JR九州 簡易委託駅の手売りきっぷ

本ブログではJR各社の手売りのきっぷ、補充券を多く紹介しているが、今回九州に出かける機会があり、収集を行った。

JR各社の補充券、入手が容易でないと思われがちであるが、三島会社に関しては実はそれほど難しくない。自治体の中には住民サービスのために乗車券類の販売を受託するケースがある(簡易委託)。その中には端末を使用しないこともあるため、手売りのきっぷが存在するわけである。

JR九州管内でも熊本、鹿児島方面はいまだ比較的入手が容易のようだったので、鹿児島本線のある駅2か所に立ち寄って、一通り購入したものを本稿ではご紹介したい。

補充片道・往復乗車券・金額式乗車券

熊本県内のJR鹿児島本線のある駅に立ち寄った。博多駅と熊本駅の間で、普通列車が約30分間隔で運行している路線なので、アクセスはそれほど悪くない。

交通系ICカードのSUGOCAの簡易式のリーダーが設置されていて、簡易な券売機が置いてあるが、紙の乗車券も日中販売されている。この駅は市が受託していて、近距離の片道と往復の乗車券を扱っているとのことである。営業時間が比較的長いので、遠くからくる場合大変助かる。

この駅で発売している券種は、補充片道乗車券、補充往復乗車券と金額式乗車券である。いずれも下車前途無効のきっぷである。

出札補充券・料金専用補充券・補充往復乗車券

1か所目の駅で全券種コンプリート出来なかったので、2か所目の同じ鹿児島本線内の駅に向かった。1か所目の駅に隣接する別の自治体の駅である。この駅も日中営業していて、窓口で普通乗車券も発売してくれる。

この駅では、出札補充券と料金専用補充券を入手することができた。近傍の駅発の自由席特急券であれば発行してもらえるようである。この駅では補充片道乗車券は入手できなかった。駅によって扱っている券種が違うようである。

注意点・免責事項 Disclaimer

これらのきっぷを正当事由の補充券として入手できるのは、コレクターとしてはありがたいが、自治体の契約状況などいろいろな要因で発売がされなくなることが考えられる。本ブログでは、入手できることを保証しているわけではないので、ご留意されたい。また、本来は住民サービスなので、コレクターには節度を持って行動されたい。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ