「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」利用体験【購入編】

JR東海管内のJR線と16の鉄道会社の路線に週末2日間乗り放題の「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」を利用できる機会がついにやってきた。2018年9月の三連休に名古屋で用事があるついでに、その連休のうちの2日間を使って乗り鉄を楽しんだ。
週末の土日2日間(三連休では連続した2日間)にわたって、JR東海エリア全域の乗り放題で、大人8,610円(小児4,040円)という格安がなかなか魅力であるきっぷである。(このきっぷは乗車券部分なので、新幹線や特急列車に乗車するときには、別に特急券が必要である。)

本稿では、この乗り鉄★たびきっぷの概要と、このきっぷを事前に購入して準備をした段階のお話をしたい。(以下のチラシの運賃は本記事執筆当時のもの)

JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷの概要

このきっぷの概要は、本稿の冒頭に軽く記載したとおり、週末の2日間、JR東海全線をはじめ、16社の路線に乗り放題の激安きっぷである。(後述の通り、東海道新幹線の乗車は条件付きである。)
静岡県の熱海駅から滋賀県の米原駅までの片道運賃が6,050円することを考えると、全線2日間乗り放題で8,610円という価格設定が割安であることがお分かりだろう。

JR東海エリアの社線の中でも、大井川鐡道、名古屋鉄道、近畿日本鉄道、四日市あすなろう鉄道および名古屋市交通局の地下鉄は利用の対象外の一方、JR西日本エリアの近江鉄道はこのきっぷの対象である点が特徴的である。

東京にいながらこのきっぷを買えない、泣

乗り鉄派には非常にコスパの高いきっぷなのだが、最大のウィークポイントは、東京にいながらこのきっぷを購入できないことか。
発売箇所がJR東海フリーエリアの窓口などということになっていて、東京に近いところを考えると、神奈川県松田町の御殿場線松田駅や、静岡県熱海市の熱海駅と、都心からは決して近いとは言えない場所である。

同じことは首都圏だけではなく、近畿圏でもいえるかと思う。大阪からこのきっぷを買いに行くとすると、距離的に近くても三重県の津や亀山、もしくは岐阜県の大垣駅になろうか。

大消費地である首都圏、近畿圏に在住する人たちにとっては、購入までのハードルが高いきっぷである。

東京から三島駅まできっぷを買いに行った^^;

東京から一番近いJR東海在来線エリアの駅が熱海駅なので、東海道新幹線に乗車する場合、一旦熱海駅で下車してこのきっぷを購入しなければならない。

しかし、筆者は東京駅から東海道新幹線のひかり号に通しで乗車したかったので、事前に三島駅まで出かけて、必要なきっぷ一式を購入した。




東海道新幹線にも乗車できるが

乗り鉄★たびきっぷを利用して東海道新幹線に乗車する場合の条件がやたらに細かくて、どのようなきっぷを購入すればよいかを自己判断するのが難しい。窓口できっぷを購入する際に窓口の職員さんによく聞いたうえで揃えないといけないのが、このきっぷを活用するうえでのハードルの高さだろうか。

主な条件としては、

– のぞみ号には乗車できない。
– ひかり号、こだま号に4回まで乗車できる。
– 熱海駅に停車するひかり号・こだま号を通しで利用する場合に限って、指定席を利用可能。
– 熱海駅に止まらないひかり号利用の場合は、自由席しか利用できない制約がある。

– 乗車券及び特急券を熱海駅で分割して購入する必要がある。(通しの特急券は使用できない)
– 連続して有効な乗車券と特急券を用意すれば、EX予約のe特急券を利用することも可能。
– グリーン車利用の条件はないので、グリーン券を購入すればグリーン車を利用可能

というところだろうか。

東京駅から新幹線を通しで乗車するために購入したきっぷ

乗車券部分としては、乗り鉄きっぷ本体と、東京(山手線内)-熱海駅間の乗車券を購入した。

乗り鉄きっぷ本体はマルス券の12cm券で、自動改札機に認識されない大きさの券である。自動改札を利用できず、有人改札を通らなければならないのが不便である。

(第1券片)乗車券本体である。

(第2券片)新幹線に乗車するときに呈示するもので、乗車するたびにスタンプが押される。

(第3券片)フリー乗車区間の案内(文字ベース)

(第4券片)きっぷの注意事項

(第5券片)注意事項の続き

以下は、乗り鉄きっぷの有効区間である熱海駅に接続するのに購入した乗車券である。

EX予約の「e特急券」の併用も可能

新幹線、在来線特急とも、自由席、指定席、グリーン車のいずれかを利用しなければいけないという制限はない。
ただし、東海道新幹線のひかり号を通しで利用する場合、熱海駅または米原駅に停車しない列車を利用する場合、指定席を利用できず、実質的に自由席の利用に制約されることになる。
いずれの場合も、在来線特急との乗り継ぎ割引の適用は不可である。

普通の特急券か、EX予約のe特急券のいずれかの制限は特にないので、EX予約会員の人は、e特急券を利用するとおトクである。

(東京―熱海駅間のe特急券)

(熱海―米原駅間のe特急券)

そして、実際に東海道新幹線を通しで乗車した

東京駅から米原駅までひかり号を通しで乗車した時の体験は、以下の記事を参照していただきたい。

「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」利用体験【乗車編】

***

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です