小田急ロマンスカー「ふじさん」号 乗車体験:ちょっと変わったきっぷたち

小田急線の新宿駅とJR御殿場線の御殿場駅を結ぶ特急ロマンスカーが、2018年3月17日から「あさぎり」号から「ふじさん」号へ名称が変更になった。電車の運行形態や運賃・料金額には変更は特にないのだが、小田急線が複々線化されたことと、名称が変わったということで、ダイヤ改正2日目の日曜日に、早速ふじさん号に乗車して出かけてみた。

小田急ロマンスカー「ふじさん」号の概要

特急ロマンスカーふじさん号は、小田急新宿駅と御殿場駅を1日3往復(平日)・4往復(土休日)運行されていて、途中の松田駅にある小田急線と御殿場線の渡り線を通って、相互乗り入れされている。
日本語での列車名称も「ふじさん」号と観光を意識した大胆なものだが、英語では「Mt. Fuji」ともっと挑戦的である。世界遺産の富士山であっても今はマイナーな御殿場口だが、これから富士急行の富士吉田口に切り込んでいけるかどうかであろう。
2018年3月の小田急線複々線化で変更された点は、電車の名称以外は特に変わった点はなく、車両や所要時間に大きな変更はない。

この電車を利用すると、静岡県駿東地区の御殿場だけではなく、裾野、沼津、富士市近辺からは新幹線よりも運賃・料金が手頃ということもあって、移動手段としては便利で有用であると思う。かつては御殿場線経由で沼津駅まで乗り入れていたが、なくなってからもう久しく、今はマイナーな経路になってしまった。

かつて御殿場線を走っていたJR東海の371系車両が、現在では富士急行線で走っているのが、皮肉ではある。

きっぷの買い方がちょっとややこしい

運賃・料金は小田急線とJR御殿場線の両線を走る関係で、両線をまたがって乗車した場合の特急料金が1,530円(新宿駅発着)と、ロマンスカーの特急料金としてはちょっと高い。

小田急線とJR東海の御殿場線にまたがって運行される電車なので、きっぷの買い方がちょっとややこしい。
2019年現在、小田急電鉄のサイトからロマンスカーのネット予約が全面的にできるようになったが(特急券のみ)、ネット予約ができない場合は駅または旅行会社で特急券を購入しておかなければならない。この列車のきっぷ(特急券・乗車券)を購入する場所によって、さまざまな様式のきっぷが発券されるのが、この電車の興味深いところである。そんなきっぷたちを以下の紹介していきたい。

また、JR御殿場線にまたがって乗車する場合、交通系ICカードが使用できないので、それゆえ紙のきっぷ(乗車券)を買っておかねばならないわけである(PASMO-Toicaのエリア跨りになるため。ただし、松田駅はJR東海の駅だが、ICカードは松田駅から小田急線方面のみ利用可能と駅員さんがおっしゃっていた)。

この電車に限らず、小田急ロマンスカーはJR東海御殿場線や東京メトロ千代田線に乗り入れている関係で、きっぷの買い方がややこしい点があり、それゆえ変わったきっぷをしばしば見受けるわけである。

余談だが、ロマンスカーふじさん号のきっぷは、JR東日本の駅では購入できない




小田急線発下り「ふじさん」号のきっぷ

小田急新宿駅などの小田急線内の駅から、下りのふじさん号に乗車し、JR御殿場線内まで利用する場合のきっぷの買い方だが、特急券・乗車券とも紙のきっぷを駅で買っておく必要がある。(ただし特急券については、ネット予約でのチケットレスがクレジットカード払いで可能。また、旅行会社では乗車券を扱っていないケースが考えられる。)
ICカードで乗り越してしまった乗客を御殿場駅の改札口で何人も見かけたが、全額現金精算が面倒臭く見えた。

乗車券はもちろん御殿場駅まで1枚のきっぷで買うことができる。かつて沼津駅まで乗り入れていた名残から、現在でも静岡県内のJR東海の駅まで通しの乗車券を購入できることになっているのだが、小田急線の駅では一筋縄ではいかないようである。

購入した特急券は、小田急のMSR端末で発券されたごく一般的なものである。JRのマルス券とは違って、特急券と乗車券が必ず別々の紙券として発行される。

JR東海のある駅まで乗り通すことを想定した乗車券を今回購入したのだが、現在端末では発券できないパターンで、手発行のきっぷが発行された。現金限りの決済になるので、ちょっと不自由であるが、きっぷの券面としては興味深い。
JR東海にまたがって乗車する場合、乗車経路を指定して乗車券を購入するため、経由によっては端末で対応できないケースがあるようである。
この手のきっぷの発券は正当事由(つまり鉄道会社都合)であっても発券を渋られることが多いのだが、今回は快く発券してくれた。小田急はこのへん、紳士的な対応だと思った。

このきっぷの場合、有効期間が2日間となって途中下車ができるパターンなので、分割購入してしまうと乗客にとっては不利益である。

「ふじさん」1号に実乗!

1号:小田急新宿駅 6:40分 →(小田急線・JR御殿場線経由)→ 御殿場駅 8:13分

早朝の小田急線の新宿駅。複々線化完了したての華やかな雰囲気の構内では、新型車両GSEが宣伝されていた。

改札口で乗車券を呈示したら、一瞬固まったものの、対応はよくて「いってらっしゃいませ」と声をかけてくれた。
ふじさん1号は、ロマンスカーの中では始発である。

6:27分に電車が入線してきた。新宿方の車両の先頭部のデザインは、のっぺらぼうな感じである(車両の併結を行う関係のデザインだと思う)。

反対の御殿場方から見た車両のデザインは、かなりgoodである。

車両の行先表示LEDに表示された「特急ふじさん」の文字が新鮮である。

下り電車の行先は、御殿場行きである。

平日は通勤客が利用しそうな電車であるが、この日は日曜日だったため、若干の用務客だけの乗車でとても空いていた。少なくとも観光客が大勢乗車して、という雰囲気ではない。

車内の行先表示にも、「ふじさん1号」の文字が。

小田急ロマンスカーらしい発車直前の素敵な案内放送が流れてから、定刻で電車が発車。
車内販売がなく、飲料の自動販売機があるだけなので、車内がとても静かである。
1時間ほどで松田駅に着き、御殿場駅にも定刻の8:13分に到着した。

御殿場駅にある自動精算機は、首都圏からのICカードの精算もできる優れものだが、このふじさん号の乗車券の精算はできないと書いてある。

JR御殿場線発上り「ふじさん」号のきっぷ

JR線内からふじさん号に乗車する場合にも、紙のきっぷとして乗車券と特急券を購入しておかなければならない。
ICカードはエリア外で使用できないし、小田急のネット予約ができても受け取りができない地域だからだ。
小田急線の駅で事前に帰りのきっぷを買っておくこともできるが、多くのケースはJR東海の駅で当日購入するパターンだと思う。

今回は、通しの乗車券と特急ふじさん号の特急券をJR東海のある駅で購入した。また、特急券だけを御殿場駅で購入してみた。
乗車券はマルス端末で難なく発券されたきっぷで、自動改札機にも通せるので、行きのきっぷが何だったんだという話である(このきっぷを買えるかどうか、JR東日本の都心の駅で聞いてみたが、断られたので、現地で買ったほうが良いかと思う)。
途中下車の時にも、JR東海線内は自動改札機に通せる。

JR東海の駅でふじさん号の特急券を購入すると、以下のような券面となる(ただし、御殿場駅は後述のとおり例外である)。
この席の割り当てが特殊で、この時の場合は、1号車の大部分の座席がJRのマルスシステムに割り当てられているようである。
特急券の席番と、シートマップの場所が一致しているからである。
ふじさん号を含むロマンスカーのシステムが小田急側の管理のために、一定の席数をあらかじめJR側に割り当てているようである(一方で、下りはこのような割り当ては特にみられないようである)。

シートマップを見ると、1号車の5番以降の座席がネットで指定できないので、この区画がごっそりJR割り当て分だと推測できる。

御殿場駅で特急券を購入する場合、これもおもしろいきっぷが出てくる。JRのマルス券が特急券の本体で、座席指定だけは小田急のMSR端末を使用しているので、作業が煩雑に違いないのだが。。。

指定券(指のみ券)は、JR東海の乗車券用紙上に小田急様式の特急券情報が印字されているのだが、このような発券形態は全国でここだけだと思う。

2号車以降のシートマップで見る通り、御殿場駅発券分は一般の座席枠であると推測できる。

窓口に貼られていたふじさん号の御殿場駅発の時刻表である。

「ふじさん」4号に実乗!

4号:御殿場駅 12:48分 →(JR御殿場線・小田急線経由)→ 小田急新宿駅 14:27分

昼下がりの御殿場駅。時間帯があまりよくないのか、ロマンスカーにしてはとても空いていた。
JR東海の発車表示板のLEDの色が緑で、見にくいように感じるのは筆者だけであろうか。「新宿」の文字が輝いて見える。

ホームに下って行ったらすでに列車が入線していた。新宿行きの先頭部は、やはりのっぺらぼうな風貌。

最後尾は、格好いいデザインである。

特急ふじさん4号の行先表示のLED。まだ改称2日目なので、新鮮な表示である。

乗車位置の案内表示は、結構地味であるが、とても新しい。

この日のふじさん4号は満席ではなかったので、そのためか、1号車のマルス割り当て分の座席には、松田駅で若干の乗客が乗車した他は、小田急線の途中駅で乗客が乗ってくることはなく、終始静かな車内だった。
新百合ヶ丘から新宿に向かうのがノロノロ運転だったのだが、それでも定刻の到着だったので、ダイヤの問題かと思った。複々線化が完了しても、特に代々木上原駅では上り電車の渋滞が発生するのかなという印象を持った。

松田駅からのきっぷはこんな感じ

日を変えて改めて、同じ電車に松田駅から乗車してみた。
特急ふじさん号の上り電車をJR御殿場線の松田駅から乗車する場合、実質的に小田急線内のみを乗車することになる。JRの駅舎から電車が出発するので、JRの駅で特急券と乗車券を購入することができる。
その場合、JRのマルスシステムに割り当てられている座席をとって、指定券(指のみ券)が発行されるのだが、自動改札を通れない12cmのサイズの大型の券になる(JR線を全く含まない社線のみの駅間の場合のシステムの仕様)。特急券本体は硬券の常備券が用意されていて、指のみ券とセットで1組の特急券になる。

硬券は形式的に付いているに過ぎないが、他では決してみられない様式の珍しさ・美しさがある。

本稿では、硬券の乗車券は掲載しないが、松田駅から乗車する場合に限っては、Suica・PASMOを使用できるようになっているとのことだった。
JR松田駅と小田急の新松田駅は隣接していて、実は新松田駅で同じ内容の特急券と乗車券を購入できることを初めて知ったのだが、特にJRの北口駅舎は歩いて距離がある。乗客への利便性確保と合理的配慮として、JR駅での乗車券類発売を今後も継続してもらいたいものである。

今回使用したきっぷ

購入方法が複雑な分、乗車券類の様式が多様で興味深い。

***

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

One Reply to “小田急ロマンスカー「ふじさん」号 乗車体験:ちょっと変わったきっぷたち”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です