島原鉄道 乗り鉄&補充券収集

長崎県の島原半島を走る島原鉄道線に2020年6月、乗車する機会があった。島原港駅から諫早駅まで乗車した体験と、島原鉄道で入手できる手売りきっぷの情報を写真でお楽しみいただきたい。

島原港ー島原間の区間列車

島原鉄道の終点、熊本フェリーが接続する終点の島原港駅から島原市の中心の島原駅までは日中区間運行列車が運行している。筆者はこの区間を2020年6月に乗車したが、この折列車が減便されていて、島原港から隣の島原船津駅の1区間だけを走り、本来の終点の島原駅まで運休していた。

終点の島原港駅、無人駅である。

従前の島原外港駅から改称されていることが駅名標から分かる。

廃止された島原港駅から先の区間の配線跡は撤去されずにそのまま残されている。

諫早駅からの2両編成の列車が入線してきて、そのまま折り返しで島原船津駅行きの列車となった。数人の乗客が降車してきたが、乗車したのは筆者一人だけだった。

1区間だけ乗車して、島原船津駅で下車。従前は南島原駅だった駅であり、島原鉄道の車両基地がある駅である。駅舎の外装は改装されてきれいである。

島原船津駅の駅名標。

駅舎外側にある郵便ポスト。レトロな感じが醸し出されている。

駅舎内の出札窓口。この駅には自動券売機が設置されていないので、硬券の乗車券が入手可能である。駅員さんは駅構内の作業などで忙しくしている感じだった。

島原船津駅から島原駅までの約2kmの区間、列車を数十分待つよりは並行する国道を歩くかバスに乗車したほうが早く到着するかもしれない。

島原駅ー本諫早駅まで移動

島原市に中心のある島原駅の駅舎は立派である。島原駅から市のランドマークである島原城までは、徒歩で10分程度である。

島原駅の駅名標はとても大きい。

1両単行の諫早駅行きの列車が到着した。平日の日中の時間帯、高齢者の乗客が大変多かった。

車両横の行先表示はとてもシンプルである。

島原駅からは進行方向右手に穏やかな有明海を眺めることができ、1時間余り景色を楽しみながら本諫早駅まで移動した。途中、有明海の締め切り堤防が見える。

本諫早駅ー諫早駅間の区間列車

島原駅から諫早駅方向に乗車してきて、終点一つ手前の本諫早駅で下車した。本諫早駅は、諫早市役所の最寄り駅である。長崎空港への直通バスも発着する駅である。

本諫早駅の駅舎内にある出札窓口。この駅には自動券売機があり、基本乗車券を窓口で買うことはない。

島原鉄道線内で入手した手売りのきっぷ

(注意事項)
本稿で紹介するきっぷは2020年6月現在のものである。将来にわたって入手できることを保証することはできないので、読者様ご自身の自己責任にて収集いただきたい。

島原船津駅で入手した硬券は、島原港行きの片道普通乗車券(常備式)と入場券である。この駅には硬券のダッチングマシンがあって、他の駅にはない味がある。入場券の中央には黄色い帯があって、デザインが独特である。

本諫早駅で入手したのは、隣の「幸」駅行きの片道普通乗車券(駅名補充式)と入場券である。駅名の語呂が良く、記念になるきっぷだが、記念乗車券類が発売されているわけではないので、窓口で依頼する必要がある。駅名補充式の硬券(実質、補充片道乗車券)なので、報告部分が切り取られて渡されるのが小さな紙片である。

補充券は、青地の車内補充券を駅で発売してもらったものである。駅名改称に対応した新しいものだった。JR連絡の補充片道乗車券、本来は自動券売機で購入できるが、特別に作っていただいた。そして、黄色地の手書きの出札補充券である。用紙の坪量が多い厚みのあるきっぷである。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ