「スマートEX」(新幹線予約)【新規登録のしかた】

東海道・山陽新幹線のネット予約サービスである、「スマートEX」のサービスが、2017年9月30日から開始されたが、筆者も既存のエクスプレス予約との違いが知りたくて、実際に登録して予約の仕方まで確認したので、それを共有しようかと思う。

スマートEXのサービスでは、手元にある交通系ICカード(Suica、PASMOなど)を使用して、紙のきっぷなしに東海道・山陽新幹線の予約と乗車ができる。
既存のエクスプレス予約と違い、会費は無料である。無料のこのサービスがどれだけ使えるのか、既存のエクスプレス予約(プラスEXを含む)と比較して、確認したい。

その過程で、登録から予約、実際の乗車まで紹介していきたいが、本稿ではまず、会員サービスに登録する段階を扱いたい。

スマートEXとエクスプレス予約の違い

両者ともそれぞれの会員登録が必要な点は共通していて、予約のために使用するシステムは同一なのだが、主に会費と利用する際の運賃・料金の金額が異なる。

  • スマートEX
    会費無料
    交通系ICカードを自分で用意し、そのICカードで乗車する。
  • エクスプレス予約(プラスEX含む)
    会費有料(一般年会費1,100円)
    専用に発行されるICカードで乗車する。

公式ページに記載されている両サービスの違いが分かりにくくて、筆者にはいまいちピンとこなかったので、本ブログを通して、できるだけ違いを明確にできればと思う。

スマートEX 公式トップページ
https://smart-ex.jp/

エクスプレス予約 公式トップページ
https://expy.jp/

スマートEXの新規登録前に用意しておくもの

  • クレジットカード
    大雑把な表現だが、対象の主なクレジットカード会社発行のクレジットカードが必要である。ウェブサイトでの登録なので、各クレジットカードの認証サービスの登録も完了しておかなければならない(JCB J-Secureなど)。
    登録時の与信が通るデビットカードならば、使用可能と思うが、保証しかねる(公式ページでも、デビットカード使用可否が明確に記載されていない)。
  • 交通系ICカード
    全国で共通使用できる10種類の交通系ICカードである。Suica、PASMO、toica、ICOCAなどのカードである。
  • メールアドレス
    3つまで登録できるので、PC用とスマートフォン用を用意するとよいだろう。




スマートEXの新規登録の流れ

まずは、スマートEXのウェブサイトにアクセスする。
PC・スマートフォンのブラウザか、スマートフォン専用の「EXアプリ」をスマートフォンにインストールして、アプリ上から操作することも可能である。(本稿での解説は、PC画面であることを留意されたい。)

そして、会員登録のボタンを押して、登録作業を始める。

(画像引用元:JR東海 スマートEX ウェブサイトの一部の画面 以下同様)

【会員規約の同意】
新規登録の作業に先立って、会員規約に同意する必要がある。

【会員情報の入力】
それから、会員登録にあたって、氏名、電話番号、メールアドレスといった個人情報をまず入力する。
そして、必須のクレジットカードの情報を入力するが、この作業にあたって与信確認のために、クレジットカードの認証サービスにてパスワードの確認を済まさなければならない。

JCBの場合は、次の画面になる。

筆者の場合は、登録しようとしたカードがすでにエクスプレス予約で使用している決済カードで、スマートEXの決済カードにすることができなかった。
スマートEXの決済カードは、エクスプレス予約で使用するものとは別のカードを用意する必要がある。

そこで、やむなく別のVISAカードで登録した。
VISA認証サービスの画面例は、次の画面である。

【交通系ICカードの登録(任意)】
クレジットカードの登録が完了したら、次に交通系ICカード番号の登録である。
この登録は任意だが、登録しないとICカードを使用して改札を通過できないので、注意されたい。

登録するICカードの番号は、カード裏面の右下にある白抜きの2文字の記号+15文字の番号である。(例:Suicaの場合は、「JE」+ 15桁の番号である。)

【会員登録完了】
以上の項目の登録を済ませると、新規登録が完了し、次の画面が表示される。
黄色で表示される10桁の会員IDは、ログインの際に必要なので、なくさないようにしよう。

実際の予約の流れ、エクスプレス予約との運賃・料金の違いについては、別稿をお読みいただきたい。→ コチラ

おまけ:プラスEXは、エクスプレス予約に統合された。

筆者が利用しているプラスEXの予約サービスが、去る2017年9月2日にエクスプレス予約サービスに統合された。
運賃・料金の水準が従来よりもおトクになったが、年会費が1,100円と倍に上がるので、利用頻度を考慮して、継続の検討を慎重にされたい。

予約のしかた、運賃の違いは、コチラ

「スマートEX」と「EX予約」(新幹線予約)違い【運賃料金比較・予約のしかた】

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です