「Apple Pay Suica」でSuica定期券を利用する詳細手順【新規・継続】

本稿では、iPhone 7/8/Xで利用できる「Apple Pay Suica」の機能で、iPhoneを通勤定期券として利用する細かな手順を共有したい。手順一つ一つを豊富なスクリーンショット画像を使用して、わかりやすく説明しようと思う。

Suica定期券をiPhone上で利用する方法として、WalletとSuicaアプリケーションの2つがあり、既存のICカードのSuicaを取り込むことも可能であるが、本稿ではSuicaアプリケーションを利用して、そのアプリ上で新規に定期券を発行する方法で進めたい。

Suica定期券を利用できる対象(Apple Payでの)

iPhone上で購入できるSuica定期券は、通勤定期券(グリーン定期券を含む)および通学定期券(大学生・専門学校生のみ)の大部分のパターンである。
すぐに購入して利用を開始できるのは、誰でも購入できる通勤定期券のみである。通学定期券や二区間定期券は利用可能ではあるが、JR東日本のコールセンターを介して申し込みが必要で、少々煩雑なのが事実である。

JR線内で完結する定期券だけではなく、JR線と他の地下鉄や私鉄の区間を含むSuica定期券も「Apple Pay Suica」として利用できる。JR線を含まない純粋な私鉄線内の定期券は対象外である。

定期券は普通のSuicaとは違い、乗車する経由路線を指定して購入しなければならないのだが、iPhone上で表示される経路数が限られているので、区間によってはコールセンターに連絡する手間がかかるのかなと考える。

従来のモバイルSuicaとは購入できる定期券の種類が異なるらしく、従来の機種で購入できる新幹線定期券がコールセンターを介さないと購入できないなど、使い勝手にはだいぶ違いがありそうである。

現状で気軽に利用できるのは、通勤定期券のみと考えたほうがよさそうである。
定期券については条件が複雑で、1記事では説明しきれないので、詳細についてはJR東日本のQ&A集を参照されたい。

Suica定期券を利用するための準備

iPhone 7/8/Xの「Apple Pay」機能を利用してSuica定期券を購入するのだが、WalletもしくはSuicaアプリケーションにクレジットカードを登録する必要がある(ICカードから取り込む場合は、その段階ではクレジットカードは不要)。
JR東日本のサポートを受けたり、定期券の払い戻しをする場合には、Suicaアプリケーションの登録をしていることが前提なので、本稿で進めるSuicaアプリケーションの利用を勧める。

ICカードのSuicaの取り込み方法、Suicaアプリケーションの登録方法については、筆者の別稿の記事を参照していただきたい。→ コチラ

「Apple Pay Suica」をiPhoneで利用する詳細手順【カード取り込み・新規会員登録】




Suica定期券の新規購入の手順

本稿でまず紹介するのは、Suicaアプリケーション上でSuica定期券を新規発行し、通勤定期券を新規購入する手順である。

(1) iPhone上でSuicaアプリケーションを開き、Suica一覧画面の右上隅にある(+)をタップする。
(2) 以下の画面が表示されたら、画面下の[発行手続き]をタップする。

(3) Suicaの名前を決めて入力する。自分でわかりやすい名前を自由に決めて入力すればよいと思う(本例では、「定期乗車券用」としてみた)。
同時に、クレジットカードをここで登録する(既に登録している場合には、そのクレジットカードが表示される。)

(4) Suica定期券にSF(電子マネー)をチャージするかどうか指定する。Suica定期券で定期券の区間外に乗り越しする場合には、ここでチャージしておくと便利である。

(5) ここでいうSuica定期券は、「モバイルSuica定期券」のことなので、そのまま次に進む。

(6) 通勤定期券か、グリーン車に乗車できるグリーン定期券のいずれかを選択して、次に進む。

(7) そこで、[注意事項]をタップすると、いくつかの留意点が表示されるので、初めての場合は目を通しておこう(改札口の中に入っている時には操作ができないことなど)。

(8) 乗車駅(=JRの駅)、降車駅(連絡会社の駅を指定可能)、経由駅を5つまで入力する。経由駅をなるべく多く入力したほうが、自分の思っている経路を呼び出しやすくなるかと思う。

(9) その画面にある[入力方法のご案内]をタップすると、以下の画面が表示される。コールセンターの電話番号も表示されている。

(10) 次の「定期券利用駅選択」の画面では、乗車駅と降車駅の候補が表示されるので、プルダウンリストの中から正しい駅を選択する。

(11) 「定期券利用経路選択」の画面では、経由路線が表示される。駅にある指定席券売機で定期券を購入する場合は経由路線が多く表示されるが、iPhone上では、この場合は3経路しか表示されなかった。表示外の経路を選択したい場合には、表示されているコールセンターに連絡する必要がある。

(12) 使用開始日と、定期券の期間を指定する。14日後までの日付を指定可能である。

(13) 決済直前の最終確認画面が表示される。区間、有効期間、経由路線などを確認して問題なければ、登録しているクレジットカードで決済を行う。(Apple PayのWalletに登録しているクレジットカードでも決済が可能である。)

(14) Walletの画面が表示されて、有効期間、期間、入力したSuicaの名称および区間が表示される。

(15) 決済を行うために、カード会社に問い合わせる旨表示される。

(16) ここで、Suicaの利用条件画面が表示されて、[同意する]をタップする。(この画面が表示される順番が遅い。もっと早い段階で、せめて確定する前に同意できればいいのだが。)

(17) 「カードを追加中」というWalletの画面が表示される。

(18) 処理が完了して「カードの追加」の画面が表示されたら、[完了]をタップする。

(19) Wallet上での手順が完了して、以下の通知が表示される。

(20) 完了の画面が表示されたら、[OK]をタップする。

(21) Suicaアプリケーション上のSuica一覧に、今購入した定期券が表示される。区間と有効期限が正しいことを確認しよう。

(22) 同じ定期券をWalletで見てみると、SFの残高と定期券の区間が表示される。

(23) 画面右下の(i)をタップすると、Suica定期券の情報が表示される。(定期券の継続購入は、この画面から行うこともできる。)

(24) Suicaアプリケーション上で定期券の詳細を見ると、従来のカードの定期券と同じ情報が表示される。定期券の券番と経由駅については、この画面だけでみられる。

Suica定期券使用中の画面

(1) 改札口から入場する前に、iPhoneの電源ボタンをダブルクリックすると、Suicaアプリケーションが表示されて、Face IDもしくはTouch IDで認証される。

(2) 認証が完了すると自動改札機にiPhoneをかざせる状態になる。

(3) 改札口から入場すると、「交通機関(移動中)」の通知が表示されて、電車乗車中には通知が表示されたままの状態になる。

(4) 出場駅の自動改札から出場すると、違う通知がされ、差し引かれた金額が表示される。画面のように、Suica定期券の区間内で出場した場合には、支払いが発生しない旨表示される。(画面の例では、Suica定期券にSFのチャージを行っていない。)

(5) Wallet上には、上の通知と同じ情報が表示される。

(6) Wallet上のご利用明細には、自動改札を入出場した場所と時刻、差し引かれた金額が表示される。

Suica定期券の継続購入の手順

一度Suica定期券を購入してしまうと、同じ乗車区間での定期券の継続購入は至って簡単なものである。
本稿では、Suicaアプリケーション上で継続の手続き・購入を行うこととしたい。

定期券の更新については、Wallet上から行うことも可能だが、Apple Payにクレジットカードが何も登録されていないと以下のエラーが表示されるので、その場合は、Suicaアプリケーションを利用しよう。

(1) Suicaアプリケーションを開き、Suica一覧で継続購入したい定期券を表示させてから、画面右下の[チケット購入・Suica管理]をタップする。

(2) 「チケット購入・Suica管理」では、上から3番目の[定期券]をタップする。

(3) [モバイルSuica定期券]をそのままタップする。

(4) 「定期券購入・変更・払戻」画面が表示されたら、[継続購入]をタップする。

(5) 現在の定期券の内容が表示される。確認してから、次に進む。

(6) 定期券の期間を選択する。

(7) 決済直前の最終確認画面が表示される。区間、有効期間、経由路線などを確認して問題なければ、登録しているクレジットカードで決済を行う。(Apple PayのWalletに登録しているクレジットカードでも決済が可能である。)

(8) 決済が完了すると「定期券購入完了」画面が表示される。定期券の新しい有効期限を確認しよう。

(9) Suicaアプリケーションの「Suica一覧」に戻ると、定期券の有効期限が更新されていることを確認できる。

(10) 「Suicaの詳細」画面でも、有効期間と券番が変わっていることがわかる。

(11) Walletでも、新しい有効期限を確認することができる。

おまけ

Apple Pay(アップルペイ)とApple Pie(アップルパイ)とを単にかけたしゃれである(笑)
定期券には関係なく、他意ないので、どうぞご容赦いただきたい。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です