小田急ロマンスカー「メトロえのしま」号の特急券購入・乗車体験

東京メトロ千代田線に乗り入れている小田急ロマンスカーだが、2018年3月17日から「メトロえのしま」号がそのラインアップに追加され、北千住駅(東京都足立区)から片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)まで特急電車1本で向かえるようになった。
メトロえのしま号は土休日限りの運行であるが、ターゲットの乗客イメージは、常磐線・千代田線沿線の乗客で、日帰りで江の島・鎌倉地区に遊びに行くという人たちであると思われる(後述するが、実際は小田急線内のみの利用者が意外に多かった)。

この「メトロえのしま」号は、箱根湯本駅(神奈川県箱根町)まで走行する「メトロはこね」号に連結されている。筆者は本来、「メトロはこね」号に乗車しようと思っていたのだが、ほぼ満席で思ったように予約できなかったので、まだ席が空いていた「メトロえのしま」号に乗車することにした。当初、途中の相模大野駅まで乗車するつもりであったが、結局終点の片瀬江ノ島駅まで乗車した。

本稿では、今回「メトロえのしま」号に乗車した時の様子および、行先変更に伴って購入したきっぷについて綴っていければと思う。

(駅にあった販売パンフレット)

特急券はネット予約し、メトロの駅で引き換え

今回は東京メトロと小田急線内の行程であるが、メトロはこね号が混んでいることもあったので、念のために座席をネットで予約しておくことにした。ネット予約は、次のサイトでできる。

https://www.web-odakyu.com/e-romancecar/

乗車前日現在の空席状況は、朝一番のメトロはこね91号が△で残席が少ない状況、メトロえのしま91号は〇でまだ空いている状況であった。春休み真っ最中ということもあったが、土休日午前中の箱根湯本行きの特急電車は、なかなか手ごわいものだ。

クレジットカードで決済する場合はそのまま乗車すればよいのだが、現金で精算する場合は、事前に駅の窓口か券売機で事前にきっぷを引き取る必要がある。
今回は現金で特急券を購入することにしたが、小田急のサイトでネット予約したきっぷを東京メトロの駅で引き取ることができるか疑問であった。
結果は、この電車の乗車駅にある券売機(始発の北千住駅では、改札内の駅事務所でもOK)で、予約番号と電話番号があれば引き取りできることが判明。メトロ線内の駅でスムーズに引きとりができた。ただし、券売機や窓口の数が少ないので、時間には余裕をもちたい。

北千住駅で引き取った特急券の券面は、小田急の駅で発行されるもの(赤い乗車券用紙)と全く同じ様式だが、東京メトロでは青い用紙が使用されているので、いつもと違った感じである。




「メトロえのしま」号乗車時の様子

91号:北千住駅 8:34分 →(東京メトロ千代田線・小田急線経由)→ 片瀬江ノ島駅 10:12分

3月最終日曜日は一日中快晴で、日中は暖かくなって、大分人出が多くなった日だった。
朝一の北千住駅。電車発車の20分ほど前に北千住駅に着いた時にはまだ静かなほうであった。

まだまだ発車時刻に時間があるので、しばらくホームで待機。普通電車の発車時刻には多くの乗客で混んでいたが、まだ朝だったので、発車後には人が引いて、混み方はそれほどでもなかった。

電車への乗車口はすべての車両で開くわけではなく、一部の号車のドアしか開かない。
メトロえのしま号は進行方向後方の4両(7-10号車)で、北千住駅では綾瀬駅方のほうで電車を待ち合わせた。7・8号車と9・10号車で乗り場が2か所になる。

8:30分に先発の普通電車が発車してから、ホームの発車表示板の先発電車が、メトロはこね号・メトロえのしま号に変わり、いよいよロマンスカーの車両を待つ状態になった。

8:31分に電車が入線。小田急ロマンスカーのMSE(60000系)の車両が10両編成で入線した内、前方6両がメトロはこね号の箱根湯本行き、後方4両がメトロえのしま号の片瀬江ノ島行きである。

9・10号車へは、9号車から乗車。

メトロえのしま91号の表示が目新しい。

片瀬江ノ島行きの表示を千代田線内でみるのは、まだ新鮮である。

北千住駅からメトロえのしま号に乗車する人は数えるほどで、車内はほとんど人がいなかった。片瀬江ノ島行きがまだ浸透していないので、当然の結果だと思う。車内販売はなくて、飲み物の自動販売機が車内にあるだけである。
車内は木目調のシックなデザインで、筆者個人的には好みである。

北千住駅を定刻通りに発車してから停車したのは途中大手町駅、霞ヶ関駅、表参道駅(乗車のみ)で、途中で普通電車を追い抜くこともなく、9:10分頃に代々木上原駅(東京都渋谷区)に到着。運転停車で乗務員だけが乗り降りして、すぐに小田急線内に進入。
出来立ての複々線の線路を走って、すぐに成城学園前駅(東京都世田谷区)に到着。小田急線内に入ってから乗車する客が多く、千代田線内では空いていた車内の座席が少しづつ埋まってきた。

次に停車する相模大野駅で、メトロはこね号と切り離して、江ノ島線に進入。相模大野駅(相模原市南区)からも結構の乗客が乗ってきて、結局座席がかなり埋まっていた。
江ノ島線に入ってから20分足らずで、藤沢駅に到着。進行方向が変わって、格好いいほうの車端が先頭車になったのでgood。

藤沢駅を発車してからわずか6分で終点の片瀬江ノ島駅に定刻に到着。大勢の乗客が江ノ島に向かっていった。

日中江ノ島界隈で遊んだとして、夕方北千住に向かうメトロえのしま90号が設定されているので、時間が合えば利用できるかと思う。

行先変更で購入した車内特急券(補充券)

車内で特急券を購入した場合の流れがどのようになるかを今回知るために、特急券を途中までしか購入していなかったが、そのような目的なので、まずは、ご容赦いただきたい。

特急券を購入しないで乗車してしまった場合、千代田線内から乗車した場合は本来の特急料金にプラスして410円が加算される上、座席を指定してもらえないので、混んでいる時はかなりリスキーである。
そんなわけで、特急券を車内で購入するのは、基本避けたほうが良いと思う。

今回限りで、乗り越しとして特急券を別に購入する格好になったが、この日は満席ではなかったので、座席を指定してもらえた。
ただし、乗り越した場合の特急料金は差額精算ではなく、乗り越した区間の料金を別途支払う形になる(乗り越しの場合は、車内加算はない)。

小田急線内に入ってから発行してもらった車内特急券の裏面を見ると、今述べた特急券のルールがよくわかる。千代田線内で乗り越しを申し出たのだが、小田急線に入ってからの対応になったので、東京メトロの車内券は目にすることができないかもしれない。

特急券を持たない場合は車内料金の加算(無急)、乗り越しの場合は別途購入(別途)のルールが記載されている。
個人的には、このような流れだと何かと面倒なので、特急券はあらかじめ乗車区間を買っておきたいと思う。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です