「スマートEX」利用体験(新幹線予約)【実乗】

本稿では、東海道・山陽新幹線の新しい予約・乗車システムである「スマートEX」サービスを実際に利用し、交通系ICカード1枚ですべての乗り降りができてしまう利便性の良さを共有する。
実際に移動したのが、発駅は、TOICAエリアである東海道線吉原駅(静岡県富士市)で、着駅はSuica首都圏エリアである東北本線赤羽駅(東京都北区)である。その間の三島駅から東京駅までを東海道新幹線に乗車した。

スマートEXの利便性

東海道・山陽新幹線の新しい乗車スタイルである「スマートEX」の最大の利点は、筆者個人的には、その利便性の高さにあると思う。何しろ、手元にある交通系ICカードがあればそのカード1枚で新幹線・在来線を問わずにすべての自動改札機を通過できるので、とにかくスムーズである。
予約もネットでできるし、変更も乗車直前まで自由で、きっぷを買うために駅で並ぶ必要なく、乗り遅れの心配がないのは大きい。
最安の料金ではないし、運賃制度面で大きな課題があるが、利便性だけで考えるとこのサービスに追随できるものはないと思う。

乗車するまでの事前準備

ICカードで実際に乗車するまでに行うこととして、大きく以下のことがあげられる。

    • スマートEXサービスへの登録

このサービスを利用するには、事前の利用登録が必要である(そのために、クレジットカードが必要)。登録がまだの方は、詳しくは、コチラの記事を参照いただきたい。

「スマートEX」(新幹線予約)【新規登録のしかた】

    • 列車の予約・購入

列車に乗車するまでに、列車の指定席の予約・代金の支払いを済ませなければならない。
自由席を利用する場合でも、乗車前に乗車区間を指定して代金の支払いを済ませなければならないが、その点が在来線とは違って一手間である。もし、事前の操作なしで新幹線の自由席に飛び乗りことができたら、文字通りどこにでもすぐに行けるようになる。

運賃・料金の比較検討、乗車前の予約購入

最初に断っておくが、スマートEXは、運賃・料金が最安のサービスではない
このサービスの大きなところは、ネット予約を利用できて、ICカード1枚ですべての移動が完結する利便性にある(と個人的に思う)。料金面を追求するならば、会費有料の「エクスプレス予約」に入会した方がよい。

詳しくは、コチラの記事を参照していただきたいが、本稿でも運賃・料金の比較表を再掲したい。

「スマートEX」と「EX予約」(新幹線予約)違い【運賃料金比較・予約のしかた】

下表から分かるように、乗車する区間によっては、ICカードで乗車するスマートEXよりも安い乗車手段があるので、利用前に留意していただきたい。

赤羽-吉原 154.5km 【自由席利用】(単位=円)【再掲】

区間 乗車券(紙券)
+ e特急券(通年)
EX-IC
(通年)
スマートEX
(通常期)
赤羽-東京 [乗] 2,590
[e特] 1,730
 216  216
東京-三島  3,800  4,000
三島-吉原  410  410
合計  4,320  4,426  4,626

(2017年11月現在)

この表は自由席利用の料金で、スマートEXの場合、指定席では、乗車シーズンによって繁忙期や閑散期の設定があるので、上記よりも高額となる。

列車に乗車する前に、ネット上での予約・購入が必要であるが、PCやスマートフォンのウェブブラウザもしくはスマートフォンの「EXアプリ」をダウンロードして、アプリ上から行う。
指定席ではもちろんだが、自由席に乗車する場合でも飛び乗りが可能ではなく、あらかじめ区間を指定して購入しておかなければならない。

EXアプリで予約が完了すると、以下の画面のように予約状況を表示できる。

(画像引用元:JR東海 スマートEX EXアプリの一部の画面)




実際に乗車して、使い勝手を確認した

在来線のTOICAエリアである吉原駅から三島駅、東海道新幹線に乗り換えて東京駅まで、そして在来線のSuicaエリア(首都圏)である赤羽駅までを1枚のICカードで自動改札を通過できた。
余談だが、吉原駅から東海道線を在来線だけで移動して赤羽駅や首都圏の駅までは同じエリアではないので、1枚のICカードで乗り降りすることはできない。1枚のICカードで完結するのは、間に新幹線が入ってのマジックといえる。

吉原駅の自動改札では、新たに調達したTOICAカードで入場した。

東海道線の在来線に乗車。特筆するところは何らない。

三島駅で新幹線に乗り換え。

新幹線との連絡改札を通ろうとしたら、特急券が登録されていないというエラーが表示されて、すぐに通過できなかった。
初めて利用する場合、交通系ICカードの登録が完全にできていないと、このように入場でつまづく。
新規登録時にしっかり登録するように留意していただきたい。

そして、ICカードの利用で無事に自動改札を通過した際に、EXご利用票が自動改札機から出てくるので、受け取った。

三島駅から東京駅までは、こだま号に乗車した。

のぞみ号に抜かされるために定刻よりも早く到着し、発車を待つ間の車掌さんの所作をたまたま目にしたのだが、車両の横に立つ姿勢が美しくて、プロフェッショナルだなと感じた。

発車してから東京駅までは1時間弱だったが、車内の各席にもスマートEXのステッカーが貼ってあった。(座席はN700系のもの)

東京駅で新幹線を下車。

在来線の乗り換え改札はスムーズに通過できて、上野東京ラインの電車に飛び乗った。

東京駅から15分で赤羽駅に到着。

IC専用の自動改札をスムーズに通過して、移動が完了した。

自動券売機で利用履歴を出力したら、この移動にかかわるものが表示された。TOICAエリアについては残念ながら駅名まで表示されなかったが、イメージしていただけるかと思う。

完全にペーパーレスと言ったらウソにはなるのだが、基本的に人手を介さないサービスで、気軽であるのは確かである。

まとめ

本稿では、ICカード1枚で新幹線を含む長距離の移動をイメージできるようにまとめたつもりである。
利便性をとったら、このスマートEXのサービスは革新的だと思う。
ただし、現在の運賃・料金制度とかみ合わない部分が残っているのが事実であり、特定市区内制度のねじれは大きな課題である。したがって、場合によったら、紙のきっぷを用意した方が合理的な場合がある。

将来的には、ICカード1枚で全国の鉄道を移動できるようになるのかなと予感してしまうサービスである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です