「Apple Pay Suica」をiPhoneで利用する詳細手順【カード取り込み・新規会員登録】

本稿では、「Apple Pay Suica」をiPhone上で利用できるようになるまでのプラスチックのSuica(ICカード)のiPhoneへの取り込みとSuicaアプリケーションでの新規会員登録の操作を、豊富なスクリーンショット画像とともに、ステップバイステップで手順をひとつづつ、わかりやすく説明していきたい。
筆者も、ようやくiPhone Xとビューカードを入手できたので、iPhoneはXを使用し、本稿での支払いカードにはビューカードを使用した。

スマートフォンのiPhone7/8/Xに実装されているApple Payの機能を利用して、JR東日本の交通系ICカードであるSuicaをiPhone上で利用することができる。また、ビューカードを保持することが条件ではあるが、iPhone上でオートチャージが完了し、カードレスで鉄道等を利用することができる。
iPhoneをかざして自動改札を通過できるのは便利で、一度利用したら手放せなくなるに違いないかと思う。

なお、本稿では、既存のSuicaカードをiPhone上に移行する場面を想定して、駅で購入した無記名のSuicaカードをiPhone上に取り込み、会員登録して記名式のMy Suicaとして利用できるようになるまでを取り上げることにする。
駅でSuicaカードを購入することは必須ではなく、iPhone上のSuicaアプリでも新規発行することができる。

作業前の事前準備

– iPhoneの機種の確認

本稿で紹介する機能を利用できるiPhoneは、Touch ID / Face IDが搭載されている、iPhone7 / 8 / Xである。
その他のiPhoneでは利用できない点を、まずはご留意されたい。

– 「Apple PayでのSuicaご利用ガイド」入手

JR東日本の駅に行く機会がある場合は、駅に置いてあるパンフレット「Apple PayでのSuicaご利用ガイド」をあらかじめ入手しておくことをお勧めする。
ウェブ上でもPDFをダウンロード可能であるが、表示が小さいので、紙のパンフレットを見ながら操作するほうが目が楽かもしれない。

– Suicaカードの準備(既存のSuicaカードもしくは新規Suicaカード)【オプション】

Suicaアプリ上でも新規カードの発行が可能なので、必須ではないが、既存のSuicaカードをiPhone上で引き続いて利用したい場合には、取り込むためにSuicaカードの準備が必要である。

もし新規でSuicaカードを準備する場合は、駅にある黒い多機能券売機でカードを購入する。
無記名式のSuicaカードを購入したほうが、名義上のトラブルがなくていいと思う。そのカードは、現金で購入しても、ビューカードで決済しても、どちらでも大丈夫である。

本稿では、ビューカードで決済した無記名Suicaカードを取り込んでいく。

– Suicaアプリのインストール

iPhone上のApp StoreでSuicaアプリを検索して、インストールを済ませておこう。

– ソニー製ICカードリーダー/SF Card Viewerの準備【オプション】

etaxなどの用途でICカードリーダー(パソリ)をお持ちの方は、iPhone Suicaの履歴をパソコンにCSVファイルとして残すこともできる。必須ではないが、データの取り込みが必要な場合は便利である。




SuicaカードのiPhoneへの取り込み手順

本稿でのすべての操作画面は、iPhone X(Face ID)のものであることを留意されたい。

(1) iPhoneのWalletをタップして表示された最初の画面で、[カードを追加]をタップする。

(2) Apple Payの画面が表示されたら、[続ける]をタップする。

(3) 「カードの種類」という画面では、[Suica]を選択する。

(4) 「Suicaを追加」という画面で、Suica ID番号を入力する。例えば、「JE303 1234 5678 1214」というカード番号がカード裏面に印字されていた場合、ここでは、「1214」を入力して、[次へ]をタップする。
取り込むカードが記名式のSuica、もしくはSuica定期券の場合は、生年月日の入力も必要。

(5) 利用条件の画面(ICカード乗車券取扱規則)が表示されたら、一読して、[同意する]をタップする。

(6) 利用条件の画面(特定の携帯情報端末におけるSuicaサービス取扱特約)が表示されたら、一読して、[同意する]をタップする。ここで、特定の携帯情報端末とは、iPhone7/8/XおよびApple Watchを指す。取り込んだSuicaカードは無効になる旨の記載がある。

(7) 「カードを転送」という画面が表示されたら、iPhoneの背面上部に取り込みするSuicaカードをつける。カードは、作業中指で押さえつけておくことをお勧めする。

(8) 「転送中」の画面が表示されるが、カードを離さないように注意する。

(9) 「カードの追加」という画面が表示されたら、取り込み成功である。取り込んだSuicaカードは、デポジット分もSF(チャージ分)として取り込まれ、カードそのものは無効になるので、処分可能である。

(10) 取り込んだカードが、自動的にエクスプレスカードに設定される。
エクスプレスカードとは、iPhoneを自動改札にかざすだけでTouch/Face IDなしに読み取られるモードであるが、解除したい場合は、設定で作業を行う。

(11) カードの残高が表示されるので、正しいかどうか確認する。この例では、デポジット分500円と元々のチャージ分(SF)500円の合計1,000円が残高として登録されている。

(12) Walletにおける当該Suicaのご利用明細には、次のように利用履歴と現在の残高が表示されて、確認できる。

(13) パソコンでSF Card Viewerで取り込む前のSuicaカードを読み込んだ画面。チャージ分として500円分が認識されている。

(14) カード取り込みが済んだiPhoneをSF Card Viewerで確認すると、1,000円分がチャージ分として認識されている。

SuicaカードのiPhoneへの取り込みエラーが発生!

上記手順の(8)でカードの取り込みを行っている際に、以下のエラー画面が表示されることがある。

今回の場合、テーブル上にSuicaカードとiPhoneを置いて作業したら、このエラーが表示された。
取り込みは結構デリケートな作業なようなので、金属や磁気からは遠ざけて作業しよう。

この段階ではアップルからのサポートも、JR東日本からのサポートも受けられないので、留意されたい。
この段階でのサポートの弱さを何とかしてほしい。

モバイルSuicaの会員登録・オートチャージなどの設定手順

上記手順でWallet上でのSuicaカードの取り込みが完了したら、次に、Suicaアプリ上で会員登録を行う。
この会員登録を行わないと、ビューカードでのオートチャージやJR東日本のサポートを受けられないので、会員登録しておくことをお勧めする。
この会員登録を済ませると、無料でiPhone版のモバイルSuicaに入会したことになり、モバイル特急券やグリーン券をiPhone上で購入できるようにもなる。

(1) Suicaアプリを開く。
(2) 初期画面右下隅にある[チケット購入・Suica管理]をタップする。

(3) ようこそ画面が表示されたら、画面下の[会員登録]をタップする。

(4) 以下の画面が表示されたら、[同意する]をタップする。

(5) 会員登録に必要な情報である、メールアドレスおよびパスワードを入力する。済んだら、[完了]をタップする。

(6) 「アップグレードが完了しました」というメッセージが表示されたら、会員登録が成功である。

(7) 初期画面上で、[グリーン券]と[SF履歴]がタップできるようになっている。ここでは、設定を続けるので、[チケット購入・Suica管理]をタップする。

(8) Suicaの表示名称を変更することができる。変更するには、[Suicaの名称変更]をタップする。

(9) 変更したい名称を入力する。

(10) 正しく入力できているかを確認して、[登録する]をタップする。

クレジットカードの登録・オートチャージの設定手順

(11) チャージをはじめ、購入するためにはクレジットカードの登録が必要である。登録するには、上記(8)の手順で、[登録クレジットカード情報変更]をタップする。
(12) 「クレジットカード情報登録入力」の画面が表示されたら、カード番号と有効期限を入力して、[次へ]をタップする。

(13) セキュリティコードを入力して、[次へ]をタップする。

(14) 正しく入力できているかを確認して、[登録する]をタップする。

(15) 登録したクレジットカードがビューカードの場合は、オートチャージの設定が可能である。次の画面で、[オートチャージ設定]をタップする。

(16) 「オートチャージ設定変更」の画面が表示されたら、[オートチャージ申込/変更]をタップする。

(17) 「オートチャージ同意確認」の画面では、規約を読んで同意できる場合は、[同意する]をタップする。

(18) オートチャージする残額とチャージ金額をそれぞれ千円単位で設定する。(デフォルトは、残額1,000円で3,000円オートチャージ)

(19) 画面の内容を確認して、問題なければ[申込/変更する]をタップする。

(20) オートチャージの設定が完了する。

***

以上で初期設定が完了し、iPhone上でSuicaが利用可能になる。

次の手順である運賃のチャージ方法、エクスプレスカードの設定方法、Suicaの払い戻しについては、コチラを参照されたい。

「Apple Pay Suica」をiPhone上で利用する詳細手順【チャージ・改札通過・払い戻し編】

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です