「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

2020年3月に、チケットレスでJR東日本管内の新幹線(*)に乗車できるサービス「新幹線eチケット」が始まった。手持ちの主な交通系ICカードやAndroidスマホ(モバイルSuica)、iPhone(Apple PayのSuica)を、えきねっとでの予約内容に紐づけて利用する。(*対象の路線は、東北・JR北海道の北海道・秋田・山形・上越・JR西日本区間を含む北陸)

ネット予約サービスの「えきねっと」で事前に乗車する列車を予約購入して、乗車時までにICカードを登録して、自動改札を通る時には登録したICカードを使用するのであるが、そのICカードを登録するのにいくつかパターンがある。

また、チケットレス乗車が醍醐味のこのサービスではあまり意味がないのであるが、ICカードを用意できない場合や忘れた場合、スマホの電池切れなどの場合、紙のきっぷとして発券して利用することも可能である。

本稿では、ICカード登録にかかわる、予約時以降に登録する場合の手順などの話、そして紙のきっぷとして利用する方法、領収書の発行方法といった、小ネタ的なことを皆さまと共有しようと思う。

「新幹線eチケット」サービスを初めて利用する場合のICカードの登録・新規予約方法については、以下のページをご参照いただきたい。

また、「新幹線eチケット」サービスを実際に利用した体験に関しては、以下のページもあわせてご一読いただきたいと思う。

一部の人だけのICカード登録は不可

このサービスでは、1回の予約で最大6名まで列車の予約が可能であるが、全員分のICカードを乗車時までに用意する必要がある。

例えば、ICカードを持っている1人だけ登録して、ICカードを持っていない他の人には紙のきっぷとして利用することは不可能である。そういった機能は対応予定がないとのことなので、全員分のICカードを用意するか、別の予約を行う必要がある。

ここでは、以下のような大人1人、子供1人の予約をえきねっと上で同時に行ったと想定する。この段階では、まだICカードは未登録である。

大人には「アップルペイ」と愛称をつけたICカードを選択して、子供は未選択の状態では先に進めないので、ご注意されたい。

ICカード番号の事後登録の方法

列車の予約をえきねっと上で行う際、列車乗車の1か月7日前の5:30分から列車の事前予約を行うことができるが、その予約が確定するのは出発日の1か月前の10時である。

列車の事前予約の場合、新幹線eチケットのサービスでは、出発日の1か月前に予約が取れた時点で、それから乗車する時までにICカードの登録を行うようになる。(従前、列車事前予約の場合は、座席番号が紙のきっぷの受け取り時まで知りえない(教えてくれない)ので不便であった。満席の場合、座席番号の変更すらできなかった。新幹線eチケットの場合、席が取れた時点で事前に座席番号を知れることになることは朗報である。)

また、事前予約の場合の他、何らかの事情で予約時にICカードの登録を行えない場合、列車の乗車時までにICカードの登録を行えばよい。

ここでは、予約時以降にICカード番号の紐づけを行う場合の手順をご紹介したい。

(1) 乗車する列車の予約が取れている状態であることを確認する。

(2) 後でICカードを登録したい場合は、「今は登録しない」にチェックを入れる。

(3) 予約購入を完了する。

(4) 列車の予約内容の確認画面からICカードを登録したい列車を選択してから、当該画面で[IC登録・変更]をタップする。

(5) この手順で、登録したいICカードを選択する。
※ ここでICカードを選択する前に、あらかじめICカードを登録する必要がある。

(6) 選択して予約に紐づけたICカードの内容を確認して、確定する。

(7) 選択したICカードの内容が確定する。

(8) 予約した列車の確認画面からも、内容の確認が可能である。

(9) 登録したICカードの内容が、メールでも送信される。

領収書の発行方法・手順

会社の出張精算などで経費精算をする際に領収書が必要な場合があろうかと思う。ここでは、チケットレス乗車した場合の領収書の発行方法・手順を説明する。

チケットレス乗車した場合、紙の領収書は発行されないので、えきねっと上で領収書を自分で表示し、印刷して証憑として提出することができる。

(1) 予約内容の確認画面を表示する。
※ 当月以降の乗車分で[すべて確認する]を選択しないと、領収書を発行したい列車が表示されないことがあるので、注意されたい。

操作手順の説明のため、えきねっとの操作画面から一部を引用

(2) 領収書を発行したい列車の欄の右端にある[領収書]をタップする。
※ 未使用の状態でも使用済の状態でも発行が可能

変更やキャンセルをした列車の分は発行できない。余談ながら、指定席をキャンセルした場合、払戻手数料がかかる。

(3) 紙のきっぷを発行した場合、以下に記載した通り「ご利用票」が発行されるが、それとは別にオンライン上でも領収書の発行が可能である。手順(2)と全く同じ操作を行う。

これも余談ながら、自由席をキャンセルした場合は、払戻手数料はかからない。

(4) 領収書の宛名を入力すると、領収書がPDFファイルとして出力される。会社名を入力して印字することが可能である。領収書の下半分には、実際の利用内容が表示される。

紙のきっぷの発行方法

チケットレス乗車できる「新幹線eチケット」サービスの醍醐味を味わえないので本来の利用方法ではないのだが、ICカードやスマホを忘れた場合、スマホの電池切れの場合、ICカードを用意できない場合でも、決済したクレジットカードがあれば紙のきっぷを発行して、列車に乗車することができる。

ここでは、その手順をご説明する。

【注意事項】
一旦紙のきっぷとして発券してしまうと、チケットレス乗車に戻ることができないので、ご注意されたい。

(1) 駅の指定席券売機で「えきねっと予約の受け取り」を選択して、決済したクレジットカードを挿入する。

(2) ICカードでチケットレス乗車できる旨表示されるが、右下の[確認]を押す。

(3) 紙のきっぷとご利用票兼領収書が券売機から出力される。クレジットカードの暗証番号の入力は不要である。

(紙のきっぷの様式)

(ご利用票兼領収書の様式)

紙のきっぷをよく見ると、新幹線eチケット料金での利用条件の制約がよくわかる。

● 新幹線のみ有効=途中下車不可
● 受け取り後の乗車変更の制限がある
● 新幹線と在来線特急の乗継割引が適用されない

「新幹線eチケット」サービスの特長をもう一度復習

● えきねっとを利用してネットで予約・決済を行う
→ インターネット環境とクレジットカードが必要

● Androidスマホ、iPhoneもしくは主要交通系ICカードのいずれかが必要
→ 座席番号のメールでの確認など、スマホ利用者に最適なサービス

● 列車の発車時刻の寸前まで予約の変更が可能(紙のきっぷの受取前)
→ 予定変更が多い業務利用者には最適なサービス

● 大人の休日倶楽部の割引、株主優待割引、学生割引などの割引には未対応
→ 学生やシニア層にはリーチしにくいサービスといえる

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ