「新幹線eチケット」ICカード登録・予約の手順

スポンサードリンク

JR東日本管内の新幹線 (*) を乗車するのに、紙のきっぷを買うのではなく、スマホや交通系ICカードでチケットレス乗車できる「新幹線eチケット」というサービスが、2020年3月から始まった(*東北・JR北海道の北海道・秋田・山形・上越・JR西日本を含む北陸新幹線)。

従前から「モバイルSuica特急券」というチケットレスの乗車サービスがあったが、 そのサービスが終了し、新しい「新幹線eチケット」のサービスに切り替わった( 「タッチでGo!新幹線」のサービスは引き続き利用可能 )。筆者は早速、この「新幹線eチケット」のサービスを利用して、新幹線に乗車した。

本稿では、このサービスで変わったことを整理し、公式サイトやFAQでは知ることができないメリット・デメリットを考察する。実際に交通系ICカード(iPhone)を登録して予約したので、その手順を読者の皆さまと共有したい。

イメージ画像:JR東日本の販売パンフレットより引用

「新幹線eチケット」で変わったこと(主なもの)

● 交通系ICカード(Androidスマホ・iPhoneを含む)で乗車
手持ちの交通系ICカード、またはスマホ(モバイルSuica:Android/Apple PayのSuica:iPhone)だけで新幹線の自動改札を出入りできるようになった。紙のきっぷを受け取る必要がなくなった。

● 指定席では、紙のきっぷより200円安いこと
指定席では紙券よりも一律で200円安いことと、ICカードで1回乗車するごとに、JREポイントが発売額の2%相当分付与されるようになった。自由席は紙券と同じ所定の運賃料金で、ポイントの付与がない。

● 特定都区市内駅制度の不適用(東京都区内・東京山手線内・仙台市内)
乗車キロ数に応じて適用された特定都区市内駅制度が適用されなくなった。例えば、新宿駅から愛子駅(仙台市青葉区)まで利用する場合、この運賃料金には東京駅から仙台駅までの新幹線区間のみが含まれ、東京駅や仙台駅周辺の在来線の区間が含まれなくなった。この場合、新宿駅から東京駅、仙台駅から愛子駅といった在来線は、従来の紙のきっぷでは運賃に含まれたものが新幹線eチケットでは含まれず、別に運賃がかかるようになっている。

● 「モバイルSuica特急券」サービスの終了
お手頃な運賃料金であった「スーパーモバトク」や「モバトク」が廃止された。その代わり「えきねっとトクだ値」を利用できるが、適用条件によってオトクでなくなるケースが発生するようになっている。

● 「えきねっとトクだ値」料金の利用条件の変更
上述したとおり、 特定都区市内駅制度が適用されなくなった。紙のきっぷ時代には、トクだ値料金でも適用になっていたが、新幹線eチケットでは適用されず、前後の在来線の運賃の別払いが必要な分、利用者にとっては条件が悪化している。

指定席で紙のきっぷより200円安い点、 特定都区市内駅制度が適用されないこと、前売りのえきねっとトクだ値を利用できる点が、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」サービスと類似している。

ただし、学割や障害者割引などの割引では新幹線eチケットサービスを利用できず、従前の通り紙のきっぷを利用することになる。

「新幹線eチケット」利用に必要なもの

● 交通系ICカード (Androidスマホ・iPhoneを含む)
Suicaをはじめとする全国の主な交通系ICカード/モバイルSuica:Androidスマホ/Apple PayのSuica:iPhoneのいずれかが必要である。

● クレジットカード(えきねっとでの決済にあると便利)
新幹線eチケットに限らず、えきねっとで予約したきっぷを受け取る際の決済にはクレジットカードを利用すると便利である(ビューカードに限らずOK。現在はクレカ決済以外にもコンビニ決済も可能)。

● インターネット環境・電子メールアドレス
ネット予約のサービスなので、大前提としてネット接続の環境を自分で用意する必要がある。

スマホ(ICカード)の保有、ネット利用が基本条件となるため、中高年層やシニア層、割引を利用する人たちにはリーチしにくいサービスだと思う。結構乗客を選ぶサービスなのではないか。

新幹線の自由席に関しては、現金チャージで乗車できる「タッチでGo!新幹線」のサービスを引き続き利用できるため、クレジットカードを保有していなくても、チケットレスサービスを利用できる。

なお、スマホ上ではウェブブラウザの他、えきねっとアプリも利用可能である(在来線列車はウェブブラウザから操作を行う必要がある)。

基本的な利用の流れ

(1) ネット上の「えきねっと」の会員登録および交通系ICカードの登録を行う。
ネット予約サービスの「えきねっと」で予約するため、ネット接続環境と自分の電子メールアドレス、ICカード(スマホ含む)が必要である。列車の予約に先立って、利用するICカードを登録しておくとスムーズに列車の予約を行える。

(2) 「えきねっと」にログインし、列車の予約・購入を済ませる。
指定席だけでなく、自由席に乗車する場合でも、えきねっとから乗車する列車を選んで、事前に予約購入を行う。6人まで同時に予約できるが、全員のICカード情報が必要なので、煩雑である。基本的には一人づつ予約すると便利なサービスかと思う。

※ 乗車1か月7日前に列車の事前予約を行う場合、事前予約の結果が分かり、予約が取れた時点でICカードの情報を紐づける。

(3) 登録したICカード・スマホを持参してそのまま新幹線の自動改札を通過する。
予約購入したタイミング、および乗車寸前のタイミングで、座席番号が記載されたメールがスマホに送信されるので、その情報に基づいて乗車する。

交通系ICカードの登録手順(えきねっと上)

列車を予約する前に、実際に使用する交通系ICカードもしくはモバイルSuicaスマホをえきねっと上で登録しておくと便利である。もちろん、列車の予約を済ませてから、実際に乗車するまでに登録しても構わない。

以下の説明は、えきねっとの会員登録を完了し、ログインしている状態を前提としているので、ご留意されたい(以下の画面はPC・スマホ共通の画面)。

本稿では、交通系ICカードの番号の確認方法については割愛させていただく。

(1) えきねっとにログインし、「会員情報の確認・変更」に進んでから、「ICカード情報」をタップする。

メール認証を求められた場合、メールに送信されるワンタイムパスワードを入力する。

(2) 「新しいICカードを登録する」をタップする。この画面から、既存のICカード情報の編集や削除も可能である。

(3) ICカード番号、おとな・こどもの別、ICカードの登録名を入力する。登録名は何でもいいのだが、半角英字を入力できないので、ご注意を。

Android用のモバイルSuicaの愛称として「モバイルSuicaちゃん」としてみた

(4) 入力した内容を確認して「登録・変更」をタップする。

(5) これでICカードの登録が完了。正しく登録できたか確認しよう。

指定席の新規予約購入の手順

ここでは、新幹線指定席の「えきねっとトクだ値」料金で新規予約購入を行う手順を説明する。

(1) 乗車する列車を選択する。予約購入したい設備・料金種別を選択する。

トクだ値料金は、新幹線eチケットのみで表示される

(2) 合計の運賃料金の金額が表示されるので、確認した上で予約を確定する。

(3) 引き続き、乗車時に使用するICカードの登録を行う。

(4) あらかじめ登録したICカードを選択する。自分でつけた愛称名で選択可能である。

(5) 予約の確認を行うと、以下のような画面で確認できる。領収書は、チケットレスでは乗車時に発行されないので、この画面から表示する。この画面からも、ICカード情報の登録(紐づけ)を行うことができる。

指定席の予約変更の手順

一旦予約購入した指定席の予約変更をするための手順は、以下の通りとなる。手順自体は、新規予約購入の時の流れと同じである。なお、指定席から自由席に変更できないのは従前の通りである(その場合は一旦払い戻しをしてから買いなおす)。

(1) 変更を行いたい列車の予約画面を表示して(上記の手順(5)の画面)、「申込内容の確認・変更・払戻へ進む」をタップする。

(2) 変更内容を選択する。区間や日時、座席位置などの変更を行うことができる。

(3) 変更前の内容と変更後の内容が表示されるので、確認した上で変更を確定する。

新幹線eチケットの領収書の発行方法

新幹線eチケットサービスでの領収書や紙のきっぷの発行方法については、以下の記事を参考にされたい。

タイトルとURLをコピーしました