「タッチでGo!新幹線」ICカードで新幹線乗車【利用登録・乗車の仕方】

2018年4月から、東北・上越・北陸新幹線の首都圏内の一部区間で、交通系ICカード1枚で普通車自由席に乗車できる新しいサービスが始まった。「タッチでGo!新幹線」という名称のサービスである。このサービスによって、会員登録やクレジットカードなしに、新幹線の自由席に運賃チャージでスムーズに乗車できるようになった。
従来モバイルSuica会員や定期券乗客にしか開放されていなかったチケットレスの乗車サービスが、今回一般に広く開放されたのは大きい。

サービスが開始されたばかりの現在では、次の区間のみで利用できるに過ぎないので、対象となる乗客層はかなり限られると思われる。ただし、結構特徴あるサービスなので、早速利用してみた印象を本稿で紹介していきたい。

本稿では、「タッチでGo!新幹線」の利用開始の仕方、および乗車時の利用の仕方を説明したい。
(従来の紙のきっぷおよびモバイルSuicaとの運賃・料金面の比較は、コチラの別稿にてしていきたい。)

「タッチでGo!新幹線」で利用できる区間・対象設備

利用対象の区間は、2018年のサービス開始現在、首都圏内の次の区間に限られている。

東北新幹線:東京駅―那須塩原駅
上越新幹線・北陸新幹線:東京駅―上毛高原駅・安中榛名駅

(JR東日本の販売パンフレットより一部を引用)

福島県以北・新潟県・長野県の駅にまでサービスエリアが広がっていなくて、例えば越後湯沢駅や軽井沢駅まで出かける場合に利用ができない

利用対象の設備は、上記区間内の普通車自由席に限られる。グリーン車や普通車指定席の設定がないため、「はやぶさ」号、「はやて」号、「かがやき」号を利用することができない。

「タッチでGo!新幹線」を利用するのに必要なもの

Suicaをはじめとした交通系ICカード1枚あれば、すぐにこのサービスを利用可能である(PASMO、ICOCAなど)。

モバイルSuicaを利用するためのAndroidスマートフォンや、Apple Pay Suicaを利用するためのiPhoneでも利用可能ではあるが、利用登録するためのチャージ専用機が少ないことと、何よりモバイルSuicaのモバトク料金(同額)を利用すれば済んでしまうので、「タッチでGo!新幹線」をわざわざ利用するには及ばないと思う。

クレジットカードが不要で、現金チャージで利用できるのが、このサービスの一番の特長であるかと思う。
また、サービスの利用自体にインターネットを利用する必要がないので、ネットをしない層にも普及が可能である。
したがって、クレジットカードが必須な東海道新幹線のスマートEXと違って、一般層に広く浸透しうる仕組みであると思う。




「タッチでGo!新幹線」利用開始のために必要なこと:駅での利用登録の仕方

利用を開始する前に、「駅」の券売機で利用開始登録をするだけである。
クレジットカード情報や個人情報を登録するものではなく、このサービスの規約や注意事項に同意するだけの手続きであるが、運賃・料金が高くつく場合の説明などがあるので、よく読んでから同意しよう。
この規約はインターネットで閲覧できるが、ネット上での利用開始登録の手続きはできない。以下の操作の流れはネットに掲載されているが、本稿でも、詳しい手順を紹介しておきたい。(駅に置いてあるパンフレットにも規約が書いてあるので、もらっておくとよいかと思う。)

まずは、黒い「多機能」券売機に向かおう。多機能券売機であれば、Suicaの購入と、利用開始手続きの両方を同じ券売機で行うことができる。

券売機では、最初に右下の緑色の「チャージ」を押す。

次の画面でも、一番右下のボタン、「タッチでGo!新幹線」を押す。

そして、利用開始登録の画面に入るための最初の説明が表示される。
「新幹線自由席SF乗車サービス特約」が適用されることが表示される。条件に同意できる場合は進むように案内される。

登録に進んだ場合、4画面にわたって説明が続く。登録に2,3分時間がかかるので、券売機をふさぐ感じになってしまうのが事実だ。
最初の画面では、このサービスの対象区間と、新幹線乗車の前後の在来線の運賃が通算されないことが表示される。

2番目の画面では、対象区間外の利用はできなくて、乗り越した場合には全区間を精算しなければならないことなどが表示される。
(東北新幹線と上越・北陸新幹線を乗り換えなしで利用できない。例:宇都宮駅―大宮駅―高崎駅)

3番目の画面では、自動改札機での細かい操作方法が表示されるのだが、その方法が煩雑なため、本稿でも説明しきれない。
他の乗車券類と併用する場合の操作は、その場で駅員に確認することをお勧めする。

最後の画面が一番重要なのだが、利用する区間によっては、従来の紙のきっぷなどで乗車するほうが安くなる場合があることが表示される。同意する場合には、完了するボタンを押す。

同意した場合、利用するSuicaに利用する情報が書き込まれて、Suicaが新幹線の自動改札機で利用可能になる。

最後に、「利用開始登録票」がSuicaと一緒に出てくるので、受け取ろう。

実際に乗車してみた!

新幹線の改札から早速入場したが、サービスが開始されたばかりだからか、改札機の前には周知宣伝のためのスタッフが立っていて、ティッシュを配っていた。

自動改札機では、紙のきっぷを入れる代わりに、SuicaなどのICカードをかざす。

ちょうど、こんなイメージになるかと思う。タッチするだけで入場できるのは一見当たり前なのだが、新幹線では斬新である。

降りるときも、自動改札機にICカードをかざせば通ることができる。この時に運賃・料金が差し引かれる。
注意点として、領収書は「チャージ」に対しては発行されるが、1回の乗車分としては発行されないので、経費精算は降りた後に駅の券売機で利用明細を受けとっておく必要がある。

運賃・料金の比較も気になる

ICカード1枚で新幹線の自由席に乗車できる便利なサービス「タッチでGo!新幹線」だが、やはり運賃・料金面で従来の紙のきっぷやモバイルSuicaの料金と比較しておトクなのかどうか、気になるところだろう。

本ブログでも、次の別稿にて検証していきたい。

「タッチでGo!新幹線」「モバイルSuica」と紙のきっぷの運賃・料金比較

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です