「タッチでGo!新幹線」「モバイルSuica」と紙のきっぷの運賃・料金比較

2018年4月から東北・上越・北陸新幹線の首都圏内の一部区間で始まった「タッチでGo!新幹線」のサービス。
会員登録やクレジットカードなしに、交通系ICカード1枚で新幹線の自由席に手軽に乗車できる便利なものだが、運賃・料金面でメリットはあるのか。
また、従来からのチケットレス乗車サービスとして「モバイルSuica」があるが、その利用者が「タッチでGo!新幹線」に乗り換える必要はあるのか。

本稿では、「タッチでGo!新幹線」と「モバイルSuica」、そして従来の所定運賃・料金の紙のきっぷを比較して、各サービスの特長を探っていきたい。

「タッチでGo!新幹線」のサービスの概要や利用登録の仕方については、前稿にて紹介したので、まず先にお読みいただきたい。(以下のリンクにて)

「タッチでGo!新幹線」ICカードで新幹線乗車【利用登録・乗車の仕方】

「タッチでGo!新幹線」「モバイルSuica」の特長

タッチでGo!新幹線の主な特長は、次のとおりである。

  • 会員登録が不要(ただし、利用規約への同意は必要)
  • クレジットカード不要
  • スマートフォンなどの携帯通信端末が不要
  • 利用可能区間・設備が限られる

お手軽に始められるというのは、本当である。

一方で、モバイルSuicaの主な特長は、次のとおりである。

  • 会員登録・年会費が必要
  • クレジットカードを登録することが基本的には必要
  • スマートフォンなどの携帯端末が必要(iPhoneの場合は、Apple Pay Suicaとしての利用)
  • 東北・上越新幹線など広い範囲やすべての設備で利用可能
  • スーパーモバトクなど事前購入の格安運賃を利用できる

新幹線をよく使う利用者であれば、便利なサービスである。




紙のきっぷとどちらがおトクか

タッチでGo!新幹線を利用する場合の運賃・料金は、新幹線の駅間ごとに決められていて、料金表がJR東日本のサイトに掲載されている。そして、新幹線乗車の前後に乗り換えて乗車する在来線の運賃は通算されないで、別々の運賃として支払わなければならない点である。東京山手線内といった特定市区内の制度も適用されないので、中には従来の紙の乗車券と新幹線自由席特急券を購入して、全体で通しのきっぷとして乗車したほうが安く上がる場合がある。

その場合、タッチでGo!新幹線(やモバイルSuica)の利用が割高になり、不利益になる場合があるので、事前の運賃計算での損得勘定が必須となる。

その比較は、えきねっとの次のサイトで行うと、紙のきっぷとタッチでGo!新幹線、モバイルSuicaの運賃・料金が並んで表示されるので、一目で比較できて便利である。(タッチでGo!新幹線とモバイルSuicaのモバトク料金が、現在のところ同額なので、運賃・料金比較にそのまま利用できる。)

「えきねっと乗換・運賃案内」(JR東日本公式サイト)
https://www.eki-net.com/pc/personal/yoyaku/wb/Common/ReserveTop/ReserveTop.aspx

※ モバイルSuica特急券のほうの結果には、前後の運賃が紙のきっぷの金額で表示されるので、IC運賃の金額に自分で置き換えてほしい。

紙のきっぷを購入する場合、乗車券と新幹線自由席特急券をそれぞれ購入することになる。

次の例は、東京山手線内のいずれかの駅から大宮駅まで在来線の電車で向かい、大宮駅で新幹線に乗り換えて高崎駅まで向かう紙のきっぷである。
乗車券は、乗車する駅から降りる駅である高崎駅までで通しの距離で計算された運賃である。105.0㎞で、1,980円である。(新幹線経由だと有効期間が2日間で、途中下車が可能)

新幹線自由席特急券は、大宮駅から高崎駅まで1,870円で、運賃との合計は、3,850円である。

運賃・料金の比較:紙のきっぷとタッチでGo!新幹線

それでは、タッチでGo!新幹線およびモバイルSuicaの運賃・料金と、紙のきっぷの運賃・料金を比較してみたい。
前提として、タッチでGo!新幹線の運賃・料金とモバイルSuicaのモバトク料金が同額で設定されているので、同じ料金として考える。(ただし、モバトク料金は、同じ値段で自由席だけでなく指定席も利用できる。)

モバイルSuicaには、事前購入型の格安料金である「スーパーモバトク」の設定があって、モバトク料金よりもさらに安いが、会員向けの料金なので、本稿での比較は割愛したい。

次の表は、2018年4月現在の運賃・料金であり、一部の駅だけの早見表である。運賃改定で変更になる可能性があるので、本稿を参考にしていただいたうえで、細かな試算をされてみたい。

新幹線停車駅が目的地の場合は、ほとんど「タッチでGo!新幹線」のほうが安い

タッチでGo!新幹線とモバイルSuicaのモバトク料金は紙のきっぷと比べて安めの価格設定がされており、在来線を前後に利用した場合でも、大半のケースでは紙のきっぷより安く上がるようである。

次の表は、高崎駅を目的地にした場合の普通車自由席の運賃・料金早見表である。利用ケースが多そうな駅を取り上げてみた。

【東京駅-高崎駅で新幹線利用のパターン】

区間 紙のきっぷ(自由席) タッチでGo!新幹線(自由席)
モバトク(自由席・指定席)
東京=高崎 4,490 4,290
品川-東京=高崎 4,490 4,458
横浜-東京=高崎 4,820 4,763

【大宮駅-高崎駅で新幹線利用のパターン】

区間 紙のきっぷ(自由席) タッチでGo!新幹線(自由席)
モバトク(自由席・指定席)
大宮=高崎 3,210 3,140
池袋-大宮=高崎 3,850 3,528
渋谷-大宮=高崎 3,850 3,701

主要駅ばかりだが、紙のきっぷに比べて、タッチでGo!新幹線の料金と在来線運賃の合算金額のほうが若干安くなるようなうまい料金設定がされていることがわかる。
東京駅から新幹線に乗車する場合より、大宮駅から乗車する場合のほうが距離が短い分だけ、運賃・料金が安いことは言うまでもない。

※本ケースでは、結果的にタッチでGo!新幹線のほうが安くなったが、他の駅では高くなる場合が考えられるので、注意されたい。その結果には、本サイトでは免責とさせていただきたいので、ご留意されたい。

在来線の駅が起点・目的地で途中で新幹線利用の場合は、紙のきっぷのほうがいい場合もある

次の表は、両毛線の前橋駅を目的地にした場合の普通車自由席の運賃・料金早見表である。高崎駅までは新幹線利用で、高崎駅から前橋駅までは在来線に乗り換えて利用するという想定である。

【東京駅-高崎駅で新幹線利用のパターン】

区間 紙のきっぷ(自由席) タッチでGo!新幹線(自由席)
モバトク(自由席・指定席)
東京=高崎-前橋 4,490 4,489
品川-東京=高崎-前橋 4,490 4,657
横浜-東京=高崎-前橋 5,150 4,962

【大宮駅-高崎駅で新幹線利用のパターン】

区間 紙のきっぷ(自由席) タッチでGo!新幹線(自由席)
モバトク(自由席・指定席)
大宮=高崎-前橋 3,390 3,339
池袋-大宮=高崎-前橋 3,850 3,723
渋谷-大宮=高崎-前橋 3,850 3,900

上表の中で、品川駅から東京駅乗り換えで前橋駅に向かう場合(167円の差)、渋谷駅から大宮駅乗り換えで前橋駅に向かう場合(50円の差)には、紙のきっぷのほうがいくらか安くなることがお分かりだろう。

駅の券売機でのサービス利用開始時に、この現象について同意を求められるので、留意されたい。

新幹線の乗車区間と乗降駅との組み合わせ次第では、従来の紙のきっぷのほうがいくらか安くなる場合があるので、よく試算してから利用しよう。この試算が必要なことから、運賃・料金面を考慮すると、現在のところ、100%手軽に利用というわけにはいかないのかなと考える。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です