富士急行「富士山ビュー特急」(スイーツプラン)・「富士登山電車」乗車体験

山梨県大月市の大月駅から富士吉田市の富士山駅を経由し、富士河口湖町の河口湖駅までの26.6kmを結ぶ富士急行線。
世界遺産である富士山にアクセスするのに便利な路線で、多くの外国人観光客が利用して混雑することが多いのだが、そんなせわしない路線にも観光列車が走っている。

水戸岡氏がデザインした列車「富士登山電車」(元京王井の頭線の車両)と「富士山ビュー特急」(元JR東海371系)は、東京と富士山の間を移動するだけの列車ではなく、電車そのものを観光の対象として楽しめる列車でもある。

本稿では、富士急行線の観光列車である「富士山ビュー特急」と「富士登山電車」に乗車した体験について書いていきたい。
なお、富士山ビュー特急には日曜日に乗車したので、スイーツプランでの特別車両への乗車である。

「富士山ビュー特急」に乗車するまで(スイーツプラン申込)

富士山ビュー特急は富士急行線を平日・週末ともに1日2往復する列車で、自由席車両(特急料金大人400円)と特別車両(指定席)の設備がある。
自由席の車両は予約ができなくて、単に移動を目的としている。
乗り鉄の対象として楽しめる指定席の特別車両は、平日は900円の特別車両料金を別途支払って乗車できるが、週末などの土休日は、スイーツプランの旅行商品扱いとなって、事前の申し込みが必須になる。

日曜日にスイーツプランを利用して乗車したので、本稿では旅行商品としての申し込みから実際の乗車までの一通りの流れを共有したいと思う。

スイーツプランの申し込みは、富士急行の富士山ビュー特急のウェブサイトからできるので、インターネットで予約した。

http://www.fujikyu-railway.jp/fujisan-view-express/reserve/

申し込みの開始日については、上記のページを参照してほしい(おおむね2か月前から申し込みが可能なようである)。
申し込みの締め切り日(手仕舞)は、乗車日の3日前なので、それまでに予約を完了しよう。

クレジットカードなどで支払いを済ませると、出発から13日前から最終旅程表をダウンロードできるので、印刷して持っていくか、スマホなどで表示できるように準備が必要である。乗車するまで電話でやり取りすることもなく、現地へと向かった。



「富士山ビュー特急」特別車両にいざ乗車!

2号:河口湖駅 9:41分 →(富士急行線)→ 大月駅 10:34分

東京からの日帰りではあったが、スケジュールの関係で河口湖駅を午前中に早く出発する2号に乗車した。

朝早い河口湖駅。これから富士山や観光スポットに向かおうとしている外国人観光客をはじめとした人たちを背にして、河口湖駅の改札口を入って、列車へ。

発車の定刻15分前にホームに入ったが、すでに列車の中に入れる状態だった。

これから乗車するのは、1号車の指定席特別車両である。

1号車の乗車口には赤いカーペットが敷かれていて、アテンダントさんが受付をしていた。
名前を申し出て乗車したが、この日は他に予約している利用者がいなくて、スイーツプランの乗客としては貸し切り状態だという。

受付を済ませたところで、座席番号が記入された乗車証を受け取った。

乗車証の裏面には座席表があるが、乗車定員はわずか26名で、ボックスシートに座れるのはわずか6組である。

車内に入ったら、完全に水戸岡ワールドである。
富士山ビュー特急に限らないが、木材を多用した木目調のインテリアは温かみを感じる。運転席へのドアに張られた寄木細工はデザインが美しい。
運転室側の車両の先頭部には大きな円形テーブルが配置されていて、一人の利用客でも座れるようになっている。

車両中央部には、ゆったりしたボックスシートが配置されている。1列3人のゆったりとした幅のシートである。

運転席と反対側にはサービスカウンターとショーケースもあって、典型的な観光列車の設備になっている。ショーケースには、山梨県の特産品や列車のパンフレットが展示されている。

この日は予約客が自分しかいなかったため、ボックスシートを用意していてくれていた。大きなテーブルだが、乗客が自分一人なので置かれたスイーツはぽつんとしている。

お目当てのスイーツは、ハイランドリゾートホテル&スパ監修のもので、甘すぎず上品な味に仕上がっていた。
コーヒー、紅茶やソフトドリンクは乗車中飲み放題で、注文するとアテンダントさんが持ってきてくれる(県産品のドリンクは有料のものもある)。

この日は乗客一人にアテンダントさんが4名乗務していてサービスしてくれたので、アテンダントさん側からドリンクのお代わりを勧めてくれたり、いろいろ声をかけてもらえた。

2号車の自由席の車両ものぞいてみた。
4列のリクライニングシートが配置された普通の特急列車のシートで、移動の手段の座席だが、水戸岡デザインの車両なので美しい。

途中、三つ峠駅の手前にある富士山のビュースポットでは徐行運転で富士山の眺めを楽しめた。この時はラッキーにも富士山の全容を眺めることができた。

河口湖駅から大月駅までは1時間弱の乗り鉄旅だったが、貸切状態の車両だったのでゆったりリラックスして乗車できた。

「富士登山電車」にも乗車!

3号:大月駅 13:38分 →(富士急行線)→ 河口湖駅 14:31分

「富士登山電車」は富士急行線の元祖観光列車という感じで、大月駅と河口湖駅を1日2往復で結ぶのは他の列車と変わりない。ただし、途中の停車駅が三つ峠駅、下吉田駅というのが移動目的ではなく、列車への乗車そのものを楽しむ観光列車という感じである。
車両のデザインは、これも水戸岡氏によるものである。他の車両のデザインも水戸岡氏が手掛けて改修がされているので、富士急行線自体が水戸岡ワールドと言えよう。

この列車に乗車するには、乗車券の他に着席券という200円の料金が必要である。
事前の予約も同社のウェブサイトから可能だが、ピークシーズンでなければ事前の予約が必要とは思わない。通常は、乗車する時に駅で着席券を購入すれば事足りるだろう。

乗車券としては、2日間有効の「富士急特急フリーきっぷ」を利用してみた。(この日線内を何往復もしたので、元は十分に取れているが、通常は特急列車で1往復すれば元を取れる。)

このフリーきっぷには割引特典がついていて、ふじやま温泉やロープウェイなどで割引を受けられる。

富士急行線大月駅の入口では、神社の鳥居をくぐっていく。こじんまりとした改札口からホームに入った。

この日は、富士登山電車の2両の車両に、着席券なしで乗車できる一般の車両が2両併結されていた。そのためか、着席券を購入して乗車する車両が空いていた。

富士登山電車の車体は、マルーン色の大胆なデザインである。車体は古いが、何となく気分がほのぼのとする。
出発10分前になってドアが開いたので、さっそく車内に入った。

まずは、2号車、青富士の車両の中を紹介したい。
大月駅方の運転席側にはソファー席が配置されて、最前部の眺めを楽しめる。

車内の中央部。富士山を望める展望席で、ベビーサークルもある座席配置である。

1号車への連結部にはサービスコーナーとショーケースがあって、アテンダントさんが1名乗務して車内販売を行っている。記念スタンプも置いてある。

次に、1号車、赤富士の車両である。
2号車への連結部にもショーケースがあって、パンフレットや記念スタンプが置いてある。

1号車の車内の中央部には、富士山を望む展望席にライブラリーがある。

富士山駅方の運転席側にもソファー席がある。この日はこの席に座って、最前部の眺めをかぶりつきで楽しんだ。

喧騒とかき離れた静かな車内でごとんごとんとゆったりと過ごすことができた。
途中、下吉田駅で4分間の行き違い停車があって、列車の最前部を撮影できた。
この下吉田駅、駅舎が改装されていて、時間があれば駅舎を見学するとよいかと思う。

いいコンセプトの電車であるが、車両自体が古いもので、今後長く走ることができるのか、保守面では課題があるのかと思う。

おまけ:トーマス電車の写真(普通列車)

これまで紹介した富士山ビュー特急や富士登山電車以外の普通列車の車両にも改修されたものがある。そのうちの一つが、トーマス電車である。
たまたまこの電車にも乗れたので、写真だけを掲載しておきたい。

JRの205系車両を購入して改造したものと思われる。その面影が車体前面から感じられる。

車体を横から眺めると、明るいデザインが目を引く。

行先表示板はLED表示のきれいなものである。

車内はロングシートであるものの、つり革が木材だったり、これも水戸岡系のデザインと見受けられた。シートのモケットのデザインがかわいい。

富士山駅の駅名標もきかんしゃトーマスである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です