特急ひたち号 仙台→品川乗車体験 ~常磐線全通~

東日本大震災発生からちょうど9年経った2020年3月に、常磐線の不通だった区間(福島県富岡駅-浪江駅間)が運行再開した。これで、東京(日暮里駅)から仙台(岩沼駅)まで常磐線を通しで乗車することができるようになった。

常磐線の運行が全線で復旧して4日目の2020年3月17日、特急列車のひたち26号に仙台駅から東京の品川駅まで全区間を通しで乗車した。本稿では、特急ひたち号の概要(ダイヤ・運賃料金)と実際に乗車した体験を読者の皆様に共有したい。

特急ひたち号のイメージ画像(JR東日本の販売パンフレットより)

特急ひたち号のダイヤ(仙台)・運賃料金の概要

常磐線の全線、東京(品川・上野駅)から仙台駅を結ぶ特急列車ひたち号は、2020年3月改正のダイヤでは、1日に3往復運行されている。下りの一番列車の出発駅が上野駅であるのを除いて、品川駅と仙台駅を発着している。

最後まで不通だった区間の富岡駅-浪江駅の間では、大野駅と双葉駅にも停車する。

2020年3月現在の特急ひたち号のダイヤ(JR水戸支社発行資料より引用)

常磐線特急のひたち号は全車指定席で、乗車するにはあらかじめ乗車券と指定席特急券を購入しておく必要がある(事前料金適用)。
希望の列車が満席など理由がある場合には、「座席未指定券」を購入して乗車し、赤いランプのついた座席に座ることもできるが、席を譲ったりするのが煩わしいと思う。また、特急券を購入しないまま乗車して、車内で購入する場合は、駅で買うより料金が260円高くなるので、注意されたい(車内料金)。

乗車前日までに乗車する列車が決まっている場合は、乗車券と特急券がセットになった割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を利用することも可能である(クレジットカード決済が必要)。乗車券の部分は特定都区市内制度が適用になって、乗車距離に応じて東京都区内、東京山手線内、仙台市内の各駅が乗車券部分の範囲になる。(余談だが、新幹線eチケットの場合は特定都区市内制度が適用されないのに対し、在来線の特急ひたち号には特定都区市内制度が残存している。)

特急券だけのチケットレスサービスも利用することができる。

特急ひたち26号に実乗!(仙台駅→品川駅)

特急ひたち26号は、仙台駅から東京の品川駅、373.9kmの区間を約4時間40分で走行する列車である。

26M:仙台駅 16:11分 →(常磐線・上野東京ライン経由)→ 品川駅 20:52分

筆者は、えきねっとトクだ値の運賃料金(10%引き)で同区間を乗車した。乗車日時点でのひたち号の運賃料金は8,350円で、東北新幹線の運賃料金よりはいくらかお手頃ではある。

仙台駅に着いたのは、列車の発車時刻前の15:40分頃だった。
お土産の萩の月や車内で食べる夕食の弁当を買った。ひたち26号の車内販売が入るのが途中のいわき駅からで、18時過ぎまでは食料にありつけないので、仙台駅のホームを入る前に買っておくことをおすすめする。

仙台駅では、新幹線の改札口ではなく、在来線の改札口から入った。東京に向かうのに在来線とは不思議な感じである。改札口にある発車案内表示に「品川」という表示があるのが、ある意味新鮮である。

6番線ホームに降りる階段に、「つながる常磐線」ひたち号の乗り入れをアピールするきれいなラッピングがあった。E657系車両のきれいな写真である。

仙台駅の6番線ホームに降り立ったのが、列車の発車時刻の約20分前だった。
在来線ホームは基本近郊電車だけの発着で、ローカル感がある。

発車20分前にホームに降りた時点で、これから乗車する列車の車両は入線していた。ドアがまだ開いていなかったので、それまでしばらくホーム上で待った。

特急ひたち号の車両E657系

列車に乗車するまでの時間に、車両の写真を撮影した。
列車の先頭部。普段常磐線にはよく乗車するが、特急列車に乗車することはまずないので、新鮮味というか特別感がある。

乗車位置を示すホーム上の表示がカラフルでビビッドだ。

これから乗車する4号車の車体外部である。車両がまだ新しくて、塗装がツヤツヤで、周囲のものがよく映り込んでしまう。

4号車の列車表示板。
仙台駅で「品川」駅行きの表示を見れる体験が新鮮だ。

発車約10分前にドアが開き、いざ乗車。
これといったことはないのだが、E657系の車両が新しくて、車両内部も明るい。

実際に座った座席。アームレストの部分に電源コンセントがあるので、自分で充電器を持参すると、電源を取ってスマホなどの充電ができる。

常磐線特急(ひたち・ときわ号)の座席システム

ひたち号を含んだ常磐線特急は全席指定席で、自由席がないので指定席特急券を事前に購入しないと基本は乗車できない。

事前に指定席を予約するシステムのため、各座席の上に予約状況を示すインジケーターがあって、その意味が座席前のテーブルに表示されている。

詳しくは、筆者の書いた以下の記事を参照していただきたい。

緑色の表示がある座席が予約されていて、誰かが座るところで、赤色の表示がある座席が空いているところである(黄色の表示になると、その席はもうすぐ埋まる)。
座席上のインジケーターを見ることで、どの席が空いているかが一目瞭然で、自分の隣の席が空いているのかどうか見ればわかるので、変な気を遣わないで済む。

仙台駅を発車した時点では、まだほとんどの席が赤色の表示で、空いていた。

列車が発車して、一路品川駅へ

仙台駅を16:11分に定刻で発車して、最初は東北本線を南下した。岩沼駅には停車しない列車なので、走ったままで常磐線に入った。

最初に停車したのが、福島県の相馬駅。仙台駅から乗車していたローカル利用の乗客がちらほらと下車していった。(仙台駅から品川駅まで通しで乗車していたと推測されたのは、4号車で数人だった。いつもより鉄道ファンが多い印象を受けた。)

浪江駅に到着する前に、きれいな夕景を車窓から眺めることができた。

不通区間だった浪江駅に入ったのが、17:24分。
常磐線全通を象徴する瞬間だったので、車内の表示を写真に記録した。

最後の不通区間だった浪江駅から富岡駅の間で、双葉駅と大野駅に細かく停車。双葉駅、駅が再建されたのはよいのだが、駅前が依然帰還困難区域で人気を感じなかったのが、複雑な気持ちである。

富岡駅を発車した頃に日が暮れて、夜の常磐線を東京に向けてひた走った。
いわき駅に着くまでの間がちょうど夕食をとるのにいい時間で、仙台駅で買っておいた駅弁をいただいた。

いわき駅に着く直前に座席のインジケーターが何席か黄色に変わって、いわき駅からは乗客が結構いることが分かった。

いわき駅から南は普通のビジネス特急列車で、複線の常磐線をひたすら南下していった。日立駅から水戸駅の間でかなり多くの乗客が乗ってきて、空いていた席がかなり埋まってきた。常磐線特急は、JR東日本にとってドル箱なのかなと思った次第である。

水戸駅からは上野駅に着くまで途中の駅には停車せず、定刻で走った。上野駅と東京駅で多くの乗客が下車して、終点の品川駅まで乗車していたのは数人だった。

(これまた余談だが、東京駅で下車して1時間少し待ち合わせるとサンライズ瀬戸・出雲号に乗り継ぐことができて、仙台駅から西日本までの長大な距離の乗り鉄を楽しめる。)

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ