「GoToトラベル」新幹線利用で京都紅葉を満喫♪

スポンサードリンク

2020年秋から展開されている国の観光振興策「GoToトラベル」での旅行費補助を利用して、2020年11月末に京都まで新幹線に乗車し、ホテルに宿泊した上で紅葉を楽しんだ。

GoToトラベルでは、交通機関を宿泊とパッケージで組んだ場合、宿泊分だけでなく、往復の交通機関分を含めて旅行代金から35%割引が適用されるので、今回は旅行会社でネット上で完結するパッケージ商品をリーズナブルに購入できた。

本稿では、新幹線とホテル宿泊の旅行パッケージ商品をGoToトラベルの割引で購入するまでの顛末と、実際に地域共通クーポン(電子クーポン)を受け取って利用した体験、旅行パッケージ特典としてのお寺の夜間特別拝観をした体験など、おひとりさまで京都旅行を楽しんだ体験を発信したい。

東福寺の紅葉

旅行パッケージ商品の予約・購入

筆者は、普段は交通機関とホテル宿泊をまとめてパッケージで購入することはないのだが、今回は交通機関としての往復の新幹線とホテル宿泊がセットになったパッケージ商品を購入してみることにした。

多くの旅行会社があるが、多くの京都ツアーを販売しているJR東海ツアーズの商品設定が2人以上の設定だったため、おひとりさまの筆者は利用できず、一人でも利用できる日本旅行を利用することにした。

日本旅行のウェブサイトを見てみたら、往復の新幹線とホテル宿泊を自由に組み合わせて、自分で手配を行うことができるのが分かったので、早速予約した。

泊まりたいホテルを選んでから、利用したい宿泊プランを選び、往復の新幹線を選んでいき、内容を確認して決済する流れである。嬉しいことに、往復の新幹線の好きな座席をネット上で表示される座席表から選べたので、新幹線単品で予約購入する感覚と変わらなかった。

今回は「JR限定列車で行く京都」の旅行プランで、「ずらし旅選べる体験ご利用券」が付いてくるもので、片道2,400円で普通車からグリーン車にアップグレードできる。筆者は、帰りの新幹線だけグリーン車にて予約した。

予約と同時にGoToトラベルの35%分を割引いた金額にてクレジットカードで決済して、即座に予約手配が完了し、後日JRのきっぷと宿泊バウチャーが宅急便で届くという流れだった。決済までウェブで完結し、対人のやり取りが一切なかったので、とても楽だった。

予約完了のメールの抜粋。本来の旅行代金26,900円(これでもかなり安いが)からGoToトラベルの補助金額9,410円を差し引いた支払金額が17,490円。さらにGoToトラベルの旅行代金15%分の地域共通クーポンが電子クーポンで4,000円分付いたので、実質的にかかった金額は13,490円だった。

きっぷと一緒に送られてきた日程表。往路の新幹線が普通車、復路がグリーン車である。

JRのきっぷの他に、宿泊とずらし旅体験のバウチャーが同封されていた。

東京駅から京都駅まで新幹線で移動♪

京都に向かう往路の東海道新幹線は、普通車指定席を利用した。日本旅行から送られてきた新幹線のきっぷ(乗車票)には、指定された列車の座席以外は利用できない旨記載されている。ありがたいことに、新幹線のエクスプレス予約のように新幹線以外の在来線は別に運賃がかかるのではなく、東京都区内と京都市内の任意の駅を利用できるので、助かった。

本来は繁忙期で列車の本数も多いはずだが、この日は列車の本数が少なく、ホームも閑散としていた。

普通車指定席の座席。乗車したのは日曜日の昼下がりの時間帯の下りのぞみ号だったが、乗車した14号車はE席とA席が埋まる程度で、乗車率30-40%程度の空いた車内だった。

東京駅から京都駅まで2時間15分。列車の乗車中に15時を回ったので、早速GoToトラベルの地域共通電子クーポンを取得した。

GoToトラベル地域共通電子クーポンの取得方法

日本旅行に限らず、大手旅行会社のパッケージ商品を購入する場合、地域共通クーポンは電子クーポンでの配布となる。同じパッケージ商品でも、旅行会社直販でなく、じゃらんや楽天トラベルで購入した場合は紙クーポンになるらしいので、検討されたい。

紙クーポンはとても多くの店舗で利用でき、実質的な地域振興券的な代物だが、電子クーポンはスマホが必要で、煩雑な操作が必要で、なおかつ利用できる店舗が少ないと、使い勝手がいかんせんよくない。

チェックイン日の15時以降にクーポンを取得するわけであるが、事前に通知される「旅行業者等ID」「予約番号・受付番号等」「初泊の宿泊施設の都道府県」が必要である。安全上、この予約番号を他人に知られないようにされたい。

QRコードを読み込めるスマホ上のSafariやChromeといったブラウザ上で、クーポン受け取りサイトを開き、上記の3項目を埋める。

現在SMS認証が必要なので、メッセージを受け取れる電話番号を入力すると、メッセージが届くので、記載された番号を入力する(必ずしも予約した時登録した電話番号である必要はなく、任意のもので大丈夫)。

すると、あらかじめ通知された金額分のクーポンが表示されるわけである。

地域共通電子クーポンの利用方法

京都めぐりに地下鉄とバスを利用するので、地下鉄・バス二日券を地域共通クーポンで購入した。JR京都駅西口のコンコース上にある京都総合観光案内所では、電子クーポンも利用できるので、お勧めである。

地域共通クーポンは1,000円単位で利用できるが、おつりが出ないので、1,700円の二日券の購入に1,000円分だけ利用し、残額は現金で払った(地域共通クーポンを利用する場合、返品できない)。

利用するには、先ほど受け取った電子クーポンの画面上で利用したい金額を1,000円単位で選択し、以下の画面になったら[QRコードをスキャンする]をタップする。

QRコードを読み取り、店員さんが見ているところで[利用済みにする]をタップすると、以下の画面のように引換済み(Exchanged)の状態になる。その時点で利用が完了する。

なお、利用したクーポンは以下のように一覧表示される(全額利用が完了したイメージ)。

宿泊するホテルにチェックイン!

地下鉄・バス二日券をゲットし、早速宿泊するホテルに向かった。

宿泊したのは、烏丸五条にある京王プレリアホテル。2年前に開業したばかりの新しいホテルである。本来はインバウンドの外国人観光客をターゲットにしていたと思われるが、現在はGoToトラベルで、リーズナブルに日本人客に利用されている状況である。

部屋にはバスタブがない分だけゆったりしている。大浴場があるホテルなので、部屋にバスタブがなくてもオッケーである。

ずらし旅で建仁寺の夜間貸切拝観を満喫♪

JR東海が主催しているずらし旅のアクティビティーの一つとして、京都では祇園にある建仁寺の夜間貸切特別拝観を体験できる。宿泊したホテルや京都駅まで近いこともあって、筆者はこれを選んだ。新幹線を利用するパッケージ商品であれば、主催旅行会社がJR東海ツアーズに限らないようである。

旅行出発前に、日本旅行からずらし旅体験利用のためのバウチャーが送られているので、これを持参。

ツアー客のみに特別に夜間に開放される建仁寺、開始時刻の17:30分の少し前に着いたら、多くの人がすでに並んでいた。旅行出発前に送られてきたずらし旅のバウチャー券を係員に渡すと、以下のA4版の案内をくれた。

内部が思ったより広く、たくさんの人で密という状況ではなくて良かった。夜の枯山水の庭園が凛とした感じだった。

京都駅からの帰りはグリーン車で♪

東京駅への帰りの新幹線、今回のパッケージ商品では、京都駅の出発時刻が20時以降の列車だけ選べる。筆者も20時過ぎに出発する列車に乗車し、復路はグリーン車を利用した。

普通車指定席の料金に片道2,400円追加して、ゆったりと静かな空間を得ることができた。旅行商品の中には、差額を出すことでグリーン車を利用できるプランもあるので、検討してみることをお勧めする。

復路の列車に乗車。20時過ぎ発の遅い列車であった。

グリーン車の座席はシートの作りが違い、やはり快適である。新幹線のグリーン車は、筆者もおススメする。

GoToトラベルを利用すると、行き帰りの新幹線の運賃・料金分も割引になるので、単品で手配するよりも旅行パッケージの形で購入するとおトクになる。京都に限らず、新幹線で向かう目的地への旅行であれば、利用を検討する価値はあるかと思う。

北野天満宮の花手水
タイトルとURLをコピーしました