「新幹線eチケット」チケットレスで乗車体験!

2020年3月のダイヤ改正から開始された「新幹線eチケット」のサービス。
東海道・山陽新幹線の「スマートEX」に類似したチケットレス乗車のサービスがJR東日本管内の新幹線(*)にもようやく導入されたが、筆者も早速このサービスを利用して東北新幹線に乗車し、チケットレス乗車を体験してみた(*今回導入されたのは、東北・JR北海道の北海道・秋田・山形・上越・JR西日本を含む北陸新幹線)。

本稿では、実際に東北新幹線の盛岡駅から仙台駅までを前売りの割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を利用して、Apple PayのSuica(iPhone)でチケットレス乗車した体験を皆さまと共有したいと思う。

新幹線にチケットレスで乗車するには、スマホを含む交通系ICカードを用意した上で、ネット予約サービスの「えきねっと」で事前に乗車する列車の予約購入を行う必要があるが、その詳細な内容や手順については、筆者がまとめた以下のページを先にご一読いただきたい。

領収書や紙のきっぷの発行方法、ICカードを予約操作後に事後登録する場合の詳しい方法については、以下の記事を参照されたい。

新幹線の改札口から入場(盛岡駅)

「新幹線eチケット」のサービスが開始してから4日目の3月17日の朝、通勤ラッシュがおさまった9時30分頃に盛岡駅に到着した。

今回乗車するのは、盛岡駅10時07分発の「やまびこ52号」。盛岡駅始発で、仙台駅までは各駅に停車する列車である。
前売りの「えきねっとトクだ値」料金、仙台駅まで停車しない速達タイプの列車の割引率が5%なのに対して、この列車は15%だったので、少しでも節約したくて選んだ次第である。

発車の約1時間半前に、えきねっとから乗車直前のご案内のリマインダーが届いていた。内容は次の通りである。

このメールがないと、座席番号を忘れそうである。
その場合、駅に座席票発行機があって確認できるというのだが、筆者はあいにく発見することができなかった。

盛岡駅の南口改札、在来線の改札口と新幹線の改札口が並んでいるが、右手の新幹線の改札口へ進んだ。

自動改札機に、あらかじめ登録しておいたApple PayのSuica(iPhone)をかざして入場した。初めての利用だったのでエラーが出ないか心配だったが、何事もなく通過できた。在来線を利用する要領と全く同じようにタッチして通るだけである。

東海道・山陽新幹線と違って、自動改札機からはご利用票のような紙片が発行されることはなく、ただ通れるだけである。

手元のiPhoneでは、「新幹線」という表示が出てきたのが唯一の違いだろうか。

iPhone上のステータスは「移動中」に変わった。

えきねっとでの予約の際にあらかじめ、改札通過メールの配信をするように設定しておいたので、改札を通過したタイミングで座席番号が記載されたメールが届いた。
これ、手元にあるのがスマホだからよいのだが、スマホを持たない人でプラスチックのICカードで乗車している人にとって、座席番号を忘れたら、ちょっと不安になるかと思う。

盛岡始発のやまびこ52号に乗車!

エスカレーターで列車が発着するホームに上がった。盛岡駅のホームはとても余裕があるように感じた。

今回乗車するのは、トクだ値が適用になる普通車指定席。盛岡始発のやまびこ号でも、車両がE5系で、とても快適である。

盛岡駅での車内の様子。始発駅ということもあるのだが、乗車した時が旅行自粛の真っただ中で、3月という繁忙期にもかかわらず乗客がほとんど乗っていなかった。

盛岡駅を定刻で発車して、各駅に停車しながらゆっくり走って、約1時間20分で仙台駅に到着した。途中駅で少しづつ乗客が乗ってきたものの、満席には程遠い状態で仙台駅に到着して、ほとんどの乗客がここで列車を降りた。

新幹線の改札口を出場(仙台駅)

仙台駅に定刻に到着して、ホームから階段を下りて改札口へ。在来線との乗り換え改札口ではなく、新幹線専用の改札口である。自粛中にもかかわらず、仙台駅は人が多かった。

iPhoneを改札機にかざして出場した。改札機からは特別な反応はなかった。

手元のiPhone上のSuicaのステータスが、「移動中」から「使用済み」に変化した。

詳細表示すると以下の通りである。

「新幹線eチケット」を利用してみての雑感

ネットで予約してから自動改札機を通過するだけ。
車内での検札も、指定席では省略。
とにかく、人と絡むことが一切なかった。人とやり取りしたくない人にとっては、最高のサービスだと思う(筆者は他者とコミュニケーションをとりたい人なので、物足りないのであるが)。

これって、鉄道会社が提供するサービスなので、どうしても提供者である鉄道会社にとって都合がいいようにできている。

● 人件費の節約・出札業務縮小効果
一度情報システムを構築すれば、人件費を節約できるし、少子化の人材不足にも余裕で対応できる。

● 不正乗車の根絶
ICカードやスマホを使用するサービスなので、紙のきっぷと違ってごまかしようがない(スマホが万が一電池切れすると、不正乗車を疑われそうで怖いが)。

● 国鉄時代から引き継いだ運賃制度のレガシーの払拭
通しの乗車券という概念を払拭し、1乗車ごとに運賃料金を徴収する考え方である。
単純な都市間の移動であれば事足りるのであるが、周遊旅行する人にとっては、運賃をぶつ切りされると高くついて都合が悪い(乗車キロ数が長いほど単価が安い仕組みなので)。
また、途中下車という概念もないので、周遊する旅行者にとっては同じことが言える。

課題も以下のように考えられる。

● えきねっとの操作やスマホの扱いなどに慣れないと利用しにくいこと
操作が簡単そうに思えるが、障がいになる場合がある。

● 鉄道利用に詳しくない人にとって、得られる情報が少ないために混乱すること
ネットサービスは基本自己解決しなければならないので、職員による援助が必要な人にとっては厳しい。電話サポートも混雑してつながりにくいし、外国人にとっては言語の問題もある。

● 新幹線の前後に在来線に乗車する場合、運賃が割高になる可能性があること
通しの乗車券を利用したほうが運賃が割安になる可能性が多くある。

その他いろいろ考えられるが、本稿はこの辺にしたい。このサービスは始まったばかりなので、時期尚早な点や課題も多いが、うまく使い分けて利用したいと思う。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ