きっぷ(紙鉄)

鉄道などのりもののきっぷ(乗車券類)を扱います。昨今は端末から発券された券がほとんどですが、奥が深いものです。

スポンサードリンク
大人の休日俱楽部

連絡運輸の連続乗車券を大人の休日俱楽部割引でどうぞ

筆者が2021年7月に入会した大人の休日俱楽部、JR東日本・北海道管内のJR線の運賃や料金が5%割引になる(ミドル会員の場合)。そのための要件は、1組の片道、往復、連続乗車券においてJR線を201km以上乗車することである。その要件を満た...
運賃(おトク!)

のってたのしい列車を指定席券売機でとるワザ~おいこっと号を例に~

JR東日本管内を走る観光列車(のってたのしい列車)によく乗車する筆者も、それらの列車に乗車する前に指定席券を予約・購入する。その方法としては、えきねっと(インターネット)で予約・購入する方法、駅のみどりの窓口で駅員さんと対面で購入する方法...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」スマホのトラブルの際は

東北・北海道新幹線、上越・北陸新幹線等のJR東日本を中心としたエリアを走る新幹線に紙のきっぷなしに乗車できる、新幹線eチケットのサービス。えきねっとで列車の予約と決済を事前に行うことで、紙のきっぷを受け取る必要なくそのまま自動改札をすばや...
スポンサードリンク
関東近辺

「DL大樹」号(東武鉄道)一番列車に乗車!

東武鉄道鬼怒川線の下今市駅から鬼怒川温泉駅の区間(いずれも栃木県日光市)を走る観光列車として、ディーゼル機関車が客車を牽引する「DL大樹」号が2020年10月31日から登場した。 蒸気機関車が牽引するSL大樹号のほうが人気があるが、...
東日本(その他)

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスで道内乗り鉄【後編】

筆者は、2020年7月から同年9月までの期間限定で、12,000円で販売されていた破格のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用して、5日間の道内乗り鉄を楽しんだ(このきっぷは、9月29日をもって販売が終了してい...
東日本(その他)

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスで道内乗り鉄【前編】

2020年7月から9月末にかけて、JR北海道管内で期間限定のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」が販売された。 北海道による公共交通機関利用促進キャンペーン「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」は、...
西日本

島原鉄道 乗り鉄&補充券収集

長崎県の島原半島を走る島原鉄道線に2020年6月、乗車する機会があった。島原港駅から諫早駅まで乗車した体験と、島原鉄道で入手できる手売りきっぷの情報を写真でお楽しみいただきたい。 (adsbygoogle =...
運賃(おトク!)

JR九州 簡易委託駅の手売りきっぷ

本ブログではJR各社の手売りのきっぷ、補充券を多く紹介しているが、今回九州に出かける機会があり、収集を行った。 JR各社の補充券、入手が容易でないと思われがちであるが、三島会社に関しては実はそれほど難しくない。自治体の中には住民サー...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

2020年3月に、チケットレスでJR東日本管内の新幹線(*)に乗車できるサービス「新幹線eチケット」が始まった。手持ちの主な交通系ICカードやAndroidスマホ(モバイルSuica)、iPhone(Apple PayのSuica)を、え...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」チケットレスで乗車体験!

2020年3月のダイヤ改正から開始された「新幹線eチケット」のサービス。東海道・山陽新幹線の「スマートEX」に類似したチケットレス乗車のサービスがJR東日本管内の新幹線(*)にもようやく導入されたが、筆者も早速このサービスを利用して東北新...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」ICカード登録・予約の手順

JR東日本管内の新幹線 (*) を乗車するのに、紙のきっぷを買うのではなく、スマホや交通系ICカードでチケットレス乗車できる「新幹線eチケット」というサービスが、2020年3月から始まった(*東北・JR北海道の北海道・秋田・山形・上越・J...
レビュー

令和2年2月2日・22日の日並びきっぷ収集記

2020(令和2)年2月、鉄道きっぷファンには心躍る月だったに違いない。筆者も、令和2年2月2日と2年2月22日の日付の数字が「2」だけのゾロ目になるニャンニャンニャンの日に合わせて、硬券収集に出かけてみた。 本稿では、埼玉県の秩父...
運賃(おトク!)

名古屋鉄道環状経路を補充券で乗り鉄!

愛知県と岐阜県内を細かく網羅している名古屋鉄道のネットワーク。路線数が多く、密なので、大回り乗車できる環状経路が2通り存在する。 (1) 枇杷島(名古屋本線)名鉄岐阜(各務原線)新鵜沼(犬山線)枇杷島(2) 須ヶ口(津島線)津島(尾...
のりもの

東海交通事業城北線乗り鉄・きっぷ

愛知県春日井市にある勝川駅から名古屋市西区を経て、愛知県清須市にある枇杷島駅まで、名古屋北郊の地域を走る、城北線という11.2kmの路線がある。この路線は、JR東海の子会社の東海交通事業という会社によって運営されているので、準JR路線とい...
のりもの

近鉄準環状経路乗り鉄(王寺駅→新王寺駅)

近鉄線の路線図を見ると、大阪府と奈良県の地域にかけて、電車に乗って一周できる経路が存在する。大阪府東大阪市の布施駅から奈良市の大和西大寺駅、橿原市の大和八木駅を経由して、布施駅に戻る経路である。さながら近鉄ランドである。 本ブログで...
レビュー

「平成」→「令和」移り変わりの瞬間をきっぷで振り返る

2019年5月、時代が「平成」から「令和」に変わった。本稿でも、新時代の令和の初にふさわしい投稿として、平成31年4月おわりから令和元年5月のはじめにかけての記念きっぷなどで振り返ってみたい。 「ありがとう平成」記念入場券(...
きっぷ(紙鉄)

都営地下鉄の補充券ゲット!(駅名式)

2018年度初日のトピックとして、都営地下鉄の補充券について語りたい。 都営地下鉄の補充券の入手は、他の鉄道会社に比べて、かなりハードルが高い印象を受ける。 筆者も入手を試みたことがあるが、ここ最近は入手できた実績がない。 ネット...
関東近辺

小田急ロマンスカー「メトロえのしま」号の特急券購入・乗車体験

東京メトロ千代田線に乗り入れている小田急ロマンスカーだが、2018年3月17日から「メトロえのしま」号がそのラインアップに追加され、北千住駅(東京都足立区)から片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)まで特急電車1本で向かえるようになった。 メトロえ...
のりもの

小田急ロマンスカー「ふじさん」号 乗車体験:ちょっと変わったきっぷたち

小田急線の新宿駅とJR御殿場線の御殿場駅を結ぶ特急ロマンスカーが、2018年3月17日から「あさぎり」号から「ふじさん」号へ名称が変更になった。電車の運行形態や運賃・料金額には変更は特にないのだが、小田急線が複々線化されたことと、名称が変わ...
運賃(おトク!)

まだまだ手売りきっぷが健在:東武鉄道のお話

本稿では、久々に手売りきっぷのお話を展開したい。 鉄道における出札業務は端末による自動化・合理化が当然であると一般的には思われているかと思う。 ところが、首都圏でも最近きっぷを手売りで発行する場面を見かけることが多くなってきた。 ...
きっぷ(紙鉄)

青春18きっぷ「赤券」国鉄時代から発売終了までの変遷

青春18きっぷはJR全線(普通・快速列車のみ)に乗車できる季節限定期間発売の乗車券であるが、歴史の長い乗車券でもあり、筆者も学生時代から長い間利用してきた。 さすがに、本稿では発売当初の「青春18のびのびきっぷ」の時代までは遡れないので、...
千葉県

流鉄(千葉県)乗り鉄・紙鉄

流鉄は、千葉県松戸市と流山を結ぶわずか5.7kmの近郊のローカル線で、全区間の所要時間はわずか12分である。現在正式社名である流鉄は、かつては総武流山鉄道であった時代もある。現在は沿線をJR武蔵野線とつくばエクスプレス線が走り、流鉄の存在意...
千葉県

銚子電鉄のおもしろいきっぷたち~もっと

先日、サンキュー♥ちばフリーパスを利用して出かけてきた、千葉県銚子市の銚子電鉄の駅には自動券売機がなくて(JR銚子駅を除く)、基本的に人手を介して運賃収受=乗車券類の発行を行っている。 今年の正月に、本ブログにおいて銚子電鉄の一日乗車券や...
運賃(おトク!)

4社線連絡片道乗車券:北千住⇔会津若松

東京から福島県の会津若松市までの交通手段としては、東北新幹線+磐越西線の鉄道乗り継ぎと、高速バスを利用する方法が考えられるが、在来線を利用する方法がある(東北本線ではなく)。 東京は浅草駅か北千住駅からとなるが、東武鉄道、野岩鉄道、会...
千葉県

サンキュー♥ちばフリーパスで乗り鉄【銚子電鉄:2016年版】

千葉県内のJR線全線とローカル私鉄3社の全線、南房総はじめ一部の地区の路線バスが2日間乗り放題のフリーパスが、2016年の秋に、サンキュー♥ちばフリーパスとして発売された。 JR千葉支社と千葉県がコラボしてできた商品とのことだが、個人的に...
関東近辺

小田急ロマンスカー 変わったきっぷで乗車【旧あさぎり号編】

小田急ロマンスカーは、小田原や箱根だけではなく、静岡県の御殿場駅(JR東海御殿場線)まであさぎり号が直通している。乗車するために購入する紙のきっぷが他の電車とは違って、注意してみるといろいろ気づく点があるはずである。 東京から御殿場への特...
イベント

第23回鉄道フェスティバル@日比谷公園で紙鉄三昧

10月の三連休は、遠出しないでおとなしくしているのだが、それは、東京の日比谷公園で毎年開催されている、鉄道フェスティバルに行くためでもあった。 鉄道趣味をやってから長い期間がたつが、このイベントに出かけたのは実は初めてのことだった。 ...
関東近辺

諏訪湖花火大会における鉄道臨時輸送を愉しむ【2016年版】

長野県諏訪市の諏訪湖畔では、毎年8月15日に諏訪湖花火大会(人出約50万人)、9月第1土曜日には全国新作花火競技大会(人出約30万人)が催される。公共交通手段であるJR中央本線・篠ノ井線も、この開催に合わせて臨時の増発態勢に入る。それに伴い...
千葉県

いすみ鉄道「キハの旅」観光急行列車乗車体験

今年が最初の祝日、山の日に、里山の中を走るいすみ鉄道線に乗車する機会が得られた。 いすみ鉄道は、千葉県の房総半島の中心部、いすみ市の大原駅から夷隅郡大多喜町の上総中野駅を結ぶ、約27kmの短い路線である。 東京からは近場の部類に入るので...
運賃(おトク!)

東急線環状経路乗車コンプリート!

東急電鉄には多くの路線が網状に伸びているが、路線図をよく観察してみると、一周乗車できる環状経路が複数存在することが分かる。 (引用元:東急電鉄ウェブサイト 路線図 - ) 4通りの環状経路 渋谷駅から自由が丘駅...
東日本(その他)

北海道内JR駅における乗車券類出札の簡易委託

北海道内のJRのいくつかの小駅において、2016年に入ってから駅業務をJR北海道が撤退して、出札業務だけを地元自治体(市町村)や地元企業が簡易委託という形で引き受け、辛うじて無人駅でない状態で存続している。それらの駅には、特急列車の停車駅も...
関東近辺

小田急ロマンスカー 変わったきっぷで乗車【メトロはこね・はこね編】

東京と神奈川県の箱根や静岡県の御殿場を結ぶ小田急電鉄の特急電車、ロマンスカーだが、小田急電鉄線内だけでなく、東京メトロやJR東海の路線に乗り入れる多彩さを持つのが、そのネットワークの特徴である。 本稿では、東京メトロ線内に乗り入れるメトロ...
きっぷ(紙鉄)

JR四国のある駅で入手できる手売りきっぷ

JR各社ではきっぷの発券が自動化され、端末券が主流である。したがって、手売りの常備券や補充券の収集は困難なのであるが、例外的に残存している場合がある。先日乗り鉄したJR四国もその例外である。もちろん、主要な直営駅では発券がすべて端末化され、...
西日本

伊勢鉄道 ちょっと乗り鉄ついでにきっぷも

伊勢鉄道は三重県にある第三セクターの中小鉄道会社であるが、先般の大乗り鉄大会において乗車する機会があったので、連続乗車券の経路にはないが鈴鹿駅を訪れてみた。 第三セクターとしての伊勢鉄道について 伊勢鉄道は旧国鉄伊勢線の廃止...
東日本(その他)

福島交通 飯坂線 乗り鉄

福島交通飯坂線は、福島駅から飯坂温泉駅を約20分で結ぶ都市近郊の路線で、終点の飯坂温泉駅には温泉地を抱えている。 小規模な路線ではあるが、福島駅に滞在する時間があったので、気分転換の意味合いでも乗車してみた。福島駅の滞在最低2時間もあれば...
きっぷ(紙鉄)

富山地方鉄道での手売りきっぷ収集

富山地方鉄道(地鉄)は、富山県内に大きく網を張ったローカルな鉄道会社だが、車両の他にもバリエーションに富んだ乗車券類を発売していて、収集派にはおもしろい鉄道会社でもある。 普通乗車券から特急券、フリーきっぷまで様々なきっぷが発売されて...
きっぷ(紙鉄)

岳南電車 乗り鉄&きっぷ集め

地方零細私鉄会社での手売りきっぷ(補充券や硬券など)の面白さにはまってきた筆者は、去る週末に静岡県富士市にある岳南電車への乗り鉄と収集に出かけた。かねてからマークしてきた路線なのだが、実際に行ってみたらきっぷが時代錯誤の昔のスタイルのままで...
きっぷ(紙鉄)

東武鉄道の不思議なローカル駅で手書ききっぷ

去る日曜日に東武線を乗り鉄したのは、スペーシアきぬがわ号に乗車するためだけではなく、東武日光線上にあるローカルな駅に寄って、珍しい手書きのきっぷを入手しようとしたためである。 きっぷ収集家にはすでに有名な駅ではあって、あまりオリジナリティ...
きっぷ(紙鉄)

「スペーシアきぬがわ」号のイレギュラーなきっぷ

去る週末の日曜日、ふと1日自由な時間ができたので、東武鉄道を乗り鉄することにした。そして、その帰りに、スペーシアきぬがわ号に乗って東京に帰ってきたが、東武鉄道内で結構変わったきっぷを入手できたので、それを本稿で紹介したいと思う。 スペ...
きっぷ(紙鉄)

鉄道きっぷの発券方法いろいろ(考察)

鉄道をはじめ、交通機関を利用する時、必ず事前に乗車券類(乗車券、料金券など)を購入することになっている。 その際に発行される乗車券類は、今日では端末機(自動券売機および窓口端末機)による自動発券が原則で、ほとんどの割合がそうなのだが、端末...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました