「新幹線eチケット」と「タッチでGo!新幹線」の使い分け【新幹線自由席】

東京駅新幹線乗り場
スポンサードリンク

JR東日本管内の新幹線(東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線)では、指定席だけではなく、自由席でもチケットレスで乗車する機会が多くなってきているかと思います。

新幹線自由席にチケットレスで乗車するには、えきねっとで「新幹線eチケット」として決済するか、「タッチでGo!新幹線」でSuica等にチャージしたSF残高で乗車するかの2通りの方法があります。

紙のきっぷを受け取らずに、手元のスマホや交通系ICカードを利用するチケットレス乗車には、これらの2つ方法がありますが、その違いが何であるか、疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どちらを利用した方が有利でしょうか?

ポイント付与優先なら、自由席は「タッチでGo!新幹線」で決まりです!

この記事では、えきねっと「新幹線eチケット」と「タッチでGo!新幹線」のそれぞれのサービスの違いを明らかにし、これらの使い分けについて考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

えきねっと「新幹線eチケット」でチケットレス乗車

東京駅を出発するE4系新幹線

JR東日本・北海道の列車を予約するためのネット予約サービス「えきねっと」を使用して新幹線の予約をする際、指定席だけではなく、自由席の購入を行うこともできます(全車指定席列車の「立席」の購入は不可)。

「新幹線eチケット」で紙のきっぷを受け取らずに手元のスマホや交通系ICカードを利用すると、紙のきっぷの受け取りの手間が省けて、スムーズに自動改札を通ることができます(必要な場合は紙のきっぷを受け取って乗車することも可能です)。

えきねっとを利用するには、従前はクレジットカードでのオンライン即時決済が必要でしたが、現在はコンビニや金融機関での決済も可能になっています(えきねっとアプリを利用する場合は、クレジットカード決済のみ)。「駅でお支払い」は、新幹線eチケットの場合選択できません。

えきねっとは、基本的には指定席を予約する手段であること、そして乗車に先立って事前決済が必要であることを押さえておくといいでしょう。

「タッチでGo!新幹線」でチケットレス乗車

自由席に乗車する際に、モバイルSuicaもしくは交通系ICカードに事前にチャージしたSF残高で運賃料金分が差し引かれ、サクッと乗車できるのが「タッチでGo!新幹線」のサービスです。現在は、JR東日本管内の新幹線全区間が利用可能範囲として展開されています(山形新幹線の福島駅以北と東北・秋田新幹線の盛岡駅以北の区間については、料金設定がある駅間の利用に限ります)。

自由席はもともと予約が不要で、乗車する都度、乗車時にきっぷを購入するのが本質です。その点「タッチでGo!新幹線」のサービスは、SF残高は必要なものの事前決済が不要な点で、自由席利用と相性が良いサービスです。利用する際、ビューカードでのオンラインチャージだけでなく、駅の券売機やセブン銀行のATM等で現金でチャージすることも可能です。

「タッチでGo!新幹線」を初めて利用する際、駅の多機能券売機で利用登録をするか、スマホのSuicaアプリ上でタッチでGo!新幹線の利用設定をONにしておく必要があります。

えきねっとでは、ネット環境と運賃料金の事前決済が必須ですが、「タッチでGo!新幹線」では、必ずしもネット環境を必要とせず、乗車する時にSF残高から運賃料金分が差し引かれる点が大きな違いです。

「新幹線eチケット」 と 「タッチでGo!新幹線」 の共通点

E5系新幹線車両の普通車車内

● 運賃・料金

現在、どちらのサービスを利用しても、自由席の場合の運賃料金に差異はありません。「新幹線eチケット」において、指定席には所定運賃料金より200円の割引がありますが、自由席にはその割引がありません。以前あった「タッチでGo!新幹線」でのキャンペーンの運賃料金はすでに終了していて、現在は所定の運賃料金を支払うことになります。

● 自動改札の通り方

自動改札の通り方はどちらも同じで、利用登録したスマホか交通系ICカードを自動改札機にタッチして利用する形です。交通系ICカードの紛失時の取り扱い方やスマホトラブル時の対応も、基本的には同じです。

新幹線の自動改札機

「新幹線eチケット」 と 「タッチでGo!新幹線」 の相違点

● 紙の証票の発行

「新幹線eチケット」を利用する際、登録したスマホもしくは交通系ICカードを利用してチケットレス利用するのが基本ですが、必要のある場合は紙のきっぷを受け取って利用することも可能です。

また、「新幹線eチケット」の場合、えきねっとのサービスであることから、マイページの利用履歴の画面からPDF形式の領収書の発行が可能です。会社での経費精算で証憑が必要な場合、乗車1件ごとに領収書の入手が可能です。

宛名は自分で入力して出力可能(えきねっと 新幹線eチケット)「上」様の指定が可能

一方で、「タッチでGo!新幹線」を利用する場合、完全なるチケットレスであるため、領収書の都度発行ができません。また、スマホのトラブルが発生した場合も紙のきっぷに引き換えるという概念はなく、紛失時同様現金精算の必要があります(乗車が完了した時点で初めて運賃料金が確定し、差し引かれるため、このような使い方になります)。

通常の交通費精算として証憑なしの小口現金精算が可能である場合は問題ないのですが、出張旅費精算などで領収書が必要な場合、領収書を都度入手できないため、「タッチでGo!新幹線」以外の方法を考える必要があります。

タッチでGo!新幹線を利用した場合の利用記録(使い勝手はモバイルSuicaと同じ)

● JRE POINTの付与の有無

列車の利用でポイントが付くか付かないかという点が、最も大きな違いです。

えきねっとの「新幹線eチケット」を利用する場合、自由席についてはポイントの付与対象外なのが残念です。

えきねっと新幹線eチケットでは、獲得ポイントは今のところゼロ

一方「タッチでGo!新幹線」では、利用金額の2%(スマホのチケットレス乗車)もしくは0.5%(交通系ICカードで乗車の場合)分のJRE POINTが付与されます。本例では、スマホ搭載のモバイルSuicaを利用して大宮駅から東京駅まで自由席に乗車した場合のポイントは、1,660円X2%=33ポイントで、乗車日から約10日後に付与されていました。

タッチでGo!新幹線利用で付与されたポイント(JRE POINTサイトで確認可能)

同じ列車を利用する際、決済手段によってポイント付与の有無が生じるのは、乗客目線では合理性のあることとは言えません。

えきねっと「新幹線eチケット」で自由席を利用した場合でもJRE POINTが付与されることが、JR東日本にとっての課題です。

結局どちらがおススメ?

結論的には「タッチでGo!新幹線」利用でJRE POINTが付与される分、ポイントが付与されないえきねっとの「新幹線eチケット」よりもベターと考えます。JRE POINTの価値は思ったよりも高いため、ちりも積もれば、というところで馬鹿にはできないです。

一方、個別の領収書が必要な場合など、一件づつの決済が必要な場合、えきねっとの「新幹線eチケット」を利用する必要があります。

JRE POINTを利用する場合、Suicaにチャージする以外にも多くの選択肢があり、使い方によってはより少ないポイントでサービスを利用できます。一例としてこんな使い方があるということで、以下の別稿もどうぞ。

参考資料 References

● 「タッチでGo!新幹線」ウェブサイト

タッチでGo!新幹線:JR東日本
あなたのSuicaでかんたん乗車、JR東日本「タッチでGo!新幹線」のWEB サイトです。

● 「新幹線eチケット」ウェブサイト

新幹線eチケットサービス:えきねっと(JR東日本)
チケットレスでJR東日本などの新幹線に乗車できる、「新幹線eチケットサービス」。「えきねっとトクだ値」商品にも対応。新幹線・JR特急列車のきっぷ予約は「えきねっと」で。

● JRE POINT ウェブサイト

JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT
JRE POINTはJR東日本の共通ポイント。貯め方・使い方もいろいろ。便利なポイントサービスです。

改訂履歴 Revision History

2021年8月13日:初稿

2022年4月11日:初稿 再構成

2022年5月17日:初稿 修正

2022年6月21日:初稿 修正

※ コメント ※

タイトルとURLをコピーしました