「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」利用体験【乗車編】

そして、いよいよ「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」を利用し始める日がやってきた。
本稿では、あらかじめ購入して準備してあったこのきっぷを利用して、2018年9月の連休に実際に東海道新幹線と東海地方にあるローカル線を乗車した体験をまとめていきたい。
きっぷを事前に購入した体験記は、以下のリンクをクリックされたい。

「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」利用体験【購入編】

東海道新幹線:東京駅-米原駅

今回は、東京駅から米原駅までの区間を乗車するための乗車券と特急券を事前に購入しておいたので、自由席でゆるりと移動できた。
乗車するのは、ひかり501号の新大阪行きで、米原駅まで乗車した。朝6時の東京駅。

17番線ホームに止まっているひかり501号の車内にはすでに乗車できる状態になっていた。発車案内表示は、ずらりとひかり号が。

1号車の行先表示。ひかり501号新大阪行きの1号車は、自由席である。

ここで特筆すべきは、この新幹線の列車に乗車するために必要なきっぷの枚数。
乗り鉄★たびきっぷの本体と新幹線、東京駅から熱海駅までの乗車券。自由席特急券は、東京駅から熱海駅、熱海駅から米原駅までの分割した区間のもの2枚の、計5枚である。
東京駅で改札口に入るときにすべてのきっぷを有人改札に出したが、乗り鉄きっぷの入鋏をしてくれなかったので、この段階では熱海駅までのきっぷを自動改札に入れればよかったようである。

定刻に列車が出発してから停車したのが、品川、新横浜、小田原、豊橋、名古屋からの各駅で、静岡県内はノンストップで、こだま号に乗車するよりはスピードが速かった。

米原駅で改札口を出るときに、乗り鉄きっぷの本体にようやく入鋏のスタンプが入ったのだが、赤鉛筆で「代」の文字が。
この「代」は、本来熱海駅で入鋏すべききっぷを他の駅で「代行」して入鋏したという印なのだが、JR東海のすることは。いやー細かい、汗。

新幹線用の券片の1回目には、「熱海代」の記入が。この辺の細かな処理をいい加減に端折らないのが、良くも悪くもJR東海らしい対応である。




近江鉄道:米原駅-貴生川駅

滋賀県の米原駅から貴生川駅までは、乗るだけでも約2時間弱かかった。
米原駅の東口の階段を下りていくと、近江鉄道の入口がひっそりとあった。

米原駅の駅名標は、いたって地味なもの。

この列車は貴生川駅まで直通せず、途中の八日市駅で乗り換えた。
とてもきれいなラッピングトレインだった。

日野駅でのたたずまい。近江鉄道自体が歴史ある鉄道なので、駅舎が木造の古いものが多く、なかなか絵になる。

◆番外編◆信楽高原鐡道:貴生川駅-信楽駅

せっかく貴生川駅までやってきたので、信楽高原鐡道に乗車して、信楽駅まで往復してみた。
信楽高原鐡道線のホームは、JR草津線の駅構内の一角にあって、JRの改札口を入る。

◆注意◆ 信楽高原鉄道線は、乗り鉄★たびきっぷのフリー区間外なので、別途運賃を支払う必要がある。

列車といっても1両の単行だが、車内はクロスシートの座席で座り心地が良かった。連休中だったので、多くの人が乗車していた。
途中、新名神高速道路の信楽インターのところを通過する際に、列車事故があったことを示す祈念碑を通った。

終点信楽駅の構内にはたぬきの置物がたくさんあって、駅名標との相性が非常に良かった。

貴生川駅から乗車した場合の運賃は、信楽駅の改札口を出る時に現金で支払うのだが、その代わりに信楽焼の記念きっぷ「いぬ年親子きっぷ」を購入して、片道分を充当することにした。
官製はがきよりひとまわり大きいサイズの立派でかわいいデザインのきっぷだ。

貴生川駅-桑名駅までの移動:JR西日本区間を含む

滋賀県の貴生川駅からJR東海エリア内に戻るのに頭をひねったのだが、一筆書きでは関西本線の柘植駅に出て、亀山駅まで向かうのが一番早い。この区間だけは、JR西日本ランドに入るので、別に運賃を払った。
貴生川駅から柘植駅までは、JR草津線で。

柘植駅から亀山駅までは非電化区間で、2両編成の気動車でのんびりと移動した。意外なことにも、奈良方面から関西線を乗り通す人が多いのかなと想像した。

養老鉄道:桑名駅-大垣駅

養老鉄道は、三重県の桑名駅と岐阜県の大垣駅と揖斐駅を結ぶ路線で、かつては近鉄養老線だったようである。
現在でも養老鉄道は近鉄グループの会社で、今回の乗り鉄きっぷ対象の会社としては異彩を放つ路線だった。

桑名駅は、JR関西本線、近鉄線と養老線が乗換改札なく中でつながった駅なのだが、JR線からいったん近鉄線のホームを通って、養老線の電車が発着する4番線ホームへ。

養老線の電車は、車体がえんじ色で、ラッピングなど一切ない地味な路線だった。桑名駅から大垣駅までひたすら揺られながら1時間強の時間をかけて向かった。特筆するものがない地味な道中だった。

2日目は名古屋駅からスタート

大垣駅から名古屋駅まで戻って、1日目の夜は名古屋で泊まった。
2日目は、中央本線を踏破する形で東京まで戻ったのだが、まずは中央線の中津川駅行き快速電車に乗車。
朝10時過ぎの中央線のホームは静かで平和だった。

折り返しで止まっていた中津川行きの電車。

発車までの間にいただいたきしめんがおいしかった。

明知鉄道:恵那駅-明知駅

2日目のハイライトが、明知鉄道線の乗り鉄だった。
明知鉄道沿線には、岩村や日本大正村などの観光資源が多くて、町おこしに成功した地域かと思う。

玄関口となる恵那駅に停車する特急電車の本数が少なく、名古屋駅もしくは中津川駅から快速電車で向かうことが多いかと思う。
恵那駅では、JRの改札口を一旦出てから明知鉄道の駅に向かうのだが、構内で隣接していて、じつは構内の乗換口がひっそりとある。

この日乗車したのは、週末限定運行の急行大正ロマン号。レストラン列車で、この日は一般車両1両を含めて4両編成の立派な列車だった。狭いホームに4両分のツアー客が入ったもので、大変な混雑だった。

一般車両にもローカル線に乗ろうという趣旨のY旅行のツアー客が大量に乗ってきて、途中の極楽駅で大量に降りて行った。
極楽行きというオチなのだと思うが、その先終点明知駅までの車中のほうが至って平和だったのは皮肉だろうか。

終点の明智駅にて。明智光秀にもゆかりがある土地だそうだ。

乗り鉄きっぷの旅のしめは、特急しなの号に乗車

恵那駅から東京までの帰りは、新幹線ではなく、中央本線をひたすら東京まで上ってきた。
中津川駅から特急しなの駅に乗車した。

乗車するのは、しなの17号長野行き。今回乗車したのは、JR東海と東日本の境界駅の塩尻駅までだった。

乗車券部分は乗り鉄きっぷが有効で、特急券だけ別に購入して乗車。
塩尻より先の松本駅や長野駅まで乗り越す場合は、塩尻駅で分割した特急券が別に必要である(例:塩尻-松本間の特急券)。

定刻にしなの号の列車が到着。

側面の行先表示は長野行きである。何気に経年劣化が進んだ車両である。

中津川駅からは1時間強の移動で、塩尻駅まで到着。特徴ある駅名標である。
この後、スーパーあずさ号に乗車して、新宿駅までの旅だった。

***

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です