「平成」→「令和」移り変わりの瞬間をきっぷで振り返る

2019年5月、時代が「平成」から「令和」に変わった。
本稿でも、新時代の令和の初にふさわしい投稿として、平成31年4月おわりから令和元年5月のはじめにかけての記念きっぷなどで振り返ってみたい。

「ありがとう平成」記念入場券(JR東日本)

メールをチェックしていたら、えきねっとからのDMで、「ありがとう平成」記念入場券セットの販売を知って、早速購入申し込みをした。

1セット36枚の入場券がセットで5,040円と決して安くなかったが、記念品なのでケチらずに購入した。(ネット販売だけだったので仕方なかったのだが、送料800円が少し高かった。)

平成最後の日の4月30日になって、郵便局からゆうパックで入場券一式が届いた。

中に入っていたのが、入場券を格納する立派なアルバムと硬券入場券が36枚、そして、「ありがとう平成」の短冊である。

全駅の入場券は以下の写真の通りだが、日付のダッチングが手作業ではなく、印刷だったのが少し残念だったのは事実である。



「平成」→「熊本」普通乗車券(マルス券)

熊本市を走る豊肥本線にある「平成」駅が4月30日のテレビニュースで紹介されていたので、地元のJR駅でマルス券を購入することを思い立った。

JR東日本の指定席券売機を利用すると、日本全国のJR駅の乗車券が購入できるので、こういう時には有用である。

「平成」→「夜明」(日田彦山線)というパターンもあったようだが、2,460円の高額だったため断念して、隣の駅の熊本駅までの片道乗車券160円を記念に購入。

指定席券売機で出発駅を入力する際に、「へい」まで入力したら、「平成」の他に、「平和」(札幌市)駅が候補に登場したのが感動的だった。(この2駅間の乗車券を購入すると、平和駅側が「札幌市内」となるため、券面としては成立しないのが残念。)

購入したきっぷの券面イメージが以下のとおりである。当日現地でこのきっぷを購入した場合、記念の台紙がついたようだが、東京にいながらにして買ったので、台紙はなし。

平成時代を懐かしむついでに、昭和時代まで回想して、「昭和」駅から「扇町」駅のきっぷも購入。両駅、鶴見線の駅である。
(昭和駅は横浜市内の駅なので、「昭和」→「平成」の片道乗車券も券面上は実現しない。)

「平成」「令和」それぞれの都区内パス(JR東日本)

平成と令和のそれぞれの時代の「都区内パス」にオリジナルメッセージがつくことを知って、これも記念に両方買ってみた。

都区内パスは、東京23区内のJR線に一日乗り放題のきっぷで、JRもスタンプラリーなどの企画での利用を見込んだり、あの手この手でこの都区内パスを買わせようとするのだが、今回の記念購入には@750円X2=1,500円かかった。

まずは、平成最後の日に購入した都区内パス。
実際の券面には「ありがとう平成」のタイトルがついていた。

通常はつかないオリジナルメッセージが書かれた券片がついてきて、以下の文面が記載されていた。なかなか粋だなと思った。

平成元年1月8日に新しい元号「平成」がスタートし、この4月30日にその幕を閉じることになりました。「平成」の時代に感謝を込めてこのきっぷを企画いたしました。
このたびお求めいただいたこの1枚のきっぷで、残りわずかとなりました「平成」に思いを馳せながら、鉄道の旅を楽しんでいただければ幸いです。

都区内パス実際の券面イメージより引用

そして、令和に入ってから購入した都区内パス。
タイトルは、「ようこそ令和」。

平成とはまた違うオリジナルメッセージがついていた。

5月1日、いよいよ新しい元号「令和」が幕を開けました。
新たな時代がより素晴らしいものとなるよう願いを込めて、このきっぷを企画いたしました。
希望に満ちあふれた東京の街へ、このきっぷとともにおでかけいただければ幸いです。

都区内パス実際の券面イメージより引用

令和の時代に入った今からも、本ブログのコンテンツを鋭意増やしていきたいと考えているので、ご愛読を続けていただけると幸いである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です