HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスで道内乗り鉄【後編】

筆者は、2020年7月から同年9月までの期間限定で、12,000円で販売されていた破格のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用して、5日間の道内乗り鉄を楽しんだ(このきっぷは、9月29日をもって販売が終了している)。

本稿では、前編の記事に引き続き、北海道鉄道の周遊2日目から最終日まで、旭川駅から最北端の稚内駅を訪れた後、道東の網走駅、根室駅を訪れる旅程を皆さまにご紹介したい。

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスについての説明は、以下のリンクをたどって、前編の記事からお読みいただきたい。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の券面

JR北海道の北海道新幹線の区間を除くすべての在来線に6日間乗り放題のこのきっぷの券面は、以下のようなものである。

1枚目の本体の券面には、氏名の記入欄と座席指定を受けた回数を記録する欄がそれぞれあって、マルス8.5cmの自動改札を通れる券である。券面に結構余白があるので、記念に途中下車印を押してもらうことができた。

2枚目のご案内の券面。特急列車の普通車自由席が回数の制限なく乗り放題なこと、普通車指定席の座席指定を無料で4回まで受けられることが記載されている。

2日目(9/23):旭川駅⇔稚内駅の往復

前日の1日目は、北海道のJR最南端の函館駅から、北に向けて旭川駅まで移動した。旭川駅前のホテルに投宿して、2日目は朝5時半過ぎに再び旭川駅のホームに立った。

(5) 旭川駅→稚内駅(宗谷本線)

普通321D/4323D/4325D 6:03分発→12:08分着

日本最北端を走る普通列車に乗ってみたくて、あえて早朝の普通列車を選んだ。

5番線のホームに上がったら、すでに2両編成の列車が止まっていて、すぐに乗車が可能であった。先頭のキハ54が終点の稚内行きで、後の車両が途中の名寄で切り離される。

行先表示のサボは「宗谷線」の旅情を誘うものである。

車内の様子。車両の中央がクロスシートの部分で、その部分の定員が24である。朝早いにも関わらずこの列車目当ての鉄道ファンたちが集ってきて、早い時間に全区画が埋まっていた。稚内までの6時間の道中、鉄ちゃんの年齢層高いおじさんたちばかり乗っている感じだった。

名寄駅を過ぎると、人跡未踏な感じの天塩川沿いの区間を走るようになる。限界集落を思わせる車窓である。

途中の豊清水駅で特急サロベツ2号の行き違いで数分間停車。野趣あふれる風景である。

旭川駅の出発から4時間たった10時過ぎ、糠南駅を過ぎて天塩川沿いの区間で、線路にエゾシカが乱入して、数分間停車した。貴重なシーンだった。

幌延駅で列車番号が変わり、21分間停車した間に、北の大地入場券を購入してみた。幌延駅版は細長いきっぷである。

酪農地帯を走り、抜海駅から南稚内駅の間で海を臨む見事な車窓を堪能してから、定刻に稚内駅に到着。旭川駅からの運賃表示がすごいことに。

【日本最北端の地宗谷岬に向かう】

折り返しの特急宗谷号の発車まで時間があったので、宗谷岬まで路線バスで向かった。駅の案内所で往復きっぷを買うと、若干割引になる(写真は障害者割引)。

発車時刻の前に停留所に着くと、長蛇の列でびっくり。バスに30人以上の旅行者が乗り込んで、50分間車内が混雑していた。筆者が利用したHOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスや東日本・北海道パスの利用者が多かったようだ。

日本最北端の地の碑。サハリンをはっきりと眺めることができた。

(6) 稚内駅→旭川駅(宗谷本線)

特急宗谷号【指定席】 17:46分発→21:26分着

旭川との日帰りの往復はかなり強行軍で、旭川に戻るのがかなり遅くなった。稚内駅改札での発車案内。

出発10分前に改札が始まり、あわただしく車内に入った。列車の終着は札幌駅だが、途中の旭川駅で下車する格好である。

この区間でも指定席を取っておいたので、ゆったりと座ることができて快適だった。自由席車両は1両のみなので、かなり混雑していた模様である。

夜21:30分にこの日の旅を終えて、ホテルの部屋に戻った。

3日目(9/24):旭川駅→釧路駅

3日目は、旭川から石北本線と釧網本線を利用し、途中網走駅で観光をしながら、釧路まで移動した。ホテルの出発はゆっくりめだった。

(7) 旭川駅→網走駅(石北本線)

特急オホーツク1号【指定席】 8:35分発→12:17分着

札幌発のオホーツク1号、出発3分前の8:32分に入線した。

車両はキハ183系の古い車両である。指定席の車両は若干の空席があるくらいの程よい混みかたで、観光客よりも用務客が多かった。

途中、遠軽駅で進行方向が逆になり、終点の網走駅まで快走。大多数の乗客が北見駅か網走駅まで乗車していた。

【網走市内の観光】

乗り継ぐ釧路駅行きの列車の出発まで約3時間あったので、急ぎで網走市内の博物館まで路線バスで行ってみた。特急列車の到着時刻に合わせて網走バスが運行されていて、博物館網走監獄、オホーツク流氷館、道立北方民族博物館を結んでいる。前二者のうち1か所の博物館を見学して、網走駅に戻ることをお勧めする。

(8) 網走駅→釧路駅(釧網本線)

普通4729D 15:10分発→18:45分着

網走駅まで戻り、14:30分には改札口から中に入れるのを待った。14:50分に改札が始まるまで、10人以上の観光客が列を作っていた。この列車、思ったよりも地元の乗客よりも観光客のほうが多かった。

車両は定番のキハ54の1両単行である。行先表示のサボは、わかりやすい「釧路」。

車内は全員座れたものの、いい席に座るには要領よく乗車しなければならなかった。

網走駅を出発した直後は、左手にオホーツク海、前方に知床連山を眺めながら走る。釧網本線の釧路行きは、進行方向の左側に座ったほうが眺めがよいが、筆者は右側に座って失敗だった。

途中の知床斜里駅で多くの乗客の乗り降りがあり、夕暮れの車窓を見ながら一路釧路駅へ。途中の清里町駅で少々停車。斜里岳の眺めが見事だった。

摩周駅を過ぎたころに日が暮れて、真っ暗な釧路湿原を通って、終点の釧路駅に到着。立ち客がいるくらい混んでいた。

4日目(9/25):釧路駅⇔根室駅の往復

前日までずっと晴天に恵まれていたが、この日から天気が下り坂だった。この日は雨にならず、何とか天気が持った。根室本線の花咲線の区間を乗車して、本土最東端の根室市に向かった。

(9) 釧路駅→根室駅(根室本線)

普通5627D 8:18分発→10:45分着

ホテルを出て、朝7:30分過ぎに釧路駅入り。

「地球探索鉄道」花咲線のポスター。鉄道の堅いイメージをソフトタッチで演出している。

ちょっと早いと思ったけど、7:40分に4番線ホームに着いた。すでにドアが開いていて、すぐに乗車できたが、さすがに自分が一番乗りだった。JR北海道管内の始発列車のスタンバイが早くて、助かる。

行きの車内。キハ54単行のデフォルトの設定。乗車する日の前の四連休、この花咲線の単行列車に85人の客が殺到して、大混雑だったとの報道があったが、この日は鉄道ファンが多く集うということはなく、穏やかな乗り鉄を楽しめた。

厚岸駅を過ぎ、糸魚沢駅まで向かう車窓。進行方向右側に湿原が見えた。この眺めのいい区間、時期限定で徐行運転されていて、この日も徐行で風景を楽しめた。

途中で長時間停車することなく、終点一つ前の東根室駅に到着。

終点根室駅には「日本最東端有人駅」の表示が。ちょっと苦し紛れである。

【本土最東端の納沙布岬到達】

根室交通の路線バスを利用して、納沙布岬まで行ってみた。

乗車する前に、案内所で往復のきっぷを買ってから乗車。1日5往復の路線である。

納沙布岬にて。「返せ北方領土」の表示が政治的である。歯舞群島をうっすら眺めることができた。

根室駅に帰ってきて、駅から徒歩15分の所にある回転寿司屋の「根室花まる」さんで限定メニューを楽しんだ。根室店限定の花咲がに軍艦とカニが入った鉄砲汁が美味だった。

(10) 根室駅→釧路駅(根室本線)

普通5632D 16:12分発→18:51分着

根室駅舎の西にある線路の切れ目を訪れてから、根室駅に入った。

帰りの列車のキハ54の車体には、ルパン三世のラッピングが。作者のモンキーパンチの出身地が沿線の浜中町というのに由来しているそうである。

車内のシートは特急列車から流用したもので、リクライニングもきいて大変座り心地が良かった。シートの向きが転換しないので、お目当ての座席は早く押さえたい。

5日目(9/26):釧路駅⇔塘路駅の往復

北海道道東に台風が近づいてきていて、この日はあいにく大雨の一日だった。くしろ湿原ノロッコ号に乗車するのを楽しみにしていたのだが、大雨の中の乗車であった。

(11) 釧路駅→塘路駅(釧網本線)

(12) 塘路駅→釧路駅(釧網本線)

日中の「くしろ湿原ノロッコ」2号と1号に乗車して、釧路湿原の中をトロッコ列車でめぐった。大雨にもかかわらず大勢の観光客でにぎわっていて、ほとんど満席だった。

その道中を別稿に詳しく記事化したので、あわせてご一読いただきたい。

 
スポンサードリンク

 

 
関連コンテンツ