「えきねっとトクだ値」2021年の利用振り返り

スポンサードリンク

JR東日本・北海道管内にて新幹線や特急列車を利用する際、ネット予約限定で格安に利用できる「えきねっとトクだ値」は皆さま利用されたことがあるかと思う。列車を何日前に予約するかで、運賃・料金の割引率が異なってくるが、先の予約であればあるほど割引率が高くなるので、旅行予定が決まっている場合は、できるだけ早く予約するのが旅行費用を節約するコツである。

本稿では、筆者が2021年中に利用したトクだ値料金をリストアップして、2021年を振り返りたい。

えきねっとトクだ値の料金タイプ

ネット予約だけで利用することができるえきねっとトクだ値、割引率によって次の3タイプに分かれる。

● えきねっとトクだ値スペシャル

所定運賃・料金の50%引きと、利用者にとっては魅力的な割引率であるが、この料金の設定席数以上の予約申込があることが多いようで、この割引率で利用するのは結構競争率が高いようである。

乗車20日前までに予約購入することが条件であるが、実質的には事前受付を限りなく早く済ませないと取るのは難しいと思われる。

● お先にトクだ値

所定運賃・料金の30-35%の割引率である。乗車13日前までに予約購入することができるのであれば、かなりお得に利用が可能である。50%引きのスペシャルよりはかなり取りやすいかと思う。

● えきねっとトクだ値

乗車当日まで購入可能なタイプのもので、乗車する列車によって5%から30%前後の割引率までさまざまである。以前は割引率が5%か10%であったが、ここ最近は高い割引率が大盤振る舞いされている印象がある。

3タイプとも共通して注意すべきことは、昨年50%引きだったから今年も50%引きが設定されるとは限らない点である。設定区間と割引率はかなり流動的なので、十分にご注意されたい。

えきねっとトクだ値スペシャル(50%割引)利用例

筆者も、2021年7月に仙台駅まで東北新幹線にて移動する際に、このタイプの料金を利用することができた。

東京駅・上野駅・大宮駅から仙台駅までの間のトクだ値料金は、乗車する列車の種別と予約購入完了のタイミングによって割引率が多様である。

● はやぶさ号(・はやて号)

● やまびこ号(盛岡駅発着の列車)

● やまびこ号(仙台駅発着の列車)

はやぶさ号ほど割引率が低く、かつ取りにくく、下に行くほど割引率が高く、席も取りやすくなってくる。

【大宮駅から仙台駅:やまびこ201号】

運賃・料金金額:5,170円

新幹線eチケットをチケットレスで利用

仙台駅まで各駅に停車するE2系の列車で、終点まで乗車するのが結構しんどかった。この列車、事前受付で申し込んだのだが、第1希望が取れず、第2希望で取れた席である。所要時間が短い列車を高割引率で利用しようとすればするほど、座席確保の難易度が高くなるというわけである。

【仙台駅から大宮駅:やまびこ64号(グリーン席)】

運賃・料金金額:7,000円

新幹線eチケットだが紙のきっぷを発券して乗車
リニューアル前のえきねっとではご利用票が印字された

盛岡駅始発のやまびこ号で、E5系の快適な車両である。事前受付でエントリーした第1希望の普通車の席が取れず、やむなくグリーン席を利用した。

普通車の設定はいつでもあるが、グリーン車については設定があるときとない時があるようなので、ご注意されたい。

お先にトクだ値(30%割引)利用例

在来線特急列車では、特急かいじ号と踊り子号でこの料金を利用した。

【東京駅から伊東駅:踊り子13号】

運賃・料金金額:2,930円

185系車両で運行する踊り子号のラストランだった列車である。第1希望を50%引きのスペシャルで事前受付したものの取れず、乗車1か月前に予約購入したものである。踊り子号については期間限定で設定される傾向が多いように思えるので、設定期間にはご注意されたい。

【新宿駅から甲府駅:かいじ7号】

運賃・料金金額:2,710円

2020年秋には50%引きのスペシャル料金が存在したが、2021年夏にはなく、30%引きにて利用した。乗車1か月前に予約購入する場合、それほど困難なくとれるかと思う。

【甲府駅から新宿駅:あずさ44号】

運賃・料金金額:2,710円

従前は、新宿駅から甲府駅までの乗車で割引設定のある列車はかいじ号に限られたが、2021年夏はあずさ号も利用できた。こちらも30%引きで取ったものである。

旅行予定を早く決めての事前受付が吉♪

えきねっとトクだ値料金での座席予約はネットだけなので、純粋に仮想空間での座席獲得競争になる。その競争は先着順であり、先着になれるのは乗車1か月と7日前の日の14時ちょうどに事前受付のエントリーを行うことである。そのタイミングに間に合うよう、旅行の予定は早く立てられることをお勧めしたい。

在来線特急列車の予約を行う際、きっぷの決済手段を「クレジットカードでお支払い」し、乗車日が近くなってから紙のきっぷに引き換えることも併せてお勧めしたい(新幹線の場合は引き換え不要)。その背景については、以下の記事をご一読されたい。

※ コメント ※

タイトルとURLをコピーしました