えきねっとで他社線駅発着のきっぷを買う【小田急電鉄編】

スポンサードリンク

JR東日本のネット予約システムである「えきねっと」では、新幹線や在来線特急列車の指定席を予約できることは広く知られていて、その中には富士急行線や伊豆急行線といった他社線に乗り入れる列車も含まれる。

JRの駅では、接続する社線の連絡きっぷを購入することが可能であるのだが、その中には乗り入れ列車に限らず、実に多くの接続社線への連絡きっぷがいまだに購入が可能である。この制度及び契約の体系は「連絡運輸」と呼ばれる。

現在は交通系ICカードの普及で、連絡運輸の普通乗車券を紙のきっぷとして買うことは風前の灯火の状態になってきていて、駅の自動券売機で連絡普通乗車券を広い範囲で購入するのが難しくなってきている。ただし、連絡定期乗車券に関しては、連絡運輸がいまだに欠かせない制度である。

本稿では、JR線と接続する社線にまたがる連絡運輸の普通乗車券(紙のきっぷ)で、えきねっとで購入できるものを紹介したい。マルスに収録されている駅であれば、社線発の乗車券もえきねっとから購入できうることを共有したいと思う。まずは第一弾として、小田急電鉄との連絡運輸にかかわるきっぷをあげていきたい。

小田急電鉄との連絡運輸のバリエーションは実に豊富

東京の新宿駅と小田原駅(小田原線)、藤沢駅(江ノ島線)、そして特急ふじさん号がJR御殿場線に直接乗り入れする松田駅(小田原線)など、いくつかの駅で連絡するきっぷに関して連絡運輸の契約があり、広範に連絡きっぷを購入することが可能である。

小田急電鉄との連絡運輸には、JR(東日本・東海のみ)および接続する他の民鉄会社も当然に設定があるが、本稿ではJR線について扱うこととしたい。通常は、普通乗車券を購入するには自動券売機で購入するのが原則であるが、その例外が存在することがミソである。

JRの列車予約システムであるマルスには、JR線の駅だけではなく、連絡する社線の駅のうち一部が登録されている。どの駅が収録されているか、その全貌は筆者も把握しきれないが、このことはマルスに収録されている社線の駅発着のきっぷに関してJRの普通乗車券として購入できることを意味する。

小田急電鉄に関しても、JR線に直通乗り入れする特急ふじさん号が運行されていることから、特急ロマンスカーが停車する駅を中心にマルスに収録されているようで、その駅を発着する普通乗車券をJRのえきねっとでも購入することが実は可能である。

一発目は新宿駅接続と登戸駅接続のきっぷを購入

ケーススタディーの1例目は、小田急線の新宿駅接続と登戸駅接続のそれぞれの普通片道乗車券である。マルスに収録されている駅に成城学園前駅(東京都世田谷区)があり、近場ということで選択してみた。

下記の普通乗車券は、見た目は大宮駅と成城学園前駅相互間の往復乗車券にも見えるが、2組の片道乗車券である。小田急電鉄の旅客営業規則から連続乗車券が現在削除されているため、1組の連続乗車券として成立するかどうかは微妙である。

【片道乗車券その1】

大宮駅ー(湘南新宿ライン)ー新宿駅【接続駅】ー(小田急小田原線)ー成城学園前駅

この普通乗車券はJR東日本の駅発のものであるので、原則としては出発当日に大宮駅の窓口でも購入できるきっぷである(意図的に窓口での販売を制限していたら別だが、システム的には発売可能)。大都市近郊区間に含まれる駅相互間の普通乗車券なので、JR線内の乗車経路は任意である。

【片道乗車券その2ー1】

成城学園前駅ー(小田急小田原線)ー登戸駅 【接続駅】 ー(南武/武蔵野/埼京線)ー大宮駅

成城学園前駅から大宮駅まで帰るきっぷである。この普通乗車券は小田急電鉄発のきっぷで、本来は発駅である成城学園前駅の駅窓口で購入するのが筋である。それにもかかわらず、えきねっとではこんなきっぷを仕込むことが現状では可能である(乗車券発売の原則に反しているので、JRのみどりの窓口では発売を断られると思う)。

【片道乗車券その2ー2】

成城学園前駅ー(小田急小田原線)ー登戸駅 【接続駅】 ー(南武/武蔵野/埼京線)ー大宮駅

本来あるべききっぷで、実際に成城学園前駅の駅窓口で購入した同じ効力の普通乗車券である。自動券売機で買える連絡乗車券のバリエーションが限られているため、駅窓口で対応してもらえる。今回の事例では端末機での発券が可能で、登戸駅からの金額式の様式となっている。

二発目は藤沢駅接続のきっぷを購入

ケーススタディーの2例目は、江ノ島線の藤沢駅(神奈川県藤沢市)連絡になる普通片道乗車券である。

【片道乗車券その3】

(小田急)新宿駅ー(小田急小田原/江ノ島線)ー藤沢駅 【接続駅】 ー(東海道/東北本線)ー大宮駅

小田急線の新宿駅から小田急線藤沢駅を経由してJR線で大宮駅まで帰るきっぷである。この普通乗車券は小田急線発のきっぷで、本来は発駅である小田急の駅窓口で購入するものであるが、この経路もえきねっとで仕込むことが現状可能である。

JR線ではなく「小田急線」の新宿駅

【おまけ】

このケースで購入した普通乗車券が「新宿ー大宮」という券面であるので、発着区間が逆の「大宮ー新宿」という券面の乗車券を連絡運輸のもので作れないかと思って考えていたところ、こんなものを思いついて、実際に発券してもらって乗車した。

東武野田線の大宮駅(さいたま市大宮区)から柏駅(千葉県柏市)を接続駅としてJR線に連絡する普通乗車券であるが、これはマルスには収録されていないためえきねっとで仕込むことは困難で、原則通りに当日駅窓口で購入した。東武野田線に柏駅まで延々と乗車するのが修行であったが、体力と根性のある方はどうぞ。

三発目は松田駅接続のきっぷを買えるかどうか

特急ロマンスカーふじさん号が小田急小田原線とJR東海御殿場線とを連絡する松田駅(新松田駅)経由のきっぷをえきねっとで購入できるかどうか、試しに調べてみたら、これができるではないか。いわゆる(2-タ)のパターンの連絡運輸である普通乗車券をえきねっとで購入できるのには、さすがに驚いた。

機会があったら、実際にこの乗車券を購入して乗車してみたい。

※ 特急ふじさん号の特急券については、えきねっとを含むJR東日本では発売しない模様(検索結果に表示されない)

JR線ではなく小田急線の新宿駅、大都市近郊区間ではないため2日間有効

おわりに|ちょっと感動した

今回、えきねっとで購入できる連絡運輸の普通乗車券をどの程度まで仕込むことができるか検証してみたが、想定以上にできることが多いと思った。旅客営業規則および連絡運輸に関するルール上は乗車当日に発駅(最初に乗車する鉄道会社)にて普通乗車券を購入するのが前提である分、えきねっとの柔軟性については乗客にとってはありがたいものである。JR東日本の駅のみどりの窓口が大幅に縮小されるなかで(乗客にとって圧倒的に不利益なこと)、乗客自身にとって利益となることを多く残しておくことは重要だと考える。

参考資料 References

● 連絡運輸に関する規則から一部を抜粋

(236)小田急電鉄

藤沢 (片、往、続)
新宿 (片、往、続)
登戸 (片、往、続)
松田 (片、往、続)

連絡運輸区域
[東] 東海道本線、山手線、赤羽線、南武線、鶴見線、武蔵野線、横浜線、根岸線、横須賀線、相模線、伊東線、中央本線(東京-塩山間)、東北本線(東京-宇都宮間、尾久、北赤羽-北与野間)、常磐線(日暮里-友部間)、 高崎線、総武本線(東京-八日市場間、秋葉原-錦糸町間)、京葉線、外房線(千葉-蘇我間)、成田線(佐倉-成田空港間)各駅

[海] 東海道本線(東京、新横浜、小田原、熱海-浜松間)、 御殿場線、身延線(富士宮、西富士宮)各駅

社線旅客運賃設定駅(普通旅客)
(新宿、登戸、厚木、小田原、藤沢接続の場合) 小田原線各駅、江ノ島線各駅
(松田接続) 小田原線各駅、江ノ島線各駅(東海会社線に限る。片・往のみ)、多摩線各駅(東海会社線に限る。片・往のみ)
(備考)松田接続の連絡特急券(あさぎり号)は、JR東日本での発売はありません。

タイトルとURLをコピーしました