お座敷列車「伊東初日の出」号で初日の出を拝む(2019年新年挨拶)

2019年の元日に、東京新宿駅から伊東線伊東駅(静岡県伊東市)を結ぶ初日の出鑑賞のための臨時列車「伊東初日の出」号に乗車したので、年頭のごあいさつを兼ねて、その乗車体験を本稿で紹介したい。

伊東初日の出号は、485系電車を改造したお座敷列車の「宴」編成を使用している。全席グリーン席扱いだが、通常団体専用列車の運用をしているこの編成に一般の列車として乗車できるのはレアな経験には違いない。
海の見える駅として知られる東海道線の根府川駅にて初日の出を拝むことができる。

拙ブログで初日の出列車を扱うのは、これで4年目となる。最近多忙なことから投稿ペースが落ちてしまっているのが残念であるが、今年もなるべく多くの記事を投稿していきたいと思っている。

「伊東初日の出」号に乗車するためのきっぷとその予約について

「伊東初日の出」号は、東京新宿駅から品川駅を経由して、伊東線の伊東駅まで入る片道だけの初日の出鑑賞専用列車である。

9826M/9527M:新宿駅 5:00分 →(山手貨物線、東海道、伊東線経由)→ 伊東駅 7:59分
※ 途中の東海道線根府川駅に、6:34分から7:14分まで約40分間停車して、車内から初日の出を拝むことができる(日の出の時刻は6:52分頃)。

この列車はお座敷列車の「宴」編成を使用しているため、全車グリーン車の指定席である。列車種別が快速列車なので、乗車券の他に必要な料金券は、「普通列車用グリーン券」である。
指定席なので、例によって予約が必要なのだが、臨時電車自体が人気があるため、予約がしづらいと思われる。例によってこの列車は、えきねっとで予約が可能なので、1か月と7日前の事前予約で素早く予約を済ませたい(11月24日の5:30より事前予約スタート)。
この列車の定員がわずか152人なので、他の普通車の列車よりははるかに予約が難しいと思われる。
筆者はラッキーなことに事前予約が成功して、この列車に乗車ができたが、事前予約では座席番号が指定できないので、座席位置はシステムのおまかせになる。

実際に今朝走ったこの列車の予約は満席で、座席の位置をリクエストするのは難しいものと思われる。
AB席の後ろは通路で落ち着かないので、できれば進行方向左側=海側のBC席を押さえたいものである。

「伊東初日の出」号に新宿駅から乗車!

元日の未明には山手線などの路線が終夜運転を行っているので、4:30分くらいには新宿駅に着いていたいところである。南口のラッチ内にあるコンビニ、Newdaysがこの日に限り終夜営業しているので、食べ物ドリンクはここで準備しておくとよいかと思う。

7番線の発車案内は、快速伊東初日の出号がしっかりと表示されている。
この新宿駅の7番線は、特に元日の未明は華やかな場所で、千葉方面の他の初日の出列車が何本も発車する。また、日中の臨時特急電車などもこのホームから発車している。

ホーム上の発車案内も、当然のことながら、伊東初日の出号である。

定員152人の列車にしては乗客が結構ホーム上に待っていて、混雑感があった。大半の乗客が鉄道ファンなので、乗客のほぼ全員が写真撮影に興じている状況であった。

定刻の6分前、4:54分になって、新宿駅の7番線ホームに「宴」編成が入線してきた。6両編成であることはアナウンスされたが、乗車位置の案内が全くなくて、ホームのどの位置で待ったらいいのか全く見当がつかないのが不親切なところで、新宿駅の課題でもある。

お座敷列車の華やかなイメージとは裏腹に、車両の外観は意外に普通である。ただ、グリーン車の表示が高級さをアピールしている。

お座敷列車「宴」の車内に入り、そして出発進行!

入線してからすぐにドアが開き、車内に入ることができた。
筆者が乗車したのは2号車だったが、定員24人の車内は至ってゆったりした空間だ。畳が新しく、良いコンディションで、座椅子もきれいである。車内に入るのに靴を脱ぐのが面倒だが、スリッパが用意されている。
筆者が気になるところが、靴を脱ぐことによる車内の悪臭である。男性乗客が中心なこの列車では特ににおいが厳しめで、個人的には勘弁してくれという感じであった。
その他は、パーソナルスペースの広さがグリーン車仕様らしく、快適である。

車内入口にある席番表。通路側がAB席で、通路側でないのがBC席だとわかる。この伊東初日の出号の場合、BC席が進行方向左側=海側になるため、この列車では上席である。

入口と反対側には、ミーティングルームという名の休憩スペースがある。畳の席に座り疲れたら、しばらく休めるような空間である。

車内入口のドア付近の空間にもかなり余裕がある。

新宿駅を定刻の5:00分に発車してからすぐに山手貨物線に入り、品川駅には、通常常磐線特急が入線する9番線に着いた。

根府川駅で初日を拝む

品川駅を発車してからは、東海道線を普通に走り、6:34分頃に根府川駅ホームの手前にある場所に止まった。ホームのない場所に停車するので、初日の出は車内から観賞するようになる。この時間になると、空が白くなってくる。

そして、6:52分の日の出の時刻を迎えた。この日は幸いにも、日が昇る方向に雲が張り詰めていなくて、水平線から初日を拝むことができた。

そして、終点まで乗車

根府川駅には7:14分まで40分間ゆとりのある停車をしてから、列車の終点である伊東駅まで向かった。
熱海駅には7:30分に到着。初日を拝むだけであれば、熱海駅で下車すれば十分であり、実際に多くの乗客が熱海駅で降りていった。

伊東駅には定刻の7:59分に到着。ホームには多くの鉄道ファンでにぎわっていた。
その後、走ってきたルートを回送列車として折り返していった。

人のことは言えないのだが、初日の出列車自体が鉄道ファン御用達の列車になっており、一般の人たちには利用しにくい印象を感じた。この列車で家族連れをほとんど見かけず、若い鉄道ファンばかりが目立っていた。この辺が課題だろうか。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です