えきねっとトクだ値 2017年分の利用記録

2017年も今日で最後になったが、2017年にも、えきねっとのネット限定運賃、えきねっとトクだ値を何回か利用したので、その利用記録をここで振り返っておきたい。
本稿で挙げるのは、関東近辺の近場の目的地ばかりであるが、新幹線と在来線では価格設定が異なり、トクだ値による割引戦略がよく見えてくる。

競合交通手段のない新幹線の価格設定がずいぶん強気な一方で、高速バスとの競合がある在来線では大盤振舞な価格設定というのが、ざっくりと言えるところである。

新宿-鬼怒川温泉(東武鉄道)間 スペーシアきぬがわ号

トクだ値40(40%割引)

新宿・池袋駅から東武線の東武日光駅と鬼怒川温泉までを結ぶ特急電車、日光号と(スペーシア)きぬがわ号には、期間限定ながら、高率のネット限定割引運賃が存在する。
期間限定なので毎日は発売されていないものであるが、乗車日によって、今回のケースのように40%引きになる日と、20%引きになる日の2通りがある。席が空いていて、この料金の設定がまだある状態であれば、乗車日の前日までの予約でこの運賃を利用できる。

新宿・池袋駅などから向かう行きと、東武日光・鬼怒川温泉駅から帰ってくる電車の両方で利用できる運賃だが、帰りのきっぷはあらかじめ、JRの駅で紙のきっぷを発券(購入)しておかなければならないので、注意を要する。

この電車はJR線と東武線の相互乗り入れであるために、2社の初乗り運賃・料金が加算されて値段が高い。浅草・北千住駅からの東武特急の方が料金がずいぶん安いためであるが、新宿・池袋駅から乗車する場合は、このトクだ値運賃を活用してコスパを追求したいものである。

参考までに、それぞれの所定運賃・料金は、次のとおりである。
新宿-鬼怒川温泉:4,000円(JR・東武線)… 通常期の場合
浅草-鬼怒川温泉:2,990円(東武線)… 土休日通年の場合

これほど料金に差があるために、この車中であまり外国人の姿を見かけなかった。外国人旅行者は、思う以上に金額に敏感である。




東京-高崎間 MAXたにがわ号

トクだ値35(35%割引)【G】

乗車日の1か月前に予約した「お先にトクだ値」としての運賃である。お先にトクだ値は、乗車日の1か月前から13日前までの期間で、設定座席が売り切れるまでの間に予約購入できる運賃である(1か月前に瞬殺されることが多いので、事前予約をお勧めする)。
東京駅から高崎駅までの区間には、上越新幹線の(MAX)とき号、(MAX)たにがわ号と、北陸新幹線のはくたか号、あさま号が運行されているが、このトクだ値が利用できるのは、たにがわ号だけなので留意されたい。

東京発の行きの列車としてグリーン車に乗車してみた。普通車指定席(ハザ)と比較して1000円の上乗せで静かな車内に乗れるので、決して悪い体験ではないと思う。

高崎-上野間 MAXたにがわ号

トクだ値35(35%割引)【ハザ】

これも、出発1か月前に「お先にトクだ値」として購入した。
行きと同じMAXたにがわ号であるが、帰りは普通車指定席だった。

トクだ値利用だと、2階の座席を指定できない。1階席になってしまうのだが、車端部の階段のない席も指定可能である。ただし、ベビーカー利用の小さな子ども連れの乗客が利用することが多い座席であることを留意されたい。

新宿-松本間 スーパーあずさ号

トクだ値35(35%割引)

以前にも本ブログで紹介したのだが、中央本線の新宿駅と松本駅を結ぶ、スーパーあずさ号とあずさ号には、高率の割引運賃が設定されている。
中央高速バスとの競合路線なのだが、所要時間と快適性では列車に軍配が上がるので、鉄道をおトクに利用したいものである。
今回乗車したスーパーあずさ号の車両は、引退間際のE351系であった。かなり経年劣化した車両だったが、快適には過ごせた。

ネット上で前日までに予約を済ませれば35%引きのこの運賃が適用になるし、新幹線よりも設定席数に余裕があるのか、割と間際でも購入しやすいと思う。

松本-新宿間 スーパーあずさ号

トクだ値35(35%割引)

上記と同じ電車の、上りの電車である。
2018年には新型車両のE353系が導入されるので、この区間の乗車も快適になるだろうが、このトクだ値運賃の割引率にも今後影響してくるかもしれない。

東京-軽井沢間 あさま号

トクだ値10(10%割引)【ハザ】

この運賃は「お先にトクだ値」ではない、普通の割引率のトクだ値運賃で、10%引きである。出発前日まで予約購入できるが、北陸新幹線のあさま号のトクだ値が人気があるようで、設定席数が早々とこなれるようなので、早めに予約したい。

あさま号のトクだ値には普通車指定席とグリーン車の両方の設定がある。
お先にトクだ値の35%引きのグリーン車の運賃と、10%引きの普通車指定席の運賃が似たような金額になるので、旅程が早く決まる場合にはグリーン車を試してみるのもよいかと思う。

同じ区間を走るはくたか号には割引が設定されていないのが不便である。はくたか号に乗車する場合は割引なしの所定運賃・料金がかかるので注意されたい。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です