和歌山電鐵貴志川線乗り鉄~スーパー駅長とご対面♪

和歌山電鐵貴志川線は、和歌山市のJR和歌山駅と、和歌山県紀の川市の貴志駅を結ぶ14.3kmのローカル線であるが、「たま駅長」で有名で、ご存知の方が多いのではないだろうか。
和歌山県にはなかなか足を運びにくかったのだが、今回行ける機会を得たので、乗車してきた体験を記事にまとめたい。

和歌山電鐵線の概要

元々は南海電鉄の貴志川線だった路線だったが、2006年に経営が南海から移管されて、岡山電気軌道を親会社にした独立した会社として現在運営している路線である。
路線存続のためにいろいろな工夫がされた会社で、たま駅長や電車の車両に特色を持たせて、鉄道ファンのみならず一般の乗客にも乗り鉄を楽しめるようにして観光客を誘致しているようである。

路線の概要や運賃、駅の紹介などの一切の情報が、同社のホームページに掲載されているので、チェックしてから出かけることをお勧めする。

https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

車両は、水戸岡氏のデザインした「いちご電車」、「おもちゃ電車」、「たま電車」、「うめぼし電車」他の編成があるが、それぞれの車両の運行スケジュールが上記のホームページに掲載されているので、あわせてチェックをお勧めする。

運賃はJR和歌山駅から貴志駅の全線を乗車した場合の片道運賃が400円である。往復乗車する場合は、一日乗車券¥780(小児¥300)が若干おトクである。

路線の起点であるJR和歌山駅には、JR阪和線でアクセスするのが一番便利かと思う。南海電鉄線だと和歌山市駅に着いてしまい、JR紀勢本線の支線に乗車するか、バスで移動することになる。




和歌山駅まで向かった

乗車した当日は、大阪京橋駅からJR阪和線の紀州路快速に乗車して向かったが、環状線をぐるっと回って、アクセスに1時間40分かかった。和歌山市が関西でも奥まったところにあることを実感せざるを得ない乗車時間だった。

和歌山電鐵貴志川線の駅は、JR和歌山駅の中にあって、9番乗り場から電車が発着している。
ホームへ上る階段に、スーパー駅長たまの絵が掲げられているので、乗り場であることがすぐにわかるかと思う。

階段を上がったところに和歌山電鐵のきっぷ売り場があって、一日乗車券などを購入できるが、グッズの販売はしていないようだった。ICOCAなどのIC乗車券は、ここでタッチしてしっかりと出場しておこう。

和歌山駅の駅名標のデザインは、なんとなく南海電鉄のものと似ている。

うめぼし電車に乗車!

きっぷ売り場で一日乗車券を購入してから電車に向かったら、すごくキレイな車両が止まっていて、驚いた。
車体を見ると、「うめぼし電車」と書いてあったが、どこかで見覚えのある車両デザインである。すぐに、デザイナーの水戸岡氏の手掛けた車両かと分かった。

2両編成の電車はワンマン電車で、運賃箱がおいてある地味な電車ではあるが、デザインの面で異彩を放っていた。

車内はロングシートだが、木を多用したデザインは、水戸岡デザインそのものである。窓にある日よけのデザインが見事である。

隣の車両との端の部分には、お決まりの物品のギャラリーがある。こちらは、たま駅長のグッズである。

反対側の大きなギャラリーは、和歌山県の物産である。うめぼしが和歌山県の特産品であることがうまく連想できる。

貴志駅でスーパー駅長ニタマとご対面!

和歌山駅を発車してから約30分の乗車で、終点の貴志駅に到着した。
この日は平日だったので、観光客よりは地元の乗客のほうが多かった。
貴志駅の駅舎は、かやぶき屋根の駅舎だが、ねこをイメージするのは筆者だけであろうか。

駅のホームには、おそらく先代のたま駅長を祀った小さな神社があった。

貴志駅の駅入口。スーパー駅長が出迎えてくれる。

駅舎内にあるガラスケースの中に、二代目駅長の「ニタマ」がいた。ガラスケース越しなのがショーケースのような感じで残念だった。ガラスを介さない展示形態にならないものかと思う。

駅舎内には、たまショップというグッズの売店と、たまカフェという小さなカフェがあって、休息ができる。
今回は貴志駅にてスーパー駅長のニタマとだけのご対面だったが、土日には、別の伊太祁曾駅でも、駅長「よんたま」ともご対面できるようである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です