「新幹線eチケット」スマホのトラブルの際は

スポンサードリンク

東北・北海道新幹線、上越・北陸新幹線等のJR東日本を中心としたエリアを走る新幹線に紙のきっぷなしに乗車できる、新幹線eチケットのサービス。えきねっとで列車の予約と決済を事前に行うことで、紙のきっぷを受け取る必要なくそのまま自動改札をすばやく通過できる。

えきねっとでの事前割引の料金である「えきねっとトクだ値」を利用する場合、新幹線の場合はこのサービスの利用が条件となる。

所定の運賃料金の場合、紙のきっぷを購入するよりも200円安く乗車できて(指定席)、JR東日本のポイントサービス「JRE POINT」も2%分のポイントが付与され(スマホでのチケットレス乗車で指定席の場合)、紙のきっぷを引き換える手間も暇もかからない便利さがある。このサービスを利用して、新幹線の自動改札を通過するには、(プラスチック製の)交通系ICカード、もしくはスマホに搭載された「モバイルSuica」「ApplePayのSuica」のいずれかが必要である。

その便利さからスマホを利用してチケットレスで乗車するのを筆者もお勧めするが、スマホを忘れたり、スマホを落として故障させてしまったり、スマホの電池が急に切れてしまうというトラブルは、まま発生すると思われる。

その場合でも、新幹線に乗車する前であれば、あまり知られていない代替手段があるので、安心していただきたい。本稿では、その代替手段として、新幹線eチケットでも紙のきっぷを受け取って乗車できることをご紹介したい。

指定席券売機で紙のきっぷを受け取る(自動改札通過前)

仙台駅から新幹線に乗車する機会があり、筆者もこのようなトラブルを想定して、今回はチケットレス乗車ではなく、あえて紙のきっぷを受け取ってから乗車してみた。

指定席券売機で紙のきっぷを受け取るには、えきねっとで決済した時のクレジットカードが必要である(えきねっとでクレジットカードで決済した場合)。そのクレジットカードも忘れてしまうと紙のきっぷも受け取れず、救済手段がないため、財布などに入れて常に携帯されるとよいだろう。

券売機では、最初に[インターネット予約の受け取り]を押してから、[えきねっと予約の受け取り]を押すと、予約が完了している列車が一覧表示される。その際、本来チケットレス乗車できるものも表示されて、紙のきっぷとして受け取ることが可能である。

これが、実際に受け取った紙のきっぷである。えきねっとで50%引きの「えきねっとトクだ値スペシャル」でとった、仙台駅から大宮駅までのものであるが、券面の見た目では普通の乗車券・特急券と同じである。

きっぷの他に、ご利用票兼領収書も同時に発行されて、受け取ることができる。チケットレス乗車の場合は、えきねっと上でPDF形式の領収書をダウンロードすることが通常可能であるが、この場合は紙でも受け取ることができる。

なお、最近始まった、利用代金をコンビニで決済した場合の紙のきっぷの受け取り手順について。新幹線eチケットには通常のえきねっと予約と異なり、受け取り用QRコードが発行されないので、指定席券売機では直ちに受け取れないことになる。駅の係員にご相談されたい。

受け取った紙のきっぷを紛失しないようにご注意されたい。

他の交通系ICカードに紐づけて乗車する(自動改札通過前)

チケットレス乗車する際に使用する予定のスマホが使えない場合でも、他のデバイスでえきねっとの画面にアクセスできる場合、他の交通系ICカードを紐づけて利用することでトラブルを回避できる。ただし、トラブルで気が動転している最中でいろいろ試すのは無理があるので、上述の方法で紙のきっぷを発券したほうが気持ちが楽なように思える。

新幹線自動改札を通過後のスマホのトラブルの場合

かなりイレギュラーなケースと考えられる。本稿末の規定を参照しても、新幹線eチケットの場合の対応が明文化されていないため、降車時の新幹線自動改札で駅係員に相談されることをお勧めする。その際、きっぷの紛失時の規定が準用されて、改めて所定の運賃料金を支払う必要があるかもしれないので、その際に確認されたい。

なお、「タッチでGO!新幹線」利用の場合は同じケースでの規定があり、所定運賃料金を現金で再度支払うことになるので、ご参考まで。

チケットレス乗車との違い|JRE POINTの付与率

えきねっとで、新幹線eチケットとして予約決済した列車に乗車する際は、スマホに何らかのトラブルが生じた場合でも、紙のきっぷを受け取ることによって救済されることを上述したが、チケットレスで乗車した場合と何らかの違いはあるのであろうか。

筆者が調べる限りでは、紙のきっぷを受け取るからといって、運賃料金の追徴があるわけでもないし、発券手数料もかかるわけではないので、さしたる不利益は存在しない。

唯一存在する違いは、指定席を利用して乗車で得られるJRE POINTの付与割合である(自由席利用の場合のポイント付与なし)。

● チケットレス乗車(スマホ利用):2.0%

● 紙のきっぷを受け取った場合(交通系ICカード利用を含む):0.5%

ポイントサービスに興味がない向きには何らの不利益がないことになるが、ポイントもちりも積もれば山となるので、チケットレスで乗車するに越したことはないと思う。

根拠となる規定(抜粋して引用)

新幹線自由席SF乗車サービス(タッチでGo!新幹線)特約

第18条(改札後に登録ICカード乗車券等を紛失した場合等の取扱い)

新幹線改札機を入場した後に、登録ICカード乗車券等を紛失し、新幹線に乗車した場合、実際の全新幹線乗車区間に対して旅客規則に規定する旅客運賃及び料金を収受します。

2 新幹線改札機を入場した後に新幹線に乗車し、携帯情報端末等の故障、電池切れ等により、当該携帯情報端末等の登録ICカード乗車券等を利用できない場合については、前項を準用します。

JR券申込サービスに関する規約

第12条(新幹線eチケットサービス)

15. 新幹線eチケットサービスにより購入した乗車券類の旅行開始前に、予約を紐づけた交通系ICカードの紛失・破損等当該交通系ICカードを利用できない事情が生じた場合は、会員及び利用者は以下のいずれかの方法により乗車するものとします。
(1)本サービス上で、予約を紐づけた交通系ICカードを他の交通系ICカードに変更の上、IC乗車する方法
(2)新幹線eチケットサービスきっぷの引渡しを受けて、乗車する方法

16. 新幹線eチケットサービスきっぷの旅行開始前に、同きっぷを紛失した場合は、乗車区間に対して旅客規則第268条第1項及び第2項の規定を準用します。

17. 新幹線eチケットサービスにより購入した乗車券類の旅行開始後に、IC乗車に使用した交通系ICカード又は新幹線eチケットサービスきっぷを紛失した場合は、前項の規定を準用します。

18. 第16項又は前項の規定による取扱いを受けた場合、以下に定めるところにより新幹線eチケットサービスにより購入した乗車券類の払戻しを請求することができます。この場合、すでに収受した発売額から当社が別に定める手数料を差し引いた残額を払い戻します。
(1)交通系ICカードを紛失等したとき
会員は、旅行終了後、えきねっとサポートセンターへ電話により申し出た後、使用した乗車券類をえきねっとサポートセンター宛に郵送して、払戻しを申し出ることとします。なお、その際に必要な郵送費等は、会員が負担するものとします。
(2)紛失した新幹線eチケットサービスきっぷを発見したとき
会員は、使用した乗車券類と発見した新幹線eチケットサービスきっぷとを本サービスを取り扱う駅の窓口に差し出して、発見した新幹線eチケットサービスきっぷの払戻しを受けるものとします。

(2021年8月12日 本文加筆・修正)

タイトルとURLをコピーしました