東武小泉線・伊勢崎線環状経路 乗り鉄

東武伊勢崎線の路線図を眺めていると、東京方面から伊勢崎・赤城方面に向かう経路には、東武伊勢崎線と小泉線の2経路があることがわかる。館林駅(群馬県館林市)から太田駅(群馬県太田市)に向かう場合、伊勢崎線で足利市駅(栃木県足利市)を経由する経路と、小泉線で東小泉駅(群馬県大泉町)を経由する経路の2通りがあり、どちらかの経路をとることができる(特急りょうもう号は、伊勢崎線経由)。

そこで注目すべくは、館林駅から小泉線の東小泉駅を経由して太田駅を通り、そこから伊勢崎線で館林駅まで戻る場合、同じ駅を通らずに一周乗車して戻る環状経路が成立することになる。

ようやくその環状経路を大回り乗車する機会に恵まれたので、本稿にてその乗車体験を紹介したい。

東武鉄道小泉線・伊勢崎線環状経路の概要

環状経路が成立する群馬県の館林駅から太田駅に間には、2つの経路が存在する。

– 伊勢崎線:館林駅→足利市駅→太田駅 実キロ20.1km
– 小泉線:館林駅→東小泉駅→太田駅 実キロ16.2km

伊勢崎線は、東京方面から太田駅以遠の伊勢崎駅や桐生線の赤城駅を結ぶ幹線で、特急りょうもう号も走る経路である。小泉線は館林駅と東小泉・西小泉駅、太田駅を結ぶローカル線である。
館林駅から館林駅まで、あるいは太田駅から太田駅まで乗車する場合に、伊勢崎線と小泉線を連続して乗車した場合、一周大回りの環状経路が成立するわけである。
伊勢崎線と小泉線合わせての実乗車キロは、36.2kmのごくごく小さな旅である。

運賃計算ルールと乗車券について

その経路を一周乗車した場合の運賃だが、営業キロ40.2km、590円である(2018年4月現在)。

乗車実キロは36.2kmなのだが、営業キロ(運賃計算キロ)は40.2kmとなる。伊勢崎線の運賃計算キロは、実キロと同一だが、小泉線には、実キロとは異なる営業キロ(擬制キロ)が定められている。館林駅から太田駅までの小泉線の営業キロは20.1kmで、伊勢崎線経由のキロ数と同一になる。つまり、小泉線の運賃に関しては、実乗車キロに比べて高い運賃が規定されているわけである(同社の旅客営業規則に、このキロ程の規定がある)。

他の鉄道会社と違って、東武鉄道には複数経路の選択乗車や環状経路上を一周して同一駅まで戻る場合の旅客運賃規則上の規定が存在しないようである。したがって、普通乗車券の場合には、実際に乗車するキロ程に応じた運賃を支払うという規則しか存在しないゆえに、ルール上非常にあいまいな状態である。同社に確認しても明確な答えが得られなかったので、ルールが特に存在しないものと考えざるを得ない。(定期券についての乗車経路のルールは存在するとのことだが、この大回り乗車には適用されない。)

このルールが存在しないために、小泉線には擬制キロが規定されていて、経由によらず運賃計算上同一キロとなるように調整されているのかなと考える。

この環状経路を一周乗車する場合にも、実際に乗車するキロ数の分だけの運賃が原則通りに課されるということで、40.2km分の運賃になる。
東武鉄道では全駅でICカードが利用できるが、同一駅で乗降できないので、紙のきっぷを購入する必要がある。券売機のきっぷでも、出発駅で降りると自動改札機でエラーとなり、どのみち有人改札を通らないといけない。この場合は窓口できっぷを購入することをお勧めする。この環状経路上の主な有人駅は、館林駅、足利市駅、太田駅、東小泉駅で、いずれの駅でも対応してもらえるはずである。

筆者もこんなきっぷを購入してから、実際に乗車してみた。なお、途中下車はできないきっぷになるので、ただ乗って帰ってくるという、あまり現実味のないものには違いない。(汗)




実際に一周乗車してみた

折しもつつじ祭りが開催されていた館林。その最寄り駅である館林駅から一周乗車の小さな旅が始まった。
一周しても、わずか1時間20分程度の乗車だった。今回は、時計回りに乗車してみた。

1. 館林駅 → 東小泉駅(小泉線)

725レ:館林駅 11:02分 → 東小泉駅 11:14分

小泉線の館林寄りについては、館林駅と西小泉駅とを折り返す電車が運行されている。
館林駅の4番線ホームは小泉線の電車が発着するが、ホームに着いた時には、8000系の2両編成のワンマン電車が停車していた。亀戸線や大師線と同じスペックの電車である。

座席が大体埋まるほどの乗客が乗車したところで発車。単線の路線ながら、かなりスピードを出して快調に走った。

2. 東小泉駅 → 太田駅(小泉線)

817レ:東小泉駅 11:29分 → 太田駅 11:38分

小泉線の西半分は、太田駅を通って桐生線赤城駅までの直通運行である。
同じく、8000系2両編成のワンマン電車である。

東小泉駅では15分の乗り継ぎで、太田駅まで乗車した。東小泉駅は、群馬県大泉町にある駅だが、大泉だか小泉だか頭がこんがらがる。大泉町には大きな工場があり、日系ブラジル人などの外国人が多く住んでいる。そのためか、この区間の車内が異国情緒満載で、シンガポールにいるかのような雰囲気だった。
電車自体はこれまた快調に走って、太田駅の手前で高架線に入って、9分で到着した。

3.太田駅 → 館林駅(伊勢崎線)

408E:太田駅 11:41分 → 館林駅 12:12分

太田駅は群馬県東部の主要都市で、自動車メーカーの企業城下町にある駅である。高架化されたきれいな駅である。

太田駅からは、伊勢崎線区間運転、館林駅行きの電車に乗車した。わずか3分間の乗換だった。

電車は800系3両のワンマン電車。この区間の普通電車、結構需要があるようで混んでいる印象を受けるのだが、この電車については座席が埋まる程度でそれほど混んでいなかった。
伊勢崎線も館林駅から先の区間は単線で、途中対向電車の交換待ちもあって、館林駅まで所要30分程度である。この日は日曜日だったこともあり、観光客も結構乗車していた。館林駅からは、東京方面の普通電車に乗り換える人たちが多かった。

以上で環状経路一周乗車があっけなく終わってしまった。普通電車での一周だったので、特筆するべきものは特になかったのだが、大回り乗車好きな方は一度出かけてみてはいかがだろうか。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です