令和2年2月2日・22日の日並びきっぷ収集記

2020(令和2)年2月、鉄道きっぷファンには心躍る月だったに違いない。
筆者も、令和2年2月2日と2年2月22日の日付の数字が「2」だけのゾロ目になるニャンニャンニャンの日に合わせて、硬券収集に出かけてみた。

本稿では、埼玉県の秩父鉄道、千葉県の流鉄、そして神奈川県の相模鉄道にて入手した2の日並びの記念乗車券・入場券と硬券乗車券・入場券の写真をご覧いただきたい。

令和2年2月2日@秩父鉄道

2月2日に最初に出かけたのは埼玉県の秩父鉄道で、羽生駅から熊谷駅を経由して、寄居駅まで乗車し、記念乗車券と硬券の乗車券・入場券を入手した。

最初に、記念乗車券。
ソシオ流通センター駅から寄居駅までの片道きっぷで650円、2月22日まで有効のきっぷだった。日付の「2.2.2」は手作業でダッチングが入っていて、味がある1枚である。

羽生駅から乗りはじめ。
硬券入場券と最低区間新郷駅行きの乗車券。
秩父鉄道では、日並びの日に限って、日付の表記を西暦ではなく、和暦で表記したとのことで、この券面の日付も「2.2.2」である。

一旦途中の熊谷駅で下車し、入場券と乗車券を購入。
行き先は、ひろせ野鳥の森駅とソシオ流通センター駅行きである。

下車した寄居駅での入場券と乗車券。
波久礼駅と小前田駅行きである。

令和2年2月2日@流鉄

2月2日の午後、千葉県松戸市と流山市を走る流鉄線に向かった。
電車にオリジナルのヘッドマークを付けて、そのデザインと合わせた記念乗車券1,000円を販売していたので、ゲットした。

ワンマン運転の電車の表示を「ニャンマン」に変えているのにはクスッと笑った。
記念乗車券セットの台紙がとても凝っていて、中を開くと実際に走っている電車がポップアップしてくる代物だった。D型の往復硬券もあってなかなかそそられるが、日付のダッチングは手作業ではなく、印刷されたものである。

参考までに普通の硬券乗車券を買ってみたが、秩父鉄道のような演出はなく、西暦表示の機械的なきっぷだった。何のヒネリもなし。

令和2年2月22日@相模鉄道

2月22日の本当の「ニャンニャンニャンの日」だったが、当日はJR-相鉄線を乗りに行くのも兼ねて、「ゆめきぼ乗車券」を求めに横浜市の郊外まで向かった。
JRの車両が相鉄線内に入ってくる様子は、結構異色感を感じた。

まずは、二俣川駅で記念入場券セット1,200円を購入。
あまりオリジナリティーを感じなかったが、まあ記念にはなるものだった。

相鉄本線の希望が丘駅で下車して、「ゆめきぼ乗車券」大人・子供用の硬券を1枚づつと入場券を購入した。
「ゆめきぼ乗車券」とは、いずみ野線のゆめが丘駅と本線の希望が丘駅を結ぶ、ゲン担ぎがいいきっぷのことである。 ゆめきぼ乗車券には、立派な台紙がついてくる。
日付のダッチングを西暦と和暦から希望するものを選べるので、筆者はもちろん和暦にて発行してもらった。

令和2年2月22日@秩父鉄道再び

2月2日に引き続き、秩父鉄道では22日にも違う記念乗車券セットの発売と硬券入場券・乗車券の和暦ダッチングを行っていたので、きっぷを入手した。

記念乗車券セットは2日のものとは趣向が異なり、最低区間のきっぷ4枚セットであった。「2」の形をした硬券乗車券で、日付は全部印刷されたものだった。実用感は薄いなという感じだった。

羽生駅の硬券入場券と最低区間の乗車券を再び購入。
2日のものと同じで、日付だけが違うものである。

次のゾロ目日並びきっぷは?

次に日付がゾロ目になるのは、来年2021(令和3)年3月3日である。
きっぷファンは、その日に再び動き回ることになるのかなと思う。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です