特急列車の自由席あれこれ

スポンサードリンク

現在は、早く快適に移動する優等列車の種別は当たり前のように「特急」であるが、元をたどれば「特別急行」。かつてJRにも存在した「(普通)急行」よりもスペックが高い列車種別として「特別」と名付けられたのだろう。

定期列車からは消滅している(普通)急行列車においては座席指定を行わない自由席が主流で、座席指定を行う指定席が例外であったが、特急列車においてはその逆で、座席指定が原則である。

停車駅が少ないタイプの本来の特急列車では指定席が主流な一方(A特急料金が適用されることが多い)、かつての急行列車から特急列車化した停車駅が比較的多いタイプの特急列車では座席指定のない自由席が主流である(B特急料金が適用されることが多い)。

そんな特急列車の自由席も全車指定席化の流れで、肩身が狭くなってきている。2022年3月には山形新幹線のつばさ号が全車指定席化することで、東北・北海道新幹線系統の列車は大半が指定席化する。在来線の特急列車でも、自由席のある特急列車がいつの間にかに少なくなってしまった。

JR以外の鉄道会社の特急列車も、大半が全車座席指定である。

本稿では、将来的に風前の灯火になるかもしれない特急列車の自由席について、あれこれと書きたいと思う。また、高崎線を走る特急列車の全車指定席化に関する問題点からもお話を進めたいと思う。

自由席のメリット・デメリット

乗客と鉄道会社との利害関係がウィンウィンになることは少なく、鉄道会社にとって都合がいいことは乗客にとっては不利益であることが多いが、メリットやデメリットについて筆者の思いつくことを簡単に列挙したい。

【乗客にとってのメリット】

● 車内の好きな席に早いもの順に座れるため、行動そのものが「自由」である。

● 座席の需要が少ない時は特定の区画に乗客が集中せず、分散するため、乗客同士のソーシャルディスタンスが自然に取られる。

指定席特急券よりも料金が低廉である(シーズナリティが適用されない)。

【乗客にとってのデメリット】

● 早いもの順で乗車するため、乗車前に並ぶ必要がある。

● 繁忙期において指定席が満席な場合に自由席の需要が跳ね上がり、料金を払っても座席を確保できない場合がある

● 料金が低廉な分、座席のスペックが指定席と比較して劣ることがある(九州新幹線やかつてのMaxとき号など)。

【鉄道会社にとってのメリット】

● 予約システムが高度化する以前、予約業務がマンパワーに依存した時は、座席の在庫管理を簡略化することが可能だった(座席のダブルブッキング等のトラブルの回避)。

ただし、現在はシステムが高度になり、鉄道会社にとってのメリットが相対的に薄れているかと思う。

【鉄道会社にとってのデメリット】

● 指定席よりも一席当たりの収入が少ない。

● 車内改札が必須であることから、検札に要する車掌のマンパワーやコストが負担になる。

現在は、メリットよりもデメリットの方が目立っているがゆえに、全車指定席化が進行していると考える。

新幹線における自由席

座席の全車指定席化が進行しているとはいえ、平日朝夕の通勤利用が見込まれる列車に関しては自由席が主流である。また、かつて東海道・山陽新幹線の「のぞみ」号が一時期、一部で全車座席指定されたことがあったが、自由席車両が復活した経緯もある。隣駅区間など短距離区間の利用で、自由席乗車のニーズは依然根強いと考える。

本稿執筆時点では、JR東日本・北海道・西日本における、はやぶさ、はやて、こまち、つばさ、かがやき号が全車座席指定で、それ以外の列車には自由席が利用できる。新幹線においては、言われるほどには全車指定席化が進んでいるようには思えない。

● 新幹線自由席特急券

新幹線の特急料金は(対キロ程ベースであると思われるが)乗車する区間ごとに設定されている。自由席特急料金についてはシーズナリティが適用されないで、指定席特急料金から一定の金額分だけ低廉である。

上野駅から高崎駅まで、とき号、たにがわ号、はくたか号、あさま号で乗車した際の新幹線自由席特急券。

かつて上越新幹線を走っていた「Maxとき/たにがわ」号は、指定席車両が1列5席のリクライニングシートだったのに対して、自由席車両は1列6席の(リクライニングしない)転換シートだったのが、ある意味すごかった。

● 新幹線特定特急券

原則として隣駅間を乗車する場合の自由席特急料金で、低廉な料金が設定されているがゆえの「特定」特急券である。一部、東京駅ー大宮駅、熊谷駅ー高崎駅など、2駅間でもこの特定料金が適用される場合がある。

筆者が乗車することが多い東京駅ー大宮駅間の新幹線自由席利用でも、特定特急券を購入して乗車するかたちである(所定料金1,090円)。どの列車でも自由席であれば乗車することができる。

この特急券は、大人の休日俱楽部の5%会員割引が適用

東京駅ー大宮駅間であれば、E7系のとき/たにがわ号やE5系のなすの号が個人的にはとても快適に感じる。

在来線における自由席(高崎線特急列車を例に)

特に首都圏では在来線特急列車の全車指定席化が進んでいて、自由席が少数派になりつつある。2021年現在残存しているのは、房総特急のしおさい、わかしお、さざなみ号、および高崎線の草津号、あかぎ号(土休日)である。首都圏外のJR東日本管内では、他にいなほ号、つがる号およびしらゆき号も該当する。

本稿では、興味深いケースとして、高崎線を走る特急列車についてふれたい。同線内では、運行日、運行時間帯、運行区間によって、次の3つの在来線特急列車が走っている。

● スワローあかぎ号(上野駅・新宿駅ー高崎駅)【平日】

平日の朝夕の時間帯に運行されている「スワローあかぎ」号は、全車指定席の列車で、A特急料金でもB特急料金でもないJR東日本独自の特急料金が適用される。この列車、(指定席)特急券を買って乗車しても、座席未指定券を持っている先客が自分の買った席に座っている場合があるようで、座る席をめぐるトラブルが想定されそうである。

スワローあかぎ号の場合、座席の上にある座席の予約状況を示すインジケーター(ランプ)がなく、自分がとった席に他人が座っていることがあり得ることから、乗客にとって不利益なのは確かである。この場合、全車指定席とはいえ自由席的な状況もある不完全なシステムと言えよう

全車指定席を謳うのであれば、少なくとも朝夕通勤時の座席確保がウリの列車については、座席未指定券を発売すべきではないと考える。

古い車両ゆえに座席の予約状況を乗客自身で確認できない

● あかぎ号(上野駅ー高崎駅)【土休日】

平日には「スワローあかぎ」号として全車指定席の列車が、土休日には「あかぎ」号として自由席の設定がある列車となる。料金は、従来からのB特急料金で、自由席に乗車することからB自由席特急券を買って乗車することになる。

あかぎ号は短距離区間が多いこともあり、予約なしで乗車できる気軽さもあるとありがたい場合がある。

● 草津号(上野駅ー長野原草津口駅)

平日の日中および土休日に運行される特急列車で、上述の「あかぎ」号と同様、指定席と自由席がある従来からの列車である。近距離乗客と遠距離乗客が混在する特急列車なので、座席指定のニーズと指定なしで乗車したいニーズの両方を満たす列車と言えよう。

やっぱり自由席は気楽♪

新幹線の近距離区間を座席指定なしに「タッチでGo!新幹線」の交通系ICカードで自由席にサクッと乗車できるのが、筆者的にも心地よい。グリーン車は別として、自分の座りたい席を自由に選べる自然体が、筆者は好きである。

早朝の新幹線全車自由席の列車は、至極の空間である。

東北新幹線上り始発列車の「なすの252」号。全車自由席。

※ コメント ※

タイトルとURLをコピーしました