「スーパービュー踊り子」号乗り納め&「サフィール踊り子」号目撃

東京と静岡県の伊豆半島を結ぶ特急電車「スーパービュー踊り子」号の運行が、2020年3月13日で静かに終わった。

スーパービュー踊り子号は、185系電車で運行される普通の「踊り子」号よりもグレードが高い観光特急列車の元祖として、1990年から30年間にわたって運行を続けた列車である。

列車の運行が終了となる1週間前の3月上旬に、このスーパービュー踊り子号のグリーン車と普通車の両方に乗車する機会に恵まれたので、本稿ではその乗り納めの体験を綴りたい。

グリーン車@スーパービュー踊り子7号

伊豆半島に向かう行きの列車として、スーパービュー踊り子7号のグリーン車に東京駅から伊東駅まで乗車した。

スーパービュー踊り子号の料金は、一般の踊り子号に適用されるB特急料金ではなく、A特急料金と割高である。グレードの高い251系電車で運行される列車だからだと思うが、列車にアテンダントさんが数名乗務していることからそれが分かる(廃止寸前の車両なので、塗装がくたびれていたが)。

以下に写真を掲載したが、グリーン車ではアテンダントさんによるおしぼりとドリンクのサービスがあって、一般の列車のグリーン車に比べてサービスのグレードが一回り高い。料金の金額自体は張るが、それなりにいい乗車体験ができたので、スーパービュー踊り子については、グリーン車に乗車する価値があるのかなと思った。

東京駅の9番線のホームには12:30分に到着した。
運行終了1週間前ということもあって、この列車目当ての人が多いという気がした。

駅ホームの行先表示板にも、「スーパービュー踊り子7号」の表示が。

行きの列車、スーパービュー踊り子7号の入線を待った。12:40分を過ぎて列車が入線し、車内清掃の終了を待った。
251系電車の先頭部は流線形で、運転席の背後には展望席がある。

1号車の車体外部には、スーパービュー踊り子号のエンブレムがあって、この列車の特別感が出ている。

2号車の車両外部の眺め。
1階がグリーン個室で、2階が一般のグリーン席というダブルデッカーの車両である。

列車の行先表示。
スーパービュー踊り子号伊豆急下田駅行きの表示がもうすぐ見られなくなることから、多くの人が撮影していた。

スーパービュー踊り子号の乗車口は各号車にあるわけではなく、5か所に集約されていて、そこに立つアテンダントさんに特急券を見せて車内に入るという形だった。
グリーン車1号車と2号車の乗り場が1か所だけであったが、全員そこから乗車することから、乗降性の効率が悪いという印象を持った。

車内清掃が完了し、13:00分の定刻の数分前に2号車の乗車口から車内に入った。
入ったところにあるミニカウンターは、現在利用されていない様子だった。カウンターの上にあるブランケットを使ってよいかどうか分からなかったので、結局手には取らなかった。

ダブルデッカーの車両だが、一般のグリーン座席は2階なので、階段を上って2階へ。

グリーン車の座席は横に1+2席の3席で、空間的に余裕のある配置になっている。ダブルデッカーの車両なので、座席の上に荷物を収納するスペースがないのが課題か。

2号車は、海側が一人掛け、山側が二人掛けの座席である。
乗車した日は普通車がとても空いていたのに対して、グリーン車だけは満席だった。

1号車の階下部分にあるサロン室を見学してみた。
階段の上は一般のグリーン座席で、サロン室には階段を下っていく。

カウンターと5,6人が座れる程度のミニサロンスペースで、アテンダントさんがドリンクサービスをするための基地になっていたようである。

そして、東京駅を定刻に発車して、伊豆半島に向けて出発。
JR線内は途中、横浜駅と熱海駅だけに停車して伊東駅までひた走り、伊豆急行線に入っていく。
列車が出発してからしばらくして、アテンダントさんがドリンクのメニューを持って各席を回ってきた。実は、筆者はグリーン車にドリンクサービスがあることを知らなかったので、このサービスに感激した。

温かいドリンクとしてコーヒー、紅茶、緑茶と、冷たいドリンクとしてオレンジジュースとウーロン茶が提供されていたが、筆者はホットコーヒーをいただいた。
おしぼりが、スーパービュー踊り子号オリジナルのものだった。

普通車@スーパービュー踊り子8号

伊東駅から東京駅への帰りには、同じスーパービュー踊り子号の普通車を利用した。
普通車に乗車するのに必要な料金は、A特急料金である。

伊東駅の改札口から階段をくぐって3番線ホームに向かった。

伊東駅3番線ホームにある行先表示板には、やはりスーパービュー踊り子8号の表示が。

乗り場の位置を示すホーム上の表示がカラフルだが、あと1週間で見られなくなる代物だった。

定刻の数分前に、伊豆急行線内から伊東駅のホームに列車が入線してきた。

車両側面の行先表示、スーパービュー踊り子東京駅行きの表示ももうすぐ見られなくなるものだった。

普通車の座席のモケットは号車によって青系か赤系に分かれるが、乗車した6号車は赤いモケットだった。
伊東駅から東京駅までは途中、熱海駅、横浜駅、品川駅に停車したが、ちょうど外出自粛があった時期で列車がとても空いていた。この日も、6号車の座席は海側の座席が埋まっていて、山側の座席は全く埋まらなかったという異常な状況だった。

二人掛けの座席。普通車はグリーン車と違って、座席の上に荷物の収納スペースがあって、足元すっきりで乗車できた。

5号車の車端部にはミニカウンターがあって、グッズやドリンクを買えるようだった。

おまけ:「サフィール踊り子」号の車両を見られたぞ

伊東駅の3番線ホームで帰りの列車を待っていた時、たまたま2番線ホームには新しい特急列車「サフィール踊り子」号の車両が停車していて、外から中をのぞき見することができた。

1番線に伊豆急行の「リゾート21」車両の普通列車が入線してきたタイミングで、サフィール踊り子と並んだ写真を撮ることができた。

サフィール踊り子号の車両の先頭部。
とてもすっきりした見た目である。

サフィール踊り子号のロゴマーク。
新造車両なので、表面がテカテカとつやがあって、背景が映り込んでしまった。

1号車はプレミアムグリーン車。
わずか20席の座席はコクーンシートで、新幹線グランクラスのシート並みの贅沢さだ。

もう1か所、車両側面のロゴマーク。こちらは表示が大きかった。

サフィール踊り子号に乗車する機会が得られたら、改めてご紹介したいなと思う。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ