「DL大樹」号(東武鉄道)一番列車に乗車!

スポンサードリンク

東武鉄道鬼怒川線の下今市駅から鬼怒川温泉駅の区間(いずれも栃木県日光市)を走る観光列車として、ディーゼル機関車が客車を牽引する「DL大樹」号が2020年10月31日から登場した。

蒸気機関車が牽引するSL大樹号のほうが人気があるが、DL大樹号でも汽車旅の風情を味わうことができる。DL大樹号の運行に先立って客車の編成も増備されていて、かつてJR北海道の夜行急行はまなす号やまりも号で使用されていた「ドリームカー」が鬼怒川温泉に登場した。

筆者は偶然にも、鬼怒川温泉駅発の一番列車である、DL大樹4号のドリームカーに乗車できたので、当日乗車した時の様子を皆さまと共有したい。

また、DL/SL大樹号に乗車するために必要な座席指定券、硬券を入手することができたので、あわせてご紹介したい。

昔懐かしい硬券の座席指定券を入手!

SL大樹号・DL大樹号に乗車するためには、乗車券の他に座席指定券が必要である。

列車出発の1か月前から前売りで購入可能で、駅の窓口や券売機で購入した場合、通常は端末で発券された券になる。ネットで席番を指定して、クレジットカード決済で購入することも可能である。

鬼怒川温泉駅で当日券に限って、通常の端末券ではなく、昔懐かしい硬券のきっぷで座席指定券を出してくれる粋なサービスがある。昭和レトロの雰囲気に浸るのがこの列車の魅力の一つなので、きっぷがその雰囲気を醸し出してくれるのは筆者的にはうれしいことである。

以前SL大樹号に乗車した時にも硬券の座席指定券を入手した経緯があって、今回も発売しているか知りたくて、ふらっと鬼怒川温泉駅の窓口を訪れた。

鬼怒川温泉駅のきっぷ販売窓口、通常は写真の右手にある特急券売り場であるが、SL・DL大樹号の座席指定券に限って、写真左手のツーリストセンターでの扱いがあることはあまり知られていないと思う。

DL大樹号の硬券の座席指定券を扱っているか聞いてみたら、扱ってくれるということだったので、早速発券を頼んでみた。その際、若干条件があるので、列記したい。

● 鬼怒川温泉駅発の座席指定券であること
● 列車出発当日の座席指定券(当日券)であること
● 当日でも座席に空きがあること
● 座席の席番は指定できず、号車指定に限ること

これらの条件によって、結構硬券を入手できるパターンが絞られてしまうのが確かである。(なお、東武ワールドスクウェア入口の入園券売り場でも、SL/DL大樹号を含めた東武線のきっぷを購入できるが、その場合補充券を入手可能である。)

今回はこれらの条件を満たすことができたので、硬券を入手できた次第である。

号車を指定できたので、2号車のドリームカーを希望して、席番はお任せということで座席指定券を購入することができた。

きっぷには日付が入るが、ここでは硬券に日付を刻印するダッチングの作業を体験させてもらうことができる。大人でも楽しい体験だが、意外とコツが必要だったりする。

硬券の裏面には、業務用のPC(もしくは電話)で座席指定したしるしである、券No.が手書きで記載されている。

通常は端末で発券される座席指定券を硬券で発売している根拠が結構力業で、「運輸機関 東武鉄道」の船車券として発行されている。船車券は通常旅行会社に販売を委託されている形態なので、うまく考えてやっているなと嬉しく思う(東武鉄道の子会社、東武ステーションサービスを旅行会社の扱いにしていると思われる)。

筆者のような鉄道ファン(特にきっぷ派)に楽しみを与えてくれる粋な配慮だと思う。

日光埋蔵金弁当で腹ごしらえ♪

DL大樹4号に乗車する時間帯がランチ時でもあるので、筆者は列車の中で食事をとることにした。列車に乗車する前に、駅の売店をのぞいてみたら、駅弁が数種類売られていたが、目についたのが「日光埋蔵金弁当」1,350円(税込)。金属製のシャベル型スプーンにつられて、筆者も購入してみた。

この弁当、ごはんの部分とおかずの部分の二段重ね。ごはんの部分には焼き卵がまぶされていて、おかずの部分には、日光名物であるゆばとさつまいも、牛肉の煮物と焼き鮭が入っていた。味わいは至って和風で、地味で落ち着いた懐かしい味付けだった。

2号車ドリームカーの車中で食したのであるが、弁当を置ける大きなテーブルがなく、やむなく隣の席に置いての実食だった。

群馬県で販売されているおぎのやさんの峠の釜めしに比べたら、価格は強気の設定であるが、スプーンのお土産付きということで、良しとしよう。

DL大樹4号に乗車!

4号:鬼怒川温泉駅 12:54発 →(東武鬼怒川線)→ 下今市駅 13:29分

鬼怒川温泉駅には出発1時間前に入り、座席指定券を先に購入し、日光埋蔵金弁当を購入してから自動改札を通過したのが、12:30分頃だった。

乗車した10月31日は天気が素晴らしい快晴で、飛び石連休の初日ということもあって、観光客がかなり多かった。そのためか、下りの鬼怒川温泉駅行きSL大樹号は2便ともほぼ満席だった。

DL大樹号はどうかというと、運行初日であまり知られていないこともあってか、空席に余裕があったようである。実際に乗車した4号も空席に余裕があって、2号車のドリームカーも間際で席を取ることができた。1・3号車の一般車両はかなり空いていた。

自動改札から見た出発案内。DL大樹号は2番線からの発車で、跨線橋を渡らずに済んだ。表示にある「6両」はうそで、正しくは「3両」である。

2番線のホームに入ったタイミングで、列車の先頭になるディーゼル機関車DE10型機がやってきた。機関車の塗色は、JR北海道の北斗星号と同じもので、ここは北海道か、という感じだった。運行初日の初便にしてはギャラリーが少なく、連結の瞬間を静かにみることができた。

2号車のドア横にある「ドリームカー」の表示。JR北海道で走っていた「はまなす」「まりも」号時代そのままの車両で、往時を思い出して懐かしく感じた。

大樹号のサボも懐かしい。

機関車が連結されてから時間が経たずにドアが開き、車内に入ることができた。客室とドアの間にあるミニラウンジも、はまなす号やまりも号の雰囲気がよく出ていた。

ドリームカーはグリーン車仕様なので、シートピッチが広く、座席の座り心地もよい。もともと夜行列車の指定席であっただけに、リクライニングの角度もとても深い。座席のモケットの色も薄茶色で、普通車の青色とは違った雰囲気である。

客車の車端部。車番は「オハ14 505」である。指定席の表示の黄緑色が懐かしい。

ドリームカーの座席の間隔(シートピッチ)がとても広いため、窓枠と座席の位置が不規則になっている。座ったら見えるのが外の風景ではなく、窓枠だったという席もあるので、注意されたい(写真から判断する限り、上り4号・8号の4番の席は良席だとわかる)。

1・3号車は、普通車の青色の座席である。2号車のドリームカーの座席は固定リクライニング式で、リクライニングが固定されるが、普通席の座席は簡易リクライニングで、席を立つとリクライニングが解除されてしまう。国鉄時代そのままの青色の座席が、観光列車にしては冷たく感じてしまうのは筆者だけであろうか。

鬼怒川温泉駅を定刻に出発してから、下今市駅に到着するまではわずか35分で、筆者はランチの駅弁にかぶりついている間にかなりの距離を走ってしまっていた(汗)。

2号車ドリームカーの実際の車内はこのような感じで、満席からは程遠い状態だが、結構乗っている印象である。

普通車の1号車は、乗客がほとんどおらず、空気を運んでいるようだった。

大樹号が1日4往復体制ということで、途中の大桑駅で下りのSL大樹5号と離合する瞬間があった。この風景は、大樹号が運行開始されてから今日が初めてだったと、アテンダントさんが話していた。

アテンダントさんが座席指定券の確認にやってきて、指定券を見せたら記念乗車証と手書きのアテンダント通信をくれた。SLアテンダント通信はSL大樹号の運行開始から出ているもので、通算で19号となっていた。内容は差しさわりない観光案内だった。

下今市駅には定刻に到着。短い汽車旅だったが、図らずもいい体験ができた。

かつてSL大樹号に乗車した時の乗車記もお読みください!

タイトルとURLをコピーしました