「S-TRAIN」乗車体験【東急電鉄区間のみ】

S-TRAINは、西武鉄道が主体になって、東京メトロ副都心線と東急電鉄東横線・横浜高速鉄道に乗り入れを行う座席完全指定制の電車である。座席指定料金が有料の、ホームライナーのような電車である。車両は、西武鉄道の40000系が使用されている。

日曜日の日中に横浜に所用があったため、2017年春に運行が始まったS-TRAIN2号の運行時刻に合わせて、東急線内を乗車してみた。

他稿でも話したことであるが、過去に東急と西武が箱根でガチンコしていた時代があり、水と油の関係だったということを申し上げた。それは今や昔の話で、西武線の車両が副都心線を経由して、普通に東急線内に乗り入れてくる時代になった。
筆者のような昔気質の人間には奇異に見えるのだが、今や普通の光景なのであろう。

運行日・料金

平日は西武線内からメトロ有楽町線に乗り入れるホームライナー的電車、
土休日は西武線内からメトロ副都心線、東急線・みなとみらい線に乗り入れる行楽電車という位置づけである。

S-TRAIN各社公式情報

(西武鉄道)
https://www.seiburailway.jp/express/s-train/

(東急電鉄)
http://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/s_train/

したがって、本稿でご紹介する東急線内でS-TRAINに乗車できるのは、土休日のみであることを留意されたい。

S-TRAINに乗車するには、乗車券の他に、座席指定券が必要になる。その料金が乗り入れ会社ごとに決められていて、例えば西武線、東京メトロ、東急線の3社の料金が加算されると、区間によっては料金が1000円を超える高額な料金になる。

西武線内 区間によって310~710円
東京メトロ線通過 210円 ※メトロ線内のみの料金設定はなし
東急・みなとみらい線内 350円
(最長区間乗車の場合の座席指定料金) 1,060円(西武秩父ー元町・中華街間)

東急渋谷駅で買い求めた東急・みなとみらい線内の座席指定券の様式は、次のとおりである。

座席指定券の事前購入は停車駅の改札窓口か、東横線各駅の自動券売機のいずれかでできる。
また、当日券は、発車時刻前に停車駅ホーム上の指定券券売機でも購入可能である(ICカードのみ)。




乗車した様子

本稿では、S-TRAIN2号の東急線・みなとみらい線内のみの乗車であるが、その様子をご紹介したい(本来の始発駅は、西武線飯能駅)。

2号:東急渋谷駅 10:18分 →(東急東横線、みなとみらい線経由)→ 元町・中華街駅 10:53分

渋谷駅の東横線ホームから乗車するのは、日常の何食わぬ光景である。

ホーム上の発車案内板にも、S-TRAINが何食わぬ顔で表示されている。

4番線ホームに10:15分に電車が進入してきて、乗務員が交代する。
車両のロゴマークが西武鉄道なのが新鮮であって、若干違和感も感じないわけではない。

車両の行先表示板には、2パターンの表示があって、片方が列車名、もう片方が行先である。

4ドアの車両ではあるが、実際に乗り降りできるのは各車両1か所のみである。車内に入ると、通勤型の普通の車両には違いないが、座席だけちょっと豪華な感じがする。
日曜日の午前中であるが、そこそこ人が乗っているかなという感じである。

4号車にトイレがある点と、座席の窓側には電源コンセントがあって、スマホなどの充電ができる点くらいが差別化されている感じである。
また、網棚には、座席番号の表示が当然にある。

座席はリクライニングできないので、あまりくつろぐことができないが、向きを転換できるので4人で座るときには座席の向きを変えることができる。

ドア戸袋にある電光案内板は、一般の通勤車両と変わらない。

渋谷駅から終点の元町・中華街駅までの途中停車駅は、自由が丘、横浜(降車のみ)、みなとみらい(降車のみ)であるが、ほかに中目黒駅と武蔵小杉駅、菊名駅に運転停車していた。したがって、見かけの停車駅は少ないが、所要時間が短いわけではない。

おわりに

メリットとしては、全席指定席なので、席に座れなくて立っている乗客がいなくて、車内に余裕がある点だろうか。
万人向けの電車というわけではなく、座席指定料金に意味を見いだせる方だけが利用すればよい電車なのかなと考える。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です