「e特急券」利用体験:おトクに新幹線に乗車!【エクスプレス予約】

東海道・山陽新幹線では、特定のクレジットカードとネットを利用した「エクスプレス予約」(会費有料)を利用できる。所定の運賃・料金よりもかなりおトクに乗車できるのだが、以下のような制約・弱点があることを留意する必要がある。
その弱点をカバーするための一つの手段として、エクスプレス予約会員には、「e特急券」という解決法がある。本稿では、e特急券を利用して、ICカード乗車よりも安く乗車する方法をご紹介する。
本稿の趣旨は、1円でも運賃・料金を「安く」あげることである。早割料金を利用できればそれに越したことはないが、本稿はあくまでも所定ベースであることをお断りしておく。
なお、本稿はJR東海・JR西日本が運営するエクスプレス予約会員向けの記事のため、当該会員に入会する必要がある。

別稿だが、同じ区間を、「スマートEX」(会費無料)を利用してICカード1枚で便利に乗り降りしてみた。運賃・料金の差と乗り降りの利便性の比較については、コチラを参照されたい。

「スマートEX」利用体験(新幹線予約)【実乗】

エクスプレス予約の強いところ

・ネット予約が可能で、発券までの乗車変更が何回でもできること
・料金設定が、一般の所定運賃・料金よりもかなりお手頃な点(料金が通年同じ)

新幹線に定期的に乗車する場合には、利用しない手はない。

エクスプレス予約の制約・弱点

・有料会員であること(エクスプレスカードに入会するか、特定のクレジットカードを持つ必要がある)
・運賃計算上の特定市区内制度が、紙のきっぷと違い適用されないこと(在来線の運賃別払い)

つまり、クレジットカードを持たないと利用できない運賃・料金であり、また、東京・横浜・名古屋・京都・大阪等の市区内のJR駅から(まで)利用する場合等では、紙のきっぷよりも割高になる場合がある。

エクスプレス予約(・スマートEX)での運賃・料金の比較

その一例として、本稿では、東京都区内の駅の一つである赤羽駅(東京都北区)から、東海道線の吉原駅(静岡県富士市)に行くために、東海道新幹線を東京駅-三島駅間で利用する場合の運賃・料金を考えたい。

赤羽-吉原 154.5km 【自由席利用】(単位=円)

区間 乗車券(紙券)
+ e特急券(通年)
EX-IC
(通年)
スマートEX
(通常期)
赤羽-東京 [乗] 2,640
[e特] 1,760
 220  220
東京-三島  3,870  4,070
三島-吉原  420  420
合計  4,400  4,510  4,710

(2019年10月現在)

東京駅から吉原駅までは200kmを超えないので、東京山手線内が適用されるのだが、赤羽駅はその範囲外で、発駅から着駅までの乗車券になる。この場合でも、全区間を通しの乗車券にして、特急券として、エクスプレス予約会員専用料金のe特急券を利用するのが最安の値段となる
なお、上表でスマートEXを利用する場合、指定席を利用する場合はさらに高額となる。
一般化はできないが、新幹線の両端の区間に在来線を利用する場合には、通しの乗車券およびe特急券を購入する方が総額が最安になるケースが多いかと思う。

ただし、e特急券を利用する場合は、改札口をICカードで通過することはできずに、事前に紙のきっぷを受け取っておく必要がある。

総額の比較は、次の公式サイトで試算することが可能である。

スマートEX運賃ナビ(公式の試算ツール)
http://unchin-navi.jp/

エクスプレス予約運賃ナビ(公式の試算ツール)
http://ex-ic.jp/navi/member/index.html




e特急券の受け取り・実際の券面イメージ

新幹線に乗車する直前でもいいので、JR東海(・西日本)の駅で紙のe特急券を発券する。
発券には、決済をしたクレジットカードの現物を持参し、券売機ではネットにログインするのと同一のパスワードを入力してきっぷを受け取る。
もちろん、出発する駅で通しの乗車券を購入し、それで入場するのが前提にはなる。

今回のケースで購入した乗車券は、以下のものである。
券面上の経由が在来線になっていても、新幹線に乗車するのに問題はない。

新幹線の発駅で受け取ったe特急券の券面は、以下のとおりである。
指定席と自由席が同額なので、今回は指定席をとった。

紙のきっぷに引き換えると改札口をICカードで通過できなくなる。
紙のきっぷと同時に、クレジットカードのご利用票が発行されて、領収書として利用することができる。

そして、実際に乗車

さて、事前に受け取っておいたe特急券を利用して、赤羽駅から移動を開始した。
赤羽駅では、乗車券のみを自動改札機に入れる(この時点で特急券は必要ない)。

東京駅から、東海道新幹線に乗り換える。
この時点で、紙の特急券を受け取る必要がある。

新幹線への乗り換え改札口では、乗車券と受け取ったe特急券を重ねて入れる。

東海道新幹線の車両はシンプルで無駄がないかと思う。
こだま号でもN700系の車両で、快適に移動できる。

三島駅で、在来線に乗り換える。

JR東海の在来線の車両はデザインがシンプルだが、個人的には没個性的であるとも思えなくはない。

30分ほど乗車して、着駅の吉原駅に到着した。

おわりに

エクスプレス予約は、発駅と着駅の組み合わせによっては最安でない場合も多いが、e特急券を利用することで、総額を抑えることができる。
利用には紙のきっぷが必要で、今のところはICカードで通過できない。

料金面では、会費がかかり、一手間あるが、このエクスプレス予約が有利である。
ICカード1枚で乗車できる利便性を追求する向きには、別稿の「スマートEX」を利用することができる。

復路は「スマートEX」サービスを利用して、交通系ICカード1枚で乗車した。続きは、コチラをお読みいただきたい。

「スマートEX」利用体験(新幹線予約)【実乗】

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です