西日本

北陸、関西以西の地区の乗り鉄ネタをまとめてあります!

スポンサードリンク
レビュー

「海幸山幸」号(JR九州)乗車体験

宮崎県のJR日南線を走るJR九州のD&S列車(観光列車)の「海幸山幸」号。 宮崎市の宮崎駅から宮崎県日南市の南郷駅の55.6kmの区間を約1時間40分かけてゆっくりと走る特急列車で、車両のデザインや車内での非日常の体験を楽し...
西日本

島原鉄道 乗り鉄&補充券収集

長崎県の島原半島を走る島原鉄道線に2020年6月、乗車する機会があった。島原港駅から諫早駅まで乗車した体験と、島原鉄道で入手できる手売りきっぷの情報を写真でお楽しみいただきたい。 (adsbygoogle =...
レビュー

近鉄特急「しまかぜ」号乗車体験

大阪・京都・名古屋から三重県の伊勢志摩を結ぶ近鉄特急。その中でも異彩を放つ観光列車の「しまかぜ」号。全席デラックス席およびサロン個室の特別な列車に乗車する機会を得たので、本稿でその体験を共有したい。 しまかぜ号は、大阪難波駅、京都駅...
のりもの

近鉄準環状経路乗り鉄(王寺駅→新王寺駅)

近鉄線の路線図を見ると、大阪府と奈良県の地域にかけて、電車に乗って一周できる経路が存在する。大阪府東大阪市の布施駅から奈良市の大和西大寺駅、橿原市の大和八木駅を経由して、布施駅に戻る経路である。さながら近鉄ランドである。 本ブログで...
のりもの

近鉄特急「青の交響曲」乗車体験

近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅(大阪市阿倍野区)と吉野線吉野駅(奈良県吉野町)の間は概ね30分間隔で特急電車が運行されているが、そのうち2往復が観光特急の「青の交響曲(あおのシンフォニー)」として運行されている。 大阪から橿原神宮や吉...
レビュー

和歌山電鐵貴志川線乗り鉄~スーパー駅長とご対面♪

和歌山電鐵貴志川線は、和歌山市のJR和歌山駅と、和歌山県紀の川市の貴志駅を結ぶ14.3kmのローカル線であるが、「たま駅長」で有名で、ご存知の方が多いのではないだろうか。 和歌山県にはなかなか足を運びにくかったのだが、今回行ける機会を得た...
西日本

「NO不正乗車」JR四国のポスター

2016年6月にJR四国で乗り鉄をした際、現地の多くの駅で次のようなポスターを見かけたのが、妙に印象的だった。 マルス券風の緑の券面に記載されている内容が妙に怖い。 「不正乗車→処罰」 内容自体は正当ではあるのだが...
西日本

近鉄特急で環状経路区間一周乗り鉄

本稿では、近鉄(近畿日本鉄道)大阪線、奈良線、橿原線の、大和八木駅(奈良県橿原市)、布施駅(東大阪市)、大和西大寺駅(奈良市)を結ぶ環状経路を特急電車に乗車して一周した体験をご紹介したい。環状経路の乗車記録としては、本稿が初めてである。 ...
レビュー

「ラ・マルせとうち」号 乗車体験

四国からの帰路に、岡山県を走るリゾートトレイン、ラ・マルせとうち号(La Malle de Bois)に乗車してみた。キャッチフレーズは、「旅の道具箱」である。 ラ・マルせとうち号は、岡山駅から宇野線の宇野駅までを往復する電車で、土日...
レビュー

土佐くろしお鉄道 乗り鉄(ごめん・なはり線)

JR四国のバースデイきっぷの乗り放題範囲にはJR四国だけではなく、高知県の土佐くろしお鉄道も含まれているので、後免駅から奈半利駅を結ぶごめん・なはり線と、窪川駅から宿毛駅を結ぶ四万十くろしおラインも乗り放題である。 両系統とも乗車したが、...
西日本

伊勢鉄道 ちょっと乗り鉄ついでにきっぷも

伊勢鉄道は三重県にある第三セクターの中小鉄道会社であるが、先般の大乗り鉄大会において乗車する機会があったので、連続乗車券の経路にはないが鈴鹿駅を訪れてみた。 第三セクターとしての伊勢鉄道について 伊勢鉄道は旧国鉄伊勢線の廃止...
西日本

時間旅行5日目:紀伊半島をぐるっと周回後、帰路へ

今回の時間旅行、大乗り鉄大会も、早くも最終日(2016年5月6日)になってしまった。ゴールデンウィークの三連休は一応終わっているものの、明日は週末なので今日を休みにすると依然連休のままである。そのためか、JRのカレンダーも今日まで繁忙期であ...
西日本

時間旅行4日目:JR東日本エリア脱出!西へ向かう

今回の時間旅行も早くも後半に入り、今日一日(2016年5月5日)をかけて東日本から西日本まで一気に移動した。今日の移動距離は725.6kmと長く、後半は在来線での移動のため、以下の通り移動時間がかかって強行軍である。 今回の大乗り鉄大会開...
レビュー

富山地方鉄道のリゾートトレインたち

富山地方鉄道(地鉄)はここ最近鉄道ファンにとっては面白い対象になっているが、ようやく線内を乗り鉄する機会に恵まれた。JR各社と同様、リゾートトレインを週末に走らせているというので、それらの乗車を体験するということもあった。 ...
レビュー

「べるもんた」号ふたたび(氷見号と城端号乗り比べ)

車内で味わう握り寿司を再び味わいたくて、この春再び富山県のローカル線を走るリゾートトレインの、べるもんた号(ベル・モンターニュ・エ・メール号)に乗車した。 昨年12月に初めて乗車した時の記事は、コチラを参照されたい。 べ...
西日本

樽見鉄道で行く根尾谷淡墨桜(手発行きっぷも)

花見の季節を迎えたが、今年白羽の矢が当たったのが、岐阜県の根尾谷にある天然記念物の淡墨桜(うすずみざくら)である。ちょうど岐阜県の大垣駅から終点の樽見駅(本巣市)までのびる第三セクターの樽見鉄道でアクセスできるため、偶然にも乗り鉄も兼ねるこ...
レビュー

伊予鉄道 坊っちゃん列車 乗車体験

愛媛県の松山市で少し滞在時間ができたので、四国の乗り鉄の終わりとして松山市内を走る伊予鉄道の坊っちゃん列車に乗ってみた。 松山市内の中心部には伊予鉄道が経営する路面電車である市内電車が走っているが、その路線上を一般の路面電車に混じって...
レビュー

「伊予灘ものがたり」号 乗車体験(双海編・食事とも)

伊予大洲駅から松山駅までの帰りは、伊予灘ものがたり号の双海編に乗車した。 前稿と同じ列車ではあるだが、この列車ではあらかじめ予約してランチを車内でとったので、食事の様子とサービス面を中心に展開したい。 双海編の指定券・食事券の準...
レビュー

「伊予灘ものがたり」号 乗車体験(大洲編)

香川県の金刀比羅宮参拝の後は愛媛県に移動して、JR四国が走らせている、伊予灘ものがたり号の乗り鉄をすることとした。 伊予灘ものがたり号の概要 伊予灘ものがたり号は、愛媛県の松山駅と伊予大洲駅・八幡浜駅を結ぶJR四国のリゾート...
レビュー

「サンライズ瀬戸」号 乗車体験(琴平延長・シングルデラックス)【後編】

サンライズ瀬戸号のシングルデラックスに乗車した後編の記事である。 本稿の前編(寝台券の予約顛末)は、コチラ。 東京駅に入線 さて、乗車当日東京駅に着いたのが21時過ぎで、早めに着いてしまったのだが、地下1階にある待合所も混...
レビュー

「サンライズ瀬戸」号 乗車体験(琴平延長・シングルデラックス)【前編】

2016年も早々に遠出したく、1月のプランを練ったら、掲題のサンライズ瀬戸号が金刀比羅宮の最寄駅、琴平駅(香川県)まで日にち限定で延長運転されていることを思い出し、乗車すべく手配した。金刀比羅宮の初詣とサンライズ瀬戸号の乗り鉄のセットプラン...
西日本

富山市内路面電車(レトロ電車)乗車体験

北陸乗り鉄のおまけとして、本稿では表題の富山市内の路面電車を紹介したい。 富山地方鉄道により運営されている路面電車網に、改造されたレトロ電車が走っていて、リゾートトレイン的な存在のものだ。 富山地方鉄道ではほかにもリゾートトレインと...
レビュー

「べるもんた氷見(ベル・モンターニュ・エ・メール)」号 乗車体験

冬の北陸乗り鉄2日目は、舞台を石川県から富山県に移して継続した。列車の正式名称、「ベル・モンターニュ・エ・メール」が、フランス語なので長い(美しい山と海の意味)。愛称である「べるもんた」号と本稿では表記させていただく。 べるもんた号は...
レビュー

「のと里山里海」号 乗車体験(平日カジュアルコース)

花嫁のれん号で折角七尾まで来たので、のと鉄道のリゾートトレイン、「のと里山里海」号にも乗車することにした。本ブログでは、これまでJR各社のリゾートトレインばかりを取り扱ってきたが、本稿で初めて第三セクターの鉄道のリゾートトレインを紹介するこ...
レビュー

「花嫁のれん」号 乗車体験【後編】(食事体験も)

本稿は、花嫁のれん号に関する記事後編である。花嫁のれん号の車内の様子から話を続けよう。 前編からすべて読みたい方は、コチラをどうぞ。 車内の様子:続き 車内に入ると、旅館の女中風のアテンダント3名と、臨時にJR西日本の職員...
レビュー

「花嫁のれん」号 乗車体験【前編】

12月最初の金曜日と週末を利用して、新たに北陸を走り始めたリゾートトレインたちを乗りまくることにしたのだが、その最初は、花嫁のれん号である。 まず、前置きで「花嫁のれん」とは何かということだが、JR七尾線和倉温泉の駅に実物が展示してあ...
レビュー

「あそぼーい!」号 乗車体験 – クロちゃんといっしょ –

今回の九州乗り鉄のリゾートトレインの最後の列車は、あそぼーい!号である。あそぼーい!号は、熊本駅と熊本県の阿蘇山のふもとにある宮地駅をむすぶ特急列車である。冬場以外の週末に運行されている。 列車名は、阿蘇とボーイをかけた名前だと思われるが...
レビュー

「A列車で行こう」号 乗車体験 – ジャズ音楽にのせて –

南九州乗り鉄の最終日(3日目)にまず乗ったのが、熊本駅と熊本県の三角駅をむすぶ、A列車で行こう号である。どこかで聞いたことのある名前なのだが、この由来はゲームの名前ではなくて、ジャズ音楽のタイトル(Take the "A" train)から...
レビュー

「SL人吉」乗車体験

肥薩線乗り鉄の最後の列車で、JR九州のリゾートトレインの看板列車なのが、掲題のSL人吉である。九州では唯一のSL列車である。 SL人吉は、熊本駅と熊本県の人吉駅を結ぶ列車である。週末を中心に運転する列車で、冬期間は運行しない。...
レビュー

「しんぺい(いさぶろう)」号 乗車体験

肥薩線乗り鉄の2列車目は、鹿児島県の吉松駅と熊本県の人吉駅を結ぶ普通列車で、北行きはしんぺい号、南行きはいさぶろう号と呼ばれている。進行方向と列車名が違うだけで、車両や内容は全く同じだ。1日3往復されている。列車名の由来は、山縣伊三郎と後藤...
レビュー

「はやとの風」号 乗車体験

肥薩線北上のために、鹿児島中央駅でまず乗った列車が、はやとの風号である。時刻表を見る限り、普通の特急列車っぽいのだが、実は肥薩線乗り鉄のためのリゾートトレインだったりする。 はやとの風号は、鹿児島中央駅と肥薩線の吉松駅を結ぶ特急列車で...
レビュー

肥薩線乗り鉄オーバービュー – 鹿児島から熊本まで

九州遠征の2日目は、九州乗り鉄の王道、肥薩線をフルに攻めた。鹿児島中央駅から北に上がって熊本駅まで進んだ。これだけで1日がかりだった。 以下の特急列車と普通列車に乗車したが、いずれもリゾートトレインで、走るのは遅いが、乗り鉄に徹した列...
レビュー

「指宿のたまて箱(いぶたま)」号 乗車体験

今秋2回目の大規模な乗り鉄として、東京から南九州まで遠征にやってきた。九州新幹線には何回か乗りに来たのだが、なぜか在来線のリゾートトレインには目もくれなかった。しかし、今回は3日間で在来線を乗りまくる。 その第一弾が、鹿児島県の指宿枕...
レビュー

「SLやまぐち」号 乗車体験

本稿にて紹介するSLやまぐち号には、昨年2014年11月に乗車したが、その体験をリニューアル前のブログに掲載した記事を書き直して、本ブログに再アップする次第である。 SLやまぐち号は、1979年から山口県の新山口駅から島根県の津和野駅...
レビュー

「SL人吉」号 9月7日 運休のため幻の列車に

筆者は今日、九州は肥薩線の乗り鉄に出かけようとしていたが、先月の台風15号の被害が思ったよりも重く、肥薩線の八代-人吉間が長期運休になってしまい、ついに今日まで運行再開することはなかった。 残念ながら東京から九州までの飛行機とホテルを全キ...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました