地下鉄同士が乗り換え通路でつながっている複雑怪奇な駅である。
JR常磐線に関しては、中距離電車・快速電車と各駅停車・千代田線の各ホームが連絡通路で唾がっているが、その間の改札機はない。

東京メトロでのきっぷ売り場の運賃表示。綾瀬駅まで140円。
(おまけで、押上駅までが240円。東武線とメトロ線の2経由があるのだが)

JR側のきっぷ売り場の運賃表では、綾瀬駅の運賃が消されており、メトロの券を買うように指示がある。

綾瀬駅(東京メトロ・JR東日本)

実際の運行上の境界駅である。
駅の管理は東京メトロが行っており、きっぷ売り場もメトロのものである。

メトロ用とJR用それぞれの券売機があるのだが、JRの運賃表を見ると、例によって北千住駅までの表示が消えている。

ちなみに、ここから西日暮里駅に行くには、メトロ千代田線一本で行く経路と、北千住・日暮里駅で乗り換えるJR線の経路があり、いずれの券売機で切符を購入したらよいか迷うはずである。

おもしろいことに、JR線のきっぷを発売する窓口があり、マルス端末が置いてあるのだが、現金のみの取り扱いで、割引きっぷの発売に制限があるなど、社線駅ならではの限定版である。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

One Reply to “地下鉄千代田線とJR常磐線各駅停車 運賃の怪奇”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です