「ガンダムスタンプラリー」挑戦!【前編】(JR東日本東京支社管内)

2018年1月9日から、JR東日本の東京支社管内の駅で(東京23区内の大半のJR駅およびJR常磐線各駅停車などの一部の駅)、主題の「機動戦士ガンダムスタンプラリー」が始まった。よりによって、正月休み明けの閑散期のこの時期にこのような強力なイベントを打ってくるとは思ってみなかった。
東京支社管内の65駅に置いてあるスタンプをすべて集めると、秋葉原にある特設ゴールカウンターで、オリジナルガンプラがもらえるイベントである。とりあえず任意の7駅のスタンプを集めると、オリジナルステッカーがもらえるので、始めやすいかと思う。

筆者も、ラリー2日目の1月10日に、たまたまいつも利用する山手線の駅で実施していることを知って、早速スタンプ台紙の冊子をもらって、始めてみた。このラリーは来月2月27日までやっているのだが、筆者も頑張って全駅を制覇した!

新年早々乗り鉄のネタがないと思っていた矢先の、この大きなイベントである。真冬の時期に暇だと思っていたが、このタイミングで楽しいブログネタを提供してくれるJR様様である。。。

スタンプラリーのコスパはいかに

このスタンプラリーが開催されている駅は、東京23区内のJRの大半の駅と、東京モノレールの一部の駅、JR常磐線各駅停車の一部の駅とJR武蔵野線南流山駅の全65駅である。(千葉支社管内であるJR総武線浅草橋駅、また馬喰町駅より東側の駅では開催されていないので、注意されたい)。

ほとんどの駅の移動にはJR線を利用するのだが、羽田空港や南流山駅にアクセスするためには、京浜急行線やつくばエクスプレスを利用すると便利である。ただし、JR線以外を乗車するには、別に運賃がかかるので留意されたい。

全駅を1日でめぐるという強者には、土休日にめぐるのが条件ではあるが、「休日おでかけパス」大人2,670円(小児1,330円)を購入すると、このスタンプラリーの全駅で乗降が自由にできるので、便利でおトクである。
休日おでかけパスのフリー区間には、東京モノレールやりんかい線が含まれていて、効率的に動ける。

全駅制覇するためには、東京モノレールで羽田空港にアクセスしたり、常磐線で東京都外に出る必要がある。その区間は都区内パスの範囲外なので、常磐線と羽田空港は1日でまとめて攻略することにして、休日おでかけパスを利用すると、割安かもしれない。

すべての駅を1日で回るのは体力が必要なので、2日以上かけて23区内の駅をゆっくりとめぐりたい場合には、「都区内パス」大人750円、小児370円を利用すると大半の駅に乗り降りできて、おトクである。

土休日に1日で全駅を回れるのであれば、休日おでかけパスの1日分の運賃で制覇できるが、日数をかけたり連絡に別の鉄道会社を利用する場合、さらに費用が積みあがることになる。普通は4,000から5,000円くらいの結構な費用がかかるのかと思う。
それでも、その値段で65駅のスタンプを押せて、最後にガンプラがもらえれば、いい余暇にもなるし、コスパ的には決して悪くはないのかなと思う。

スタンプラリーのスタートは

まずは、2駅でスタンプラリーを始めた。
正月休み明けの平日だったので、普通のスタンプラリーでは主要な客層?である子どもたちの姿はほとんど見かけず、このスタンプラリーのターゲットである大人たちのための静かなイベントのスタートだったと思う。

筆者が1駅目として始めたのは、渋谷駅である。よく利用している駅なのだが、今日駅の改札口に行くまで気が付かなかった。
渋谷駅でスタンプを置いてある場所は、新南口の改札口の外側で、渋谷駅にしては静かなところである。
(余談だが、この新南口にある指定席券売機では、旧型の熱転写式のきっぷが発券される。きっぷの印字がきれいなので、近い将来なくなると思われるこの改札口がある今のうちにきっぷを発券してみよう。)

スタンプ台が置いてある場所には、スタンプ台紙が置いてあって、すぐに始められた。全部で20ページの豪華な冊子である。
スタンプラリーを始めてから最初の7駅目までは、2ページにあるスタンプ台紙にもスタンプを押そう。
それに加えて、5ページから14ページには各駅のスタンプが押せる。最初の7駅目までは、同じ駅のスタンプを2回押すことになるので、気を付けよう。

2駅目は、同じ山手線にある、にゃっぽりで有名な?日暮里駅である。
ここは改札口の外側にスタンプ台があって、すぐに場所がわかる。

日暮里駅では、スタンプ台のすぐそばに写真のようなポスターが張ってあって商売熱心なのだが、しっかりと都区内パスと指定席券売機がアピールされていた(汗)。他の駅にはこのようなPOPがあまりないので、この駅は例外的である。

ほどなく7駅制覇!

その翌日、2日目には、山手線の北側の駅、大塚駅から西日暮里駅の全駅を攻めて、ちょうど7駅制覇となった。
巣鴨駅には、「シャア専用ザク」のスタンプがある。スタンプ台の場所をあらかじめ調べておけば、それほど迷う駅ではないかと思う。

賞品のシールは、山手線のうぐいす色をしたガンダムの特製シールである。賞品のランクでいえば、参加賞といったところだろうか。

中央・総武線系統の19駅を攻略!

その次の日には、平日の夕方の時間帯を利用して、総武快速線の新日本橋と、中央線にある全駅の、計19駅を攻めた。これで、累積26駅となった。ここまできたら、ガンプラ狙いしかないが、現在戦略を練っている最中でる。

この日の開始駅となった新日本橋駅は、このスタンプラリーで攻めにくい駅のひとつで(新日本橋・尾久・南流山駅の3駅が攻めにくい曲者の駅である)、総武快速線を往復するのはちょっと苦痛である。東京メトロ銀座線の三越前駅を状況に応じて利用したい。

東京駅でスタンプを押してから西荻窪駅まで直行し、都心に1駅づつ戻ってきた。これだけで、約4時間弱を要した。

ラッシュアワーに逆行する形で進んだが、駅が混雑するのでスタンプ台が見つけにくい駅もあったので、平日にめぐる場合はその心づもりをされたい。

筆者の予想通り、いい歳をしたスーツ姿のおっさんたちがたくさん、こぞってスタンプを押しに来ていたが、意外なことに若い女性の挑戦者を数多く見かけた。

まだまだ続きます!

そして、コンプリートの日までに、攻めにくい尾久駅を別の日に攻略しておいた。

そして、コンプリートする決心がついたので、残りの39駅を週末に一気に攻めた。
→ コンプリート当日の様子は、コチラでご覧いただきたい。

Twitterにて、全駅制覇の軌跡を記録しました!
ハッシュタグ #yamanote0818g にて検索してください。

機動戦士ガンダムスタンプラリー公式ページ(JR東日本)
http://www.jreast.co.jp/gr2018/

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です